マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 20分前後
  • 12歳~
  • 2020年~

バイツwinterkoninkskeさんのレビュー

220名
3名
7ヶ月前
0

二人プレイ時の感想を書きます。

バイツは5匹のアリを蟻塚に向かわせながら、途中に落ちた5種類のエサを拾って得点にするゲームです。

非常に定番感溢れる親しみやすいデザインで、子供から大人まで、ボードゲーム初心者から上級者まで遊べる幅を持った素晴らしいルールが用意されています。

蟻塚までは、5種類の基本のエサと2種類の特殊エサがランダムに一列に並んでいます。

基本がリンゴ、ピーマン、チーズ、パン、ぶどう。

特殊エサがワインとチョコレート。

プレイヤーは手番になると、5匹のアリから1匹を選んで、その色に対応する(赤ならリンゴなど)次のエサのマスまで進めます。そして止まったマスの両隣にあるエサから、一個を選んで獲得します。

エサの価値は、基本ルールならアリが蟻塚に到達した着順に高くなるというもの。

高得点になるエサをたくさん集めたいものの、そうするためにまずお気に入りのアリを先に蟻塚に到着させなければなりません。他のプレイヤーは別の色を集めている場合もあり、アリはどのプレイヤーでも動かせるので、ぼーっとしているとあっという間に違うアリに一着を取られてしまうことも。

一本道になったエサの列で、「収集」と「競走」を別々の場所で同時に行うゲーム。そんな感じの概要です。


ゲームにはルールを決める4種類のカードがあり、それぞれ「アリの到着順に関するルール」「チョコレートの特殊効果を決めるルール」「ワインの特殊な得点方法を決めるルール」「ゲームにバリエーションを与える特別なルール」を、ランダムあるいは任意にて選択してゲームを開始します。始まってしまえば運の要素はなく、アブストラクトとなります。

運によらないので強い人は強い、というのは間違いないですが、ルールに複雑さがない割にじっくりと考えたくなる場面が多く、適度に頭を使う感じに何とも言えない安定感があります。オセロなんかに近い定番感とでも言えましょうか。勝ち負けにこだわるならコツを掴んでみたいと思えるし、どこで誰に出しても理解される信頼できるゲームのように感じます。

ルールを決めるカードには、分かりやすく三つの星で難易度が記されています。

この星が多いほどルールが複雑になるため、プレイヤーレベルに合わせて難易度を設定できるわけです。基本のルールをシンプルにしつつ、バリアントでバラエティ性を出しているので、どんな世代やレベルの人でも調節して遊べるのは大きな強みです。

更に「ダブルバイツ」と呼ばれる、エサのセットをもう一つ使う長時間ルールのバリアントも存在します。こちらは公式サイトで2000円くらいのエサセットを買う必要がありますが(日本ではサニーバードさんの公式通販など)、もっとじっくり遊びたい人や、大人数でのプレイにも対応しています。

コンポーネントはシンプルで温かみのあるイラストがたくさん使われています。アリのイラストは絵本テイストで、優しい色合いは癒しそのもの。アリ形の木駒もなぜだか懐かしい感じ。

そうかと思うとアリ塚は7枚の組み立て式立体ボードになっていて、抜群の存在感があります。アリの順位が分かりやすいよう段差で区切られているので、見た目の良さだけでなくプレイアビリティも格段に向上しています。

7種類のエサトークンはまさかの二重ボード仕様。一部の欠けた場所から立体感が覗くようになっていて、これを一列に並べると普通とは違ったデラックスなテーブルになります。大きめで重さもあるので、ちょっとした宝物を集めるような雰囲気に。集めるのが楽しくなる質感なので、子供のウケも良さそうなのは考えられてるなぁと思いました。


ちょっと言い過ぎかも知れませんが、個人的にはオセロやブロックスの横に置きたくなる定番ゲームになり得ると思っています。親しみやすいコンポーネントで物語性もあり、アブストラクトとしてはいい意味で雑味があるため堅苦しくならず、たくさんの人にオススメしたくなります。

一回20分ほどで、気軽に遊べるアリさんのゲーム。是非とも一度遊んでみて、他の色んな人と遊ぶ時のことも想像してみて下さい。バイツの懐の深さに気づくはずです。

この投稿に3名がナイス!しました
ナイス!
Mike
んむんむ
びーている / btail
バイツ日本語版
バイツ日本語版の通販
名作が蘇る!可愛い見た目とシンプルかつ本格的なゲーム性
残り1点
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 4,950(税込)
winterkoninkske
winterkoninkske
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 81興味あり
  • 374経験あり
  • 73お気に入り
  • 230持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

winterkoninkskeさんの投稿

会員の新しい投稿