マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 45分前後
  • 9歳~
  • 2008年~

魔法にかかったみたいマクベス大佐さんのレビュー

93
名に参考にされています
2020年06月07日 13時39分

ありそうでない。独自性が強くバッティング回避と強気と弱気で悩む名作ゲーム。


【ざっくり解説】

 12の役職の役割を駆使してリソースを獲得したり、それを得点に変換していくゲームです。役職は被らない方が旨味があるので、上手に役職被りを回避したいゲームです。

 役職の能力には大雑把に言えば強気のものと弱気のものがあります。


 ざっくり行きますが、強気の効果はハイリスク&ハイリターンです。弱気の効果はローリスク&ローリターンとなっております。この強気弱気の上手な見極めと役職選択が重要なリスク管理ゲームです。

 

【長所】

 他に類を見ないシステムでしょう。役割被りを回避しつつ、強気のアクションをできるだけ通す基本はシンプルなゲーム性です。

 システムの唯一無二性は折り紙つきで、なかなか他のゲームで味わえない体験ができるでしょう。一度はプレイしておきたいタイトルだと僕は思います。


【短所】

 要求プレイヤースキルが高いことでしょう。周囲の状況を的確に把握し、高いリスク管理能力が求められます。気軽に楽しむこともできなくはないですが、シンプルなシステムとは裏腹に勝利の道筋はやや複雑です。どうやって勝つのかすら見えてこないなんてこともあり得ます。

 基本的に多人数で遊ぶこと前提のゲームシステムなので、3人で遊んでも真価を発揮できません。集まる人数次第では、遊べる機会が乏しくなってしまうことですね。こればっかりは仕方ありません。最低でも4人は欲しいです。


【個人的な評価】

 要求プレイヤースキルが高い事をきちんと頭に入れた上で楽しめば、非常に良いゲームだと思います。なかなか多人数で集まる機会が得られず、プレイ回数は10回前後にとどまりますが、お気に入りのゲームです。

 中でもバッティング(被り回避)と強気と弱気の2択が悩ましいリスク管理ゲームという、唯一無二のゲーム性を持っているのは強みだと思います。機会さえあれば月に1度はプレイしたいと思っています。


【アレアの宝箱付属のアミュレット拡張について】

 個人的には5人未満のゲームなら必須だと思います。最終手番の人の圧倒的有利を崩して、最後まで2択を悩ましいものにする良拡張だと思います。このゲームが好きなら「アレアの宝箱」の拡張はマストアイテムかもしれません。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
マクベス大佐さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 88興味あり
  • 309経験あり
  • 68お気に入り
  • 174持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力9
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ9
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトル魔法にかかったみたい
原題・英題表記Wie verhext! / Witch's Brew
参加人数3人~5人(45分前後)
対象年齢9歳から
発売時期2008年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

マクベス大佐さんの投稿

会員の新しい投稿