マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~6人
  • 60分~120分
  • 14歳~
  • 2021年~
105名 が参考
2名 がナイス
約1ヶ月前

ファンタジー・フライト・ゲームズが以前出していたエルダーサイン(さらにさかのぼるとヤッツィー)を、MARVELのX-MENをテーマにリメイクしたダイスゲーム。


ミッションごとに設定されたシンボルの組み合わせを、ダイスの目を割り当てることで解決し、シナリオで指定された条件を満たせばシナリオが進行する。そうして最後に待ち受ける決戦(SHOWDOWN)に勝利すればクリアとなる。

SHOWDOWNは2枚以上のミッションカードが連結されたパノラマ形式。他愛ないが盛り上がる

 

シンボルをダイス目で埋めていく基本的な仕組みはエルダーサインを踏襲しているが、運の比率が高かったESに比べて、ある程度プレイヤーの選択により戦略的に解決できるように改良されている。

例えば、基本ダイスの種類が1種類しかなく、特定の目を出したいときは使い切りの特殊ダイスに頼らざるを得なかったESに比べ、X-MENでは最初からキャラごとに出やすいシンボルが異なるダイスが割り当てられていて、解決に向いたキャラを派遣することができるようになっていたり、負のスパイラルに陥りがちだった振れるダイスが減る要素が少なくなり、その分はキャラへのダメージや危機トラックの進行へのペナルティに変更されたりしている。

 

シナリオに関しては同社のMARVEL CHAMPIONSが近く、選んだシナリオカードの条件を満たすと次のカードが公開され、そうやって進めていき、最後のカードの条件をクリアすればシナリオクリアとなるというタイプ。

 

さらに、テーマであるX-MENの再現要素として、キャラ同士のチームワークや関係性に重点を置いたシステムも新たに搭載されている。
各キャラはメインのキャラカードのほかに一回り小さいアシストカードを持ち、(明記されていないがおそらく同じ場所の)キャラにアシストカードを渡し、そのキャラのメインカードと組み合わせることでダイスプールの内容を変化させたり、アシスト専用のスキルを発動させたりできるようになった。また、絆(BOND)カードによって、同じカードを持つキャラ同士に特殊能力を与えたりできるようになっている。

ただしこの絆のシステムは文字通り表裏一体で、ミッションカードのネガティブな効果によって裏返ってしまうと、今度は逆に足を引っ張る要素になってしまう。この辺りしょっちゅう仲たがいしたり裏切ったりしている(個人の感想です)X-MENのキャラ同士の関係性をうまく表していると感じた。

献身の裏返しは依存、愛情の裏返しは未練だ


このシステムにより、たとえソロプレイであっても最低2キャラの使用が必須となっている。
ただ、エルダーサインと比べて手札の概念がなくなり、メインカードとアシストカード、ミュータント(いわゆるスキル)カードと前述の絆カードと、場にプレイされるもののみとなっているので、ソロでも2キャラ以上を管理するのもさほど負担にならないだろう。

 

このように遊びやすさを追求してシンプル化、軽量化されたX-MENのシステムだが、デッキ構築やカードコンボなどの、いわゆる攻略要素が薄いことが気になった。

基本的に最初に選んだキャラとランダム引きのミュータント、絆カードしか展開を変える要素がないので、基本手なりプレイとダイス目に一喜一憂、という遊び以上にはならないように思えてしまう。

ただこれも初見で入りやすく、面倒な奉行問題が起きづらくもなっている(それもX-MENらしいといえばらしい気もするが……)利点ともいえるので、パーティゲーム的に軽く遊ぶのが想定されたプレイスタイルなのだろう。

初期状態でもキャラが16人(ウルヴァリンやサイクロプスといった定番から、アーマーなど比較的最近のキャラまで)、シナリオが8つ収録されているうえに、かなり余裕がある箱のスペースから見るに多数の追加キャラ、シナリオがリリースされると思われるので、アーケード感覚で繰り返し遊べるライトめのゲームに仕上がっている。

この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
Christopher Coutinho
Bluebear
国王
だいすけ
だいすけ
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 2経験あり
  • 0お気に入り
  • 2持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルエックスメン:ミュータント・インサレクション
原題・英題表記X-Men: Mutant Insurrection
参加人数1人~6人(60分~120分)
対象年齢14歳から
発売時期2021年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

だいすけさんの投稿

会員の新しい投稿