マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

バイツBites

働きアリを動かして、食べ物を拾いながら巣に戻ろう。でも、食べ物の価値は到着次第…

バイツは餌を拾いながら巣に戻るアリをテーマにした一風変わったスゴロクのようなゲームで、ビッグポイントと言うゲームのリメイク作品となります。

ゲームの準備として、ゴールとなる蟻塚から、チーズやピーマンなど様々な食べ物トークンを一列に並べ、その先に様々な色のアリを配置しておきます。

各色のアリは対応する食べ物が決まっており(黄色のアリはチーズ、緑ならピーマンなど)、ゲームが開始されるとプレイヤーは手番に好きなアリを対応する食べ物の上に動かし、その両側に配置された食べ物トークンのうち、1つを獲得します。これを繰り返して全てのアリが蟻塚に辿り着いたらゲーム終了です。

プレイヤーが獲得したトークンの得点は、最終的にアリが蟻塚に戻った順番によって決まるため、「あのプレイヤーはチーズを集めてるな。黄色のアリは動かすのをやめよう。」だったり、「緑のアリは得点が高くなりそうだ。ピーマンは拾っておこう。」など、後半になるにつれてプレイヤー同士の思惑が見えてくるところがとても楽しい作品です。

毎回ゲーム開始前にルールカードが公開され、得点の入り方や特殊タイルの効果、特殊ルールなどが変わるため、リプレイ性も担保されています。

タイルは二重構造となっており立体感があるのも、評価ポイントです。

プレイ時間も短いため、何度もルールを変えて楽しめる作品となっております。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. mythology_nezmythology_nez
マイボードゲーム登録者
  • 13興味あり
  • 70経験あり
  • 13お気に入り
  • 44持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルバイツ
原題・英題表記Bites
参加人数2人~5人(20分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2020年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿