マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~5人
  • 40分~70分
  • 10歳~
  • 2019年~

ウイングスパンHideさんのレビュー

164
名に参考にされています
2020年10月20日 23時38分

このゲームは、自然保護区に如何にたくさんの鳥を呼び寄せることができるか競います。競うといっても、他のプレイヤーの邪魔をするようなアクションはなく、自分の手番が回ってきたら、どうやったらより多くの、或いは貴重な鳥を呼び寄せることができるか、それとラウンドの目標やボーナスカードの条件を達成できるかを考えてアクションをするだけです。しかもアクションは①鳥カードを出す、②餌をとる、②産卵する、③鳥カードを引くの4つしかありませんので、そう難しくはありません。

ですが、各ラウンドでアクションできる回数は決まっています(第1ラウンドは8回、第2ラウンドは7回、第3ラウンドは6回、第4ラウンドは5回)。そのため、よく考えてアクションを実施していかないと、餌が不足して鳥カードが場に出せなかったり、反対に手持ちの鳥カードが無くなってしまって出すチャンスを失ったりと、勝利点が伸びません。なので、以下に効率よく勝利点を稼げるかに頭を使うことになり、これがこのゲームの面白いところだと思います。また、勝利点を競うのも、他のプレイヤーと競うというより、過去の自分と比べてどうだったかと比較する方が私は楽しいと思いました。なので、他のプレイヤーに負けてもあまり悔しくはないと思います。ゲーム後の感想戦の方が新しいやり方を見つけることができたりして、楽しいかもしれません。

あと、呼び寄せる鳥カードの絵が撮れも綺麗です。図鑑に書いてあるような絵のクオリティで、鳥の生態学的な特徴も書いてあり、図鑑の代わりになります。しかもその種類は170種で、同じ種類の鳥はありません。ただし、アメリカ人のデザイナーがデザインしているので、ゲームに出てくる鳥達は北米の鳥です。

私は環境関係(主に生物調査や環境学習)の仕事をしているのですが、このゲームはそういった目から見ても、よく出来ていると思いました。

ちなみに、ゲームの名前になっている「ウィングスパン」は「翼長」という意味です。


1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • ゆき
Hideさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 733興味あり
  • 1464経験あり
  • 632お気に入り
  • 1151持ってる
プレイ感の評価
運・確率65
戦略・判断力63
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見73
作品データ
タイトルウイングスパン
原題・英題表記Wingspan
参加人数1人~5人(40分~70分)
対象年齢10歳から
発売時期2019年~
参考価格6,500円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Hideさんの投稿

会員の新しい投稿