マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
売り切れ
キャメルアップ(新版)
  • キャメルアップ(新版)当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~8人
  • 30~45分
  • 8歳~
  • 2018年~

キャメルアップ(新版)

メーカー・卸元:アークライト

日本語マニュアル付き
見たこともないほど最高にイカレたラクダレースへようこそ!

 巨大な椰子の木の陰で、ラクダたちが人生を謳歌しています! 2014 年ドイツ年間ゲーム大賞を受賞した、最高にイカレたラクダレースゲーム「キャメルアップ」が、さらにイカレて帰ってきました! 今度のレースには新たな競技者――最初から見当違いの方向に突っ走っていくほどにイカレている2頭のラクダが参加します! 新しいのはこれだけではありません! あなたが以前に訪れたときに比べて、レーストラックは大幅に改善されています――アートワークも内容物も一新されているのです。

 あなたはここで幸先のいいラクダたちに賭け、大儲けをすることができます。しかし、ラクダたちはお互いを背中に乗せて運んでいくことも多いので、形勢逆転はあなたが思っているほど簡単なことではありません。レースの流れを読むことと同じくらいに、タイミングを計る嗅覚も重要です。そして状況をさらに難しくしようとして、新たな2頭がレースに参加しています。残念ながら、この2頭は見当違いの方向に突っ走っていくほどにイカレています。そして即座に失格になるにもかかわらず、2頭は走り続けるのです......。

 さあ、お楽しみを始めましょう!

2019年版の新要素は以下のとおり:
・アートワークも内容物も一新!
・ゲームボードから飛び出す立体のヤシの木!
・2頭のイカれたラクダが加わり、ゲームに新展開!
・ピラミッド型ダイスカップも新デザイン!

世界観/フレーバー/アートワーク

システム/メカニクス/ジャンル

レビュー 11件

レビュー
815名が参考
4年弱前

白と黒の暴走ラクダが増えた、キャメルアップ新版。

通常版と同じく、5匹のラクダが移動する、を1ラウンドとして、

「今回の一位を予想する」

「最終的な一位・最下位を予想する」

「ラクダの進むマスに観客タイルを設置する」※前回の「砂漠タイル」と同様

「ラクダを一匹移動する」

のアクションを順番に行いながら、コインを獲得して一位を目指すゲームです。

ピラミッドにダイスを入れてランダムで動くラクダを決める方式も健在です。


通常版経験済みの方がみられている前提で記録しますが、

新版で増えたゲーム要素は3点。

1.白と黒の暴走ラクダ!

 新版一番の要素でしょう。

 初回から逆走スタートし、灰色のダイスが出ると白か黒ラクダが逆走します。

 ほかのラクダが上に乗ってる?もちろん逆走しますよ~。

 白黒ラクダはダイス共有なので、1ラウンドでどちらかしか動きません。

 ただし、どちらかだけ上にラクダを載せている場合はそっちが優先して動きます。

2.ラウンド中、動かないラクダが出る!

 ラクダが7体ダイスは6つ、1ラウンドに使うダイスは5つです。

 残されるラクダが出てきますね!

 あと1歩動いてくれれば1位に!?な時に動かない、

 黒ラクダから降りてー!って思っていて無情にも黒だけ動く、とか、何が起こるかわかりません。

 キャメルアップあるあるです。

3.「観客タイル」の移動が可能。

 前回は「砂漠タイル」を置いて、止まったラクダを+1/-1させていました。

 今回も同じですが、手番を使って動かすことが出来ます。

 「もうラクダ踏まないじゃん!」なんて時は動かして、悪戯再開可能です。

 ※以前同様、他のプレイヤーが置いた観客タイルの隣には置けません。


その他、ピラミッドがプラスチック化し、使いやすくなったり、

ラクダの色が変わってます。

白はエントリーから外れて暴走、(個人的には大好きだった)橙がなくなり、紫・赤になってます。

通常版も楽しく遊んでいましたが、

暴走ラクダが増えたことにより、パーティゲームとしてもっと騒げる素敵なものになったと感じています。

さあみんなで競ラクダ!

続きを見る
閉じる
皇帝
日高広大
日高広大
レビュー
525名が参考
4年弱前

新装版になってダイスを振るマシーン(ピラミッドだけど)がプラスチック製に!

ボードにもサガットステージみたいなヤシの木のオブジェが付いたり、より楽しく、貴族のラクダレース鑑賞感がでる感じに生まれ変わったキャメルアップ。


おおむね1/3や2/3の賭けをこまかく賭けていって最終的なレースの結果を予想するゲームなのだが、

誰かがダイスを振ると一気にゲームの流れが変わり、それにすばやく反応して馬券を買ったり、最終予想をつけたりするのが醍醐味ですね。


割と短時間で賭けゲームの面白さを体験できる、いいゲームだと思います。

続きを見る
閉じる
勇者
おんそく@ボドゲごりさん
おんそく@ボドゲごりさん
レビュー
440名が参考
3年以上前

旧版をプレイしたことはなかったですが、旧版はそれなりに人気があるようだったので購入しました。

実際2箇所で持ち込んで遊んでみましたが、大いに盛り上がりました。
ルールも単純で分かりやすく、意外とあっさり順位が変わるため、順位予想も白熱します。

「これ赤が先に出て緑の上に乗ったら一気に逆転じゃない?」とか「いやいや、先に紫前出てから青が進めばいいから」、「ワンチャン最後までダイス出ないかもしれないし!」等々言ってると本当にそうなったりします(笑)

最終予想の点数も意外と大きかったりするので、地道に稼げていれば最後に逆転も十分ありえます。

新版で加わった新要素の逆走ラクダの出番はそこまで多く無いですが、丁度いいエッセンスにはなっているかと思います。
何より新版で良いと思うのは、ダイスを振るためのピラミッドがしっかりしている事でしょうか。
このピラミッドのダイスシステムが良くできていて、初見の人が「何これすごい」となるのは請け合いです。

盤上に付属している飛び出す絵本風な飾りの木は雰囲気出しには良いですが、少々大きいので大人数でできる事も合間って囲んで座る場合位置によっては遊ぶ邪魔になるのがちょっと残念です。

レグ(ラウンドみたいなもの)毎に精算があり、銀行役になってしまう人はちょっと大変ですが、各自できちんと収支を計算して順に申告してもらえる様に最初にしっかり説明できれば進行もスムーズになるかと思います。

続きを見る
閉じる
仙人
Soul Moon (Monsol)
Soul Moon (Monsol)
レビュー
409名が参考
2年以上前

基本的にダイスを使ったゲームはあまり好きではありません。


それに運の要素が強ければなおさらなのですが・・・


2014年といえば、

宝石の煌めき、コンセプト、ラブレター、コンコルディア、イスタンブール、

ロココの仕立て屋、ロシアンレイルロード、などなど

2020年の現在も全く色あせていない名作が目白押しの年。


その2014年のドイツ年間ゲーム対象受賞を制したのがこのキャメルアップでした。 


キャメルアップはダイス目の数だけ進むラクダの競争の結果を予想するもの。


レースの結果はダイス次第なのですが、各プレイヤーがダイスを1回振るたびに

予想する機会が与えられるため、確率的なことを考えながら、じりじりとした

かけひきを楽しむことができます。


そして、ピラミッドを使用したシステムにより、各色のラクダに対応するダイスの振られる

回数は均等となるため、ラクダのレースは大概接戦となります。


ダイスゲームであるため、ダイス目に一喜一憂することもありますが、冷静に現状を分析

することも求められます。それが実を結ぶかどうかは神のみぞ知る、ですが。


砂漠タイルの存在も非常によいアクセントとなっており、これによってかなり

神経をすり減らされることもしばしば。


私はこのゲームは家族としか遊んだことはありませんが、小学校低学年でもできるシンプルさ、

適度でちょうどだれニ

ないプレイ時間、プレイ人数の幅広さ(4-5人以上が良いと思いますが)、

などファミリーゲームとしてうってつけです。

その昔、マニラというやはりダイスを使用するギャンブル系のボードゲームがありましたが、

私の中ではこのキャメルアップとマ

ラはかなりプレイ感がにているように思えます。

内容的にはマニラのが少しシリアスですが、キャメルアップが楽しめるようであればマニラも

いいかもしれません。


2014年産の中量級ゲームでは宝石の煌めきが群を抜いてメジャーとなっていますが


キャメルアップに関しては、この手のゲームはもうそうそうでることもないと思われるので、興味ある方はぜひプレ

イしていただきたいです。



新版では、逆走ラクダ、動かないラクダが追加されています。

ランダム要素が増したようにも見えますが、逆走ラクダとタイルをうまく使用して場のコントロール

を図ることも可能になっています。

ピラミッドもプラスティックとなっており、強度が上がっています。

追加要素は使用しないことも可能なので、購入するのであれば新版がおすすめです。

続きを見る
閉じる
maro
maro
レビュー
356名が参考
約2年前

名作キャメルアップの新版です。
大きな変更点としてダイスを振るためのピラミッドがプラスチック製になった事と2頭のお邪魔ラクダ(白と黒の暴走ラクダ )が増えたことです。

導入しなければ旧版と同様のプレイも可能かなと。


ラクダがコースを一周する間にどのラクダが勝つかを予想するだけという単純なシステムですが、同じマスに止まったら上に乗るなどのルールにより結構盛り上がります。
手番が一巡するたびにその時点での区間勝者を予想するのでダレる瞬間が無いのも良いです。

手番では、勝つラクダを選び賭ける、ラクダを動かすためのダイスロールをする、コースにトラップを仕掛けるのいずれかを選べるのですが、ダイスロールをすると後手番の人の判断材料が増え不利になるので率先してダイスを振る人が少なく、そのため展開が遅くなりがちという点が挙げられます。


また、ラクダに賭ける際に一位になるラクダの色のカードを手番で山札から受け取るのですが、ひとり何枚でも取って良いというルールのため戦局が見えてくるとカードが無くなるまで同じ色のカードを手番のたびに取り続けるという状況が多々ありやや寒い空気になります。
これを防ぐために最低4人くらいでのプレイを推奨します。
(同色のカードは5枚しかなく1手番に1枚しかカードを取れないので同じ人が何枚も同色を確保するのを妨害できるため)

また、6人以上のプレイの際は賭けに対して手を組むというシステムも面白いかと。

(2-8人まで遊べる幅広さ)

お邪魔ラクダは初プレイ時にあまりレースに絡んで来なかったのでいらない新ルールかなと思いましたが何度かプレイしていると結構戦況をかき乱してくれます。

終わりそうで終わらない状況も多々あり。

 (トップに賭けた後、逆走により最終結果ビリのような状況もあり)


また、お邪魔ラクダは逆走するため他のラクダが乗ったときに綺麗に乗らないかと思いましたが前後逆向きでもピタッとハマってくれて嬉しかったです。

収納もコンポーネントごとに綺麗に区分けされており上からボードをかぶせる形で固定出来るため、やや箱が大きいですが気に入りました。
ただ、小さなチップ類は結構暴れるので輪ゴムなどで止めてから仕舞ったほうが良いかもしれません。


ゲームとしては旧作同様にとてつもなく面白いゲームです。 

 ただ、新版では紙幣が無くなってしまったのは何故でしょう。

  その点に関しましては不満です。

続きを見る
閉じる
大賢者
天叢雲剣
天叢雲剣
レビュー
343名が参考
約2年前

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!

キャメルアップは、サイコロで進むラクダのレースに対してどのラクダが勝つかお金を賭ける面白いボードゲームです!

ラクダがラクダの上に乗って、思わぬところで追いついて逆転したり、砂漠タイルを活用してうまく順番を入れ替えることに成功したり、単純なレースと違って盛り上がりポイントがたくさんあります。8人まで遊べるのも非常に魅力的です。持っていて損は無いゲームかと思います!

運要素が強いパーティゲーム感が強いので、そういうのが好きではないと合わないかもしれません・・・ 


好き度(Like)
 ▶4pt.≪★★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶4pt.≪★★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶3pt.≪★★★≫


キャメルアップの簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
レビュー
315名が参考
1年以上前

マジか!?え〜!?あ、マジか、、。

ゲーム中、ずーっとそんな事を呟いてました笑


競馬ならぬ競ラクダ。

まぁ〜当たらない!とにかく予想通りには動かないラクダ達。


区間賞と、最終的な一位とビリを先に当てた人に高得点が入ります。

考えに考えて、早いモノ勝ちの馬券を我先にとGETするんですが、まぁ〜当たらない!


努力は報われません。運です!

そんなゲーム、どう思います?


そんなゲームが、

家族でやるには最高でした。

めちゃくちゃ楽しい!


目敏く確率の高い馬券を取りに行く息子と、売れ残った馬券を買う娘。

でも娘が勝ったりするんです。

そして負けた息子もマジかよ~!って笑ってる。


それがどれだけ素晴らしい事か、二人以上の子供がいる親御さんならわかるはず!


不思議と他のゲームと違って、負けても悔しくないんですよね。


サイコロによって勝ち負けが決まる訳でもなく、自分の選択によって勝てる訳でもなく、知恵と運とタイミングが入り混じった結果に、文句のつけようがないというか。


もしかしたら最後の集計の頃には、既に一喜一憂し過ぎててどうでも良くなっちゃってるのかも(笑)


絶対コレが来る!っていう期待と、

マジかよ~!?っいう笑いと、

来たーーーーー!!っいう興奮。


老若男女が気軽に楽しめる、これぞボードゲーム!と言いたくなるゲームでした。

続きを見る
閉じる
仙人
タデイ27
タデイ27
レビュー
303名が参考
3年以上前

いい大人が白熱して盛り上がるパーティーゲームでした。ラウンドごとの賭け要素も最終結果の予想も両方楽しめる。

ピラミッド型のサイコロマシーン、飛び出すヤシの木など、こだわりの世界観も素敵。

毎ラウンドの急展開にわくわくできました

またやりたい!と思えるゲームです

続きを見る
閉じる
勇者
よよーん
よよーん
レビュー
131名が参考
6ヶ月前

個人的にはとても気に入っているゲーム。
ローヤルターフにせよ、マニラにせよ、ダウンフォースにせよ、いちいち面白い。

キャメルアップは、カード版を先行して購入して何度かやって、面白いと思っていた。
どうしても本家のボード版もやってみたく、新版が出たことをきっかけに購入。

確かに2人でやってもそこまで盛り上がるものではないけど、大人数でパーティー的にやったら絶対に盛り上がる。

何よりコンポーネントのすごさが本当にやばい。
レースゲームはコンポーネントが普通だとほんとに普通の面白さになるので、それを含めてすごいゲームだと思う。

現時点では2人でしかやっていないのでその評価点だが、大人数でやったらまた評価を改めたい。


ルール詳細や評価などは下記ブログで。

続きを見る
閉じる
ヒロ(新!ボードゲーム家族)
ヒロ(新!ボードゲーム家族)
戦略やコツ
120名が参考
約2年前

最初のほうのレグは確実にお金を獲得できるところは押さえておくこと(2位の予想忘れがちです)、中盤あたりで最終予想を早めに賭けることがポイントかと思います。

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
ルール/インスト
101名が参考
約2ヶ月前

らくだが積み重なり、ピラミッドがひっくり返る、砂漠のはちゃめちゃレース! どんなゲームか知りたい人むけ、ざっくりルール説明です。

※新版では、コースを逆走する白黒のラクダが追加され、いっそうカオスなレースを楽しめます。

画像出典:Eggertspiele、 Camel Up Second Ed. 英語版ルールブック(2018)


1)テーマ

・年代:不明(近代~現代?)
・場所:エジプトの砂漠
・プレイヤーの立場:エジプトの貴族
・目的:ラクダ競走の予想を的中させ、お金を得ること。
・行うこと:
 ・競走に勝つラクダを予想する。
 ・ラクダに声援/ブーイングを送る。


2)ルール

○基本システム

・サイコロ出目による無人コマの移動(勝利条件の決定)。
・無人コマ進捗の予想(勝利点の獲得)。


○大まかな手順

1)ラウンド制。終了条件を満たすまで繰り返す。

2)開始プレイヤーから、時計回りに手番をとる。

3)手番では、アクション1個を実行する。

4)サイコロ5個を使い切ったら、ラウンド終了。
 ①ラウンド決算をする。
 ②サイコロ・タイルをリセットする。
 ③次ラウンドに進む。
 ④次の手番の人から、手番を続ける。

5)ラクダどれかがゴールに達したら、ゲーム終了。
 ①ラウンド決算をする。
 ②最終決算をする。


○勝敗

・終了後、現金を数え、点数が高い人が勝ち。収入源には、以下がある。
 ・レース中:障害タイル発動による得点など。
 ・ラウンド決算:ラウンド勝者の予想的中による得点/失点など。
 ・最終決算:ゲーム勝者/敗者の予想的中による得点/失点。

○アクション

a)予想:ラウンド勝者の予想タイルを取る。
b)声援:声援タイルをコースに置く/移動する。
c)ピラミッド:ピラミッドからサイコロ1個を出す。
d)勝敗:ゲーム勝者/敗者の予想カードを置く。


○特徴的な要素

・同じマスに止まったラクダは、上下に積み重なる。
 ・後に来たラクダが上に乗る。
 ・ラクダが動くと、上にいるラクダも一緒に動く。
 ・上にいるラクダほど、順位が上位と扱う。
 ・白と黒のラクダは、コースを逆走する。

・サイコロは、ピラミッドから取り出す。
 ・サイコロは、各色ラクダに対応した各1個がある。
 ・ひっくり返すと、1個だけ出て、出目が決まる。
 ・出目は1~3。

・声援タイルには、表裏がある。
 ・応援:ラクダを1歩進める。
 ・ブーイング:ラクダを1歩戻す。

・ラウンド勝者は、ラウンド終了時の先頭のラクダ。
 ・的中すれば、予想タイル記載の得点を得られる。
 ・予想が外れると減点。

・ゲーム勝者は、最初にゴールしたラクダ。
 ・ゲーム敗者を予想することもできる。
 ・カードを先に出した人ほど、高い点数を得られる。
 ・予想が外れるとマイナス点。


【お知らせ】当方ブログでは、200タイトル以上のボードゲームについて、詳細レビューを書いています。ゲームの全体像・遊びやすさ・入手性などなど、次のボードゲーム選びの参考になる情報が満載! ぜひ一度、ご訪問ください。ませ。↓↓↓

続きを見る
閉じる
マツジョン
マツジョン
  • 商品価格¥ 6,600(税込)
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 202興味あり
  • 502経験あり
  • 122お気に入り
  • 312持ってる

チェックした商品