マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

チグリス・ユーフラテスTigris & Euphrates

文明の発展と戦争による大国間の争いを描く、タイル配置陣取りゲーム!

チグリス川とユーフラテス川に挟まれた大地に人類史上初めての都市が築かれた。その地域を支配しようという王朝がいくつか現れ、資源の獲得や地域の発展、たくさんの財宝を集めて競い合います。

このボードゲームは、古代メソポタミア文明が栄えた地で、文明発展と戦争衝突によって覇権を争うゲームです。コマには4種類あり、国王・神官・農民・商人をゲームボード上に上手く配置し、それぞれをバランスよく発展させることが勝利への鍵となります。

ゲームは、スタートプレーヤーから順に以下のうち2つのアクションを行います。
・ 文明タイルを置く
・ 災害タイルを置く
・ 指導者コマを置く
・ 持っている文明タイルを交換する

指導者コマと文明タイルが隣接して存在するグループを王国とし、この王国を発展させていくことになります。タイルを繋げて置くことで勝利点が貰えます。また、同じタイルが縦横2×2マスの4マス分集まると、モニュメントを建てることができ、これがあると手番終了時に勝利点を継続して貰えます。

こうしていくと、王国同士が隣接することになります。すると、戦争が発生してお互いのどちらかが強いか対決することになります。隣接した王国に同じ色の指導者コマがいると戦争開始となり、その戦力を比較して強かったほうが勝利します。勝ったプレーヤーは勝利点を獲得し、負けたプレーヤーは指導者コマを手元に戻します。これだけだと勝てるかどうか一目瞭然なので、援軍として手元からタイルを追加することもできます。
また、初期のゲームボードに配置する神殿コマの上に置く財宝コマも重要です。このコマはどの色にもなるオールマイティなコマなので、価値が高いです。

タイルを配置していき、袋の中のタイルがなくなるか、ゲームボード上の財宝コマが2個以下になったらそのターンでゲーム終了となります。勝利点をもっとも多く獲得したプレーヤーがゲームに勝利します。

陣取りゲームが好きな人にお勧めのゲームです。タイルを引くときのランダム性もあり、その置き方によって相手が何をしたいか読み合いにもなります。バランスの良い対決ゲームです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
チグリス・ユーフラテス
チグリス・ユーフラテスの通販
文明の発展と戦争による大国間の争いを描く、タイル配置陣取りゲーム!
残り2点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 6,600(税込)
マイボードゲーム登録者
  • 182興味あり
  • 304経験あり
  • 65お気に入り
  • 240持ってる

レビュー 3件

  • 276
    名に参考にされています
    投稿日:2018年02月16日 21時32分

    初版のハンス・イム・グリュック版を中古で入手しましたが、システム、デザイン、コンポーネントのいずれも高品質で手抜きや妥協が全くありません。所有する喜びが満たされる逸品でした。「大河ドラマ」「大河小説」と同じように、もし「大河ゲーム」というジャンルがあるなら、これこそその名に相応しいゲームです。国の興亡を扱ったゲームは沢山ありますが、このゲームでは数千年の流れを感じることができます。栄華を極めた大国が衰退滅亡し、新興国が勃興してゆくロマンが素晴らしい。求められる戦略眼が高度な一方で、盛者必衰の運命も感じられます。局面ごとの最善手が掴めそうで掴めないのも、歴史の追体験のように感じられます。不...

    コッパさんの「チグリス・ユーフラテス」のレビュー
  • 312
    名に参考にされています
    投稿日:2018年02月12日 21時10分

    4/101998年ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品、同年ドイツゲーム賞1位のクニツィアの陣取りゲーム。名作、傑作とよく言われるが、超好きな人と嫌いな人に別れるゲーム。ルールはそこまで複雑ではないが、勝つために何をすればいいか最初は全くわからない。そんで、経験者にフルボッコにされる。しかも、直接攻撃や巻き添え攻撃もかなりあるため、人によっては嫌悪感を抱く人もいるかもしれない。麻雀を初めてプレイしたときみたいに1度目では面白さもそこまでわからないし、勝てないゲーム。この壁を「なにくそ!今度こそ勝ってやらぁ!」とすぐさま再戦を希望するくらい気合がない人はやらない方がいい。多分、よくわからなく...

    白州さんの「チグリス・ユーフラテス」のレビュー
  • 331
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月29日 01時30分

    古代メソポタミア地方で王朝を発展させていくというテーマのゲームです。基本はタイルを置いて王国を拡大していきますが,他のプレイヤーの王国で反乱を起こして乗っ取ったり,王国同士で戦争して相手の王国を奪えば,効率よく勝利点がもらえます。赤(神殿)・黒(集落)・緑(市場)・青(農地)の4色それぞれに勝利点があり,もっとも点数の低い色の点数が高いプレイヤーが勝ちなので,それぞれバランスよく得点していく,またワイルドカード勝利点として使える財宝(各地の神殿に配置されている)を獲得していく必要があります。基本は4色のタイルを並べていくだけのとても抽象的なメカニズムのゲームです。テーマ性を味わうタイプの...

    nyanwigさんの「チグリス・ユーフラテス」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 318
    名に参考にされています
    投稿日:2018年02月11日 18時36分

    最近のゲームには,個人ボードの中で発展を楽しむとかソロプレイ感とかありますね。チグリス・ユーフラテスのルールを読むと,ある1点でそのようなゲームとは決定的に違うことがわかります。その1点とは,自分が集めた4色の勝利点のうち,最も数の少ない色についてその数が自分の最終得点となる,というルールです。勝つためには4色の勝利点をバランスよく集めなければなりません。各プレイヤーが個性を活かして,それぞれの好きな色を増やしていけばよい,というのではありません。ライナー・クニツィアはプレイヤー間のインターラクションつまりプレイヤーが紛争や災害を起こすことを意図しているのです。自分1人で王国を作ってそこ...

    malts_yさんの「チグリス・ユーフラテス」の戦略やコツ

ルール/インスト 2件

  • 70
    名に参考にされています
    投稿日:2019年07月15日 17時47分

    ルールサマリーです。印刷の際は、以下のページに置いてある印刷用の画像ファイル(もしくはPDF)をご利用ください。https://sites.google.com/site/eatbaconandham/home/boardgamesummary

    いいせきさんの「チグリス・ユーフラテス」のルール/インスト
  • 766
    名に参考にされています
    投稿日:2018年02月10日 18時16分

    (上から読むだけでチグリス・ユーフラテスのインストになります。セットアップが終わったところから)チグリス川とユーフラテス川にはさまれたメソポタミアの地で文明を発展させていきます。■プレイヤーの立場 ・プレイヤーは4つの王朝の1つを担当し,紋章(射手,雄牛,陶芸家,獅子)で区別します。色ではなく紋章で区別することに注意してください。■文明の4つの分野と指導者 ・ゲームでは4つの分野(赤・神殿,青・農地,緑・市場,黒・市民)のタイルをボードに配置することで文明を発展させていきます。タイル自体には所有者はありません。 ・各分野の指導者がいます。赤・神官,青・農夫,緑・商人,黒・王,それぞれ丸い...

    malts_yさんの「チグリス・ユーフラテス」のルール/インスト

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿