マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 60分~120分
  • 14歳~
  • 2023年~

春秋戦国始皇帝荏原町将棋センターさんのレビュー

662名
2名
0
2ヶ月前

春秋戦国始皇帝は春秋戦国の新版で、始皇帝嬴政の政治が更にリアルに体験できるようになりました。

始皇帝は、帝国を軍事的に統一した後、今度は社会的な標準化を図り、単一の言語、通貨、法律を制定しました。また、壮大な万里の長城、道路、宮殿を各地に建て、労働過多に怒る民衆の騒乱には太守を派遣しました。永遠の権威の象徴を願う始皇帝は、不老不死の霊薬を求めますが、一方で死後を見据え、陵墓と兵馬俑の併設を指示します…


ゲームの流れは、春秋戦国とほぼ一緒。超要約です。

6枚のカードから1枚プレイし、アクションを強化するか、人事・建設アクションを行なうか。強化する場合は、個人ボードにカードを差し込みます。また、カードを差し込むことにより統一トークンを増やし、ラウンド終了時のボーナスを得る可能性が高くなります。人事・建設は、カードを捨て山に置きアクションしますが、この時カードの数字のハイアンドローにより、強化したカードボーナスが加わります。VPは、主に太守、宮殿、万里の長城の設置、及び目標タイルです。

以上です。


新版の春秋戦国始皇帝では、太守、宮殿、万里の長城の3種のVPに、東シナ海への霊薬船VPが加わりました。旧版で絵だけだった東シナ海に双六トラックが描かれ💦、戦略の一つとなりました。また、旧版の任務(目標)タイルは、フレーバー的に陵墓タイルとなり、3×3に並んだタイルに兵馬俑が縦横1列揃うごとにビンゴが発生する💦というミニパズルも加わりました。

↑ 注目の東シナ海。アクションで進む時は必ず3マスと決まっている。ノーコストなのでお手軽な双六トラックだ。霊薬カード、兵馬俑、 VPなどが手に入る。


VPのバランスも若干調整されましたが、依然として太守、宮殿、万里の長城の3種のVPが10VP前後で大きいのは変わりありません。特に太守は、4人プレイ時ではマジョリティトップの地域ごとに20VPが入ります。難易度もbgg4.0になっていましたが、プレイ感は良くなりました。

まず、人事・建設の6種類のアクションですが、建設系の3種、万里の長城、宮殿、労働者雇用は変わらず、労働者雇用アクションは、必ず一律2人と定められました。これは分かりやすい。また、人事系の太守、役人雇用、役人の移動の3種から、役人の移動が無くなり、その代わり、霊薬船の移動となりました。

言語、通貨、法律を表すカードですが、ここに霊薬カードが加わります。終了時、霊薬カードの枚数×霊薬船の進んだ先の基本点VPが貰えます。ただ、霊薬カードは個人ボードに差し込むので、強化中のタブロービルドを圧迫します。


考察は、春秋戦国のレビューに書いた通りですが、新しく霊薬船VP、陵墓タイルが加わったことで…

◾️霊薬船をどこまで進めるか、が戦略のポイントとなる。強化中のタブロービルドを圧迫するとはつまり、霊薬カードを差し込んでも騒乱は発生しないが、特に終盤、(超美味しい)ラウンド終了時ボーナスを取りに行く時に、霊薬カードがタブローを占有して、統一トークンの2、3個まとめ取りができなくなる可能性があるということ。

◾️陵墓タイルは3×3、旧版春秋戦国よりも目標数が増えた。各陵墓はMAX3〜9VPの早取りは変わらないが、ビンゴは一列10VPなので、周、魏、趙、斉、燕それぞれ、狙いの地域が他プレイヤーと被る場合もある。カードボーナスやハイアンドロー失敗時に役人の移動ができるので、早めに狙いの地域に役人を送りたい。

↑ 周、魏、趙、斉、燕の5地域は変わらず。左上が始皇帝陵墓。条件を達成するたびに兵馬俑を設置する。左下が、美味しい美味しいラウンド終了時ボーナス。これが欲しいがために強化をし、統一トークンを集める。


春秋戦国は、タブロービルドが主メカニクスの重ゲーの代表でしょう。タブロービルドとは、カードゲームに多いメカニクスですが、自分の手元にカードを広げていき、アクションのエンジンを重ねていくものです。例えば、宝石の煌めきもタブロービルドの仲間と言えます。永続効果をエンジンビルドしていくわけではないので視認性も悪くなく、超重ゲーに適しています。更に、アクションは、ごく単純なハイアンドロー形式なので、これも超重ゲーには珍しい貴重なシステムです。手札のカードの裏面で1〜40、41〜80、81〜120の範囲がバレてしまっているので、インタラクションも抜群。

↑ what‘s your game社の大雑把な濃い目の色合いから、スタイリッシュな淡いデザインと繊細な木製トークンになったこともポイントが高い。


なんといっても、始皇帝の気持ちにドップリと没入できるリアリティアップが一番ですけどね!



※ レビューにご感想・ご不明な部分等ございましたら、ご遠慮なく下にコメントください🙂

この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
OS
びーている / btail
荏原町将棋センター
荏原町将棋センター
シェアする
  • 10興味あり
  • 3経験あり
  • 1お気に入り
  • 1持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

荏原町将棋センターさんの投稿

会員の新しい投稿