マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

アルルの丘Fields of Arle

4人の労働者を上手く使いこなして色々なアクションを行うワーカープレイスメントゲーム!

東フリジアにある小さな村アルル。プレーヤーはそこで麻農家として暮らしながら、様々なことを経験していきます。森を開拓したり運搬車を走らせたり、色々な建物を建築したりしていきます。

このボードゲームは「アグリコラ」で有名なウヴェ・ローゼンベルグの作品です。半年を1ラウンドとして9ラウンド、つまり4年半を費やして様々な方法で得点を獲得していきます。プレイ人数は1~2人ですが、その割にはコンポーネントの数が多く、2人用アグリコラを複雑にしたような作品です。

プレーヤーは労働者コマを配置してアクションを行うのですが、そのアクションは多岐に渡ります。但し、季節(夏または冬)によってできるアクションが異なるため、1ラウンド中にどのアクションを行って次の季節に備えるかが重要となります。
また、労働者を全て使って労働フェイズが終了した後には、棚卸しフェイズが行われます。ここでは、季節によって行われる内容が少し変わるのですが、運搬車の荷卸しや食糧・泥炭の支払い、他にも繁殖や収穫などが行われます。支払うコストが足りないとマイナス点となってしまうので、注意が必要です。

ゲームを勝利に導く点数の獲得方法も様々です。台車や馬車などで物資を輸送して旅の経験を得たり、動物などから得られる皮や布から製品を作ったり、いろんな種類の家畜を養って繁殖させたり・・・どの方法が良いか考えながらプレイするのが楽しいと思います。

やれることが多いので、プレイ人数の割には時間のかかるゲームです。ソロプレイもできるので、長時間プレイのやりたい人に向いています。アグリコラなどのワーカープレイスメントゲームが好きな人も一度経験してみてはいかがでしょうか。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
マイボードゲーム登録者
  • 196興味あり
  • 131経験あり
  • 48お気に入り
  • 148持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力10
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見6
作品データ
タイトルアルルの丘
原題・英題表記Fields of Arle
参加人数1人~2人(60分~120分)
対象年齢13歳から
発売時期2014年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 320
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月17日 19時41分

    アグリコラ未経験でしたがパッチワークで作者のゲームは気に入っており、店員さんからのオススメでもあり購入しました。2人用ゲームの割にコンポーネントがとても充実していておよそ2.5キロの重量があります。物理的に重いです。ゲームはアルルの村を発展させていくということで、干拓して土地を広げたり、丸太を切り出して材木にしたり、建物を建てたり…。ゲームの開始時点からほとんどなんでもできるという状態なので、どこから手をつけるか悩ましいです。入手できる資源もそれぞれ別の要素に関わってくるのでアルルの発展は一筋縄ではいかない。1ゲームに1時間くらいかかるのですが、1ゲームで全ての要素を満足するほど発展させ...

    shihさんのレビューを読む
  • 405
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月22日 10時07分

    東フリジアの地にあなたの手で豊かな農場を!二人用にあるまじき重量(物理)で一時期話題になったアルルの丘、今更ながらレビュー的なものを投稿しようと思います。ゲームシステムはカヴェルナやアグリコラと同じシンプルなワーカープレイスメント。四つのワーカーで9ラウンドをこなします。個々のアクションは簡単ですがやれる事は多岐に渡ります。畑、牧畜、開拓、資源採取、建築、農具や馬車の作成など。限られた手数でいかに効率よくアクションを行えるかが鍵になりそうです。アグリコラやカヴェルナと同じくラウンド間に収穫的なものが起こりますが、食糧供給についてはそれほどカツカツにはなりません。荷馬車を使っての上位資源獲...

    だちうさんのレビューを読む

リプレイ 1件

  • 328
    名に参考にされています
    投稿日:2016年11月07日 18時34分

    週末はまたもローゼンベルク。ここ最近毎週ウヴェ先生のお世話になっている気がする。30分くらいのインストの後、先攻でゲームが始まる。初めは二人とも探り探りで、まず職人で各アクションのレベルを上げるところからスタート。最初の夏と冬は初期の資源でも飢える事はないので平和に過ぎ、3ラウンド目、二度目の夏辺りから各自の方向性が見えてくる。借金とか減点とかマイナスな言葉がとにかく嫌いなはとりあえず入植者で湿原を裏返しレベルアップ済みの泥炭切り出し人でザクザク炭を取っていく。冬は炭と小麦でパンを焼いて乗り切り、図らずも馬が増えたので繁殖をメインに据えながらも夏場は畑の開拓と「THE・農家」と言った感じ...

    大石さんのリプレイを読む

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク