マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~4人
  • 20分~40分
  • 11歳~
  • 2015年~

ユグドラシル・マギアガラス猫さんのレビュー

159
名に参考にされています
2017年06月01日 10時00分

各プレイヤーはラウンドの初めに8種類の魔法から4種類を選択して任意の目を上に下ダイスと一緒にセット(ラウンド開始まで非公開)し、それらを使用してライバルを蹴落としつつ、ラウンド終了時に自分の聖杯ダイスと中央の世界樹ダイスの目を合わせて得点獲得を目指します。

魔法は大きく分けて、ダイス操作系(変化、反転、同調)、お邪魔系(強奪、罠、汚染)、特殊系(生命、複製)の3パターンに分かれます。一部の魔法を除いて、ラウンド開始前にセットしたカード上のダイス目が効果に影響するので、どの目を上にしておくかも重要です。

各ラウンドでプレイヤーは順番に魔法を使っていきますが、パスもできます(ただし、全員が連続でパスしたらラウンドが即終了します)。魔法をラウンドで最初に使い切れば1点もらえますが、後で邪魔されても何もできなくなるので、使用タイミングを考えるのも楽しいです。集まったメンバーによって、得点の取り合いになるか、ただの蹴落とし合いになるか、色々楽しめるのが良いですね。

現在第2版がおそらく最新です。第1版からの変更としては、ボードの情報が変更された(発動している魔法が見やすくなった)ことと、得点計算用のクリスタルが廃止され、ボード上にマーカーを置くタイプに変更になりました。また、変化の魔法の効果が一部変更されています。個人的には、得点クリスタルは前の方が好きでしたが、無くなりそうな大きさなのが難点でした。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
ガラス猫さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 8興味あり
  • 22経験あり
  • 8お気に入り
  • 38持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルユグドラシル・マギア
原題・英題表記Yggdrasil magiA
参加人数3人~4人(20分~40分)
対象年齢11歳から
発売時期2015年~
参考価格3,200円
クレジット
ゲームデザイン霜月 ひろ(Hiro Kiritsuki)
アートワークよp(Yop)
関連企業/団体寄り道ぼどげ会
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ガラス猫さんの投稿

会員の新しい投稿