マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~4人
  • 20分~30分
  • 10歳~
  • 2010年~

藪の中owletさんのレビュー

196
名に参考にされています
2020年07月10日 20時14分

中学校の授業でボードゲームを活用している者です。


こちらの藪の中は中学校三年生の国語の授業、「『批評』の言葉をためる」の単元に投入しました。


犯人捜査タイプのボードゲームの一つとして、類似の作品との比較の中で、批評の材料を集めさせるという展開の授業を行いました。


このゲームで真っ先に目を引いていたのはやはり人形のコンポーネントです。他の比較対象がカードばかりだったので新鮮なようでした。


このゲーム特有の面白さとしては、犯人の特定に失敗すると押し付けられる嘘つきマーカーの扱いを挙げている生徒がいました。


このゲームでは、容疑者三人のコンポーネントの内、犯人だと思ったものの下に犯人マーカーを置いて投票していく流れがあります。犯人の特定に失敗したときに、犯人マーカーを無実の人に置いてしまったらそれが嘘つきマーカーに変わり、これを5つ集めると敗北なのですが、条件次第ではこの嘘つきマーカーは、最後に投票した人に擦り付けることができます。


なので、もう少しでゲームオーバーになりそうな生徒が後ろにいた場合、あえて犯人じゃない容疑者にマーカーを置いてブラフにして嘘つきマーカーの擦り付けを狙うなど、犯人特定とは違った勝ち筋を狙えるのが面白かったようです。


反面、批判的な部分としては、手札にくる手がかりの数字次第では犯人特定が一瞬で終わることがあるなどが挙がりました。


総評としては、純粋に犯人特定をすることが目的のゲームと違い勝ち方が色々とある、人狼系のように時間がかからない、犯人はロールプレイではないので演技しなくてもいい、話し合いがないので口下手でも楽しめると概ね好評でした。


人狼系のような盛り上がりは期待しにくいですが、思考力を磨くという点では良いボードゲームです。じっくりとした駆け引きをインスタントに楽しめる一風変わったボードゲーム、皆さんも楽しんでみてください。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Bluebear
  • metro1994
藪の中
藪の中の通販
推理小説モチーフの推理ゲーム。犯人は誰?
残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 2,420(税込)
owletさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 156興味あり
  • 755経験あり
  • 119お気に入り
  • 499持ってる
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力9
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ11
攻防・戦闘0
アート・外見6
作品データ
タイトル藪の中
原題・英題表記Hattari
参加人数3人~4人(20分~30分)
対象年齢10歳から
発売時期2010年~
参考価格2,376円
クレジット
ゲームデザイン佐々木 隼(Jun Sasaki)
アートワーク未登録
関連企業/団体ムーンスターゲームズ(Moonster Games)オインクゲームズ(Oink Games)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

owletさんの投稿

会員の新しい投稿