マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 10分前後
  • 8歳~
  • 2019年~

目撃者たちの夜owletさんのレビュー

340名 が参考
2名 がナイス
11ヶ月前

中学校の授業でボードゲームを投入しております。

ワンナイト人狼系のこちらのゲーム『目撃者たちの夜』は、プレゼンテーションの授業に取り入れました。類似のボードゲームが多数あるので、それと比べていかにこのゲームが面白いかを対象となるグループには発表してもらいました。

グループのメンバーは6名で、全員が真っ先に主張したのは他の人狼系と比べてお手軽だったこと。手持ちのカードを順番に動かしていき最後は話し合いで犯人を決めるという流れを人狼系の1日に当たるパートで決着するので煩わしさが無いようでした。また、1日で決着なので脱落者が暇にならないシステムも嬉しかったようです。

また、自分がいる部屋に人がやって来て、また別の部屋に向かうというシステムの面白さも挙がりました。部屋にやって来た人と出ていった人の情報を(それが真実かブラフかは別にして)必ず全員が握れるので、口下手な生徒も必ず話し合いに混ざれるという利点があり、積極的に話さないと楽しめないタイプより万人向けだという印象でした。

あとは役職のカードを入れ換えることで全く違う展開を楽しめたり、絵柄の可愛さを挙げた生徒もいました。

個人的には人狼系では一番子ども向きのゲームだと思います。3~6名という班編成に合った参加人数もグッドでした。

今回の授業では自分がゲームマスター役を担当しましたが、慣れるとマスター要らずなところもポイントが高いです。子どもはマスター役をやりたくないことがほとんどですし、中学生にマスター役は少し荷が重い印象です。

ただ、人狼系ゲームの宿命で、人数が少ないほど犯人が特定しやすくつまらなくなるという弱点を抱えています。加えて、プレイヤーが居る設定の部屋の数が限られるので、最大参加人数を増やせない点もプレイ前に考慮するといいと思います。

ただ、デメリット以上にメリットが大きい作品であるといえます。コンポーネントのサイズもコンパクトで、さくっと楽しめる名作だと思います。大人から子どもまでワイワイ会話して犯人をボイラー室に閉じ込めましょう!

この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
ぐりゃ
小夜風
勇者
owlet
owlet
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 128興味あり
  • 433経験あり
  • 119お気に入り
  • 426持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力12
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ20
攻防・戦闘0
アート・外見10
作品データ
タイトル目撃者たちの夜
原題・英題表記 Witness night
参加人数3人~6人(10分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン渋江 玖琉(Kuru Shibue)
アートワーク未登録
関連企業/団体すごろくや(Sugorokuya)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

owletさんの投稿

会員の新しい投稿