ハイソサエティHigh Society

競りゲーの大家クニツィアの作品です。

 ハードパスの硬派な競りゲーに「ゲーム中お金を一番使ったプレイヤーはゲームの勝者になることができない」といういわばドボンルールを加わることで、他に類を見ない独特の緊張感を持ったゲームに仕上がっています。

 競りゲー一番の難しさ、面白さであるところの相場ですが、上記ドボンルールのおかげで、毎回ゲームによって、相場が変わってきます。そのためいわゆる定跡セオリーに縛られることなく、初めての人も競りを楽しめます。相場がゲームによってリプレイ性が高くなっており、競りそのものを楽しむゲームになっています。

 競りゲーが好きな人にも、興味はあるけど苦手な人にもおすすめできる良いゲームです。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:じーふい
マイボードゲーム登録者
  • 13興味あり
  • 122経験あり
  • 21お気に入り
  • 104持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルハイソサエティ
原題・英題表記High Society
参加人数3人~5人(15分~30分)
対象年齢10歳から
発売時期1995年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 84
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月07日 00時56分

    競りゲーの大家クニツィアの作品です。ハードパスの硬派な競りゲーに「ゲーム中お金を一番使ったプレイヤーはゲームの勝者になることができない」といういわばドボンルールを加わることで、他に類を見ない独特の緊張感を持ったゲームに仕上がっています。競りゲー一番の難しさ、面白さであるところの相場ですが、上記ドボンルールのおかげで、毎回ゲームによって、相場が変わってきます。そのためいわゆる定跡セオリーに縛られることなく、初めての人も競りを楽しめます。相場がゲームによってリプレイ性が高くなっており、競りそのものを楽しむゲームになっています。競りゲーが好きな人にも、興味はあるけど苦手な人にもおすすめできる良...

    じーふいさんのレビューを読む
  • 41
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月23日 22時43分

    クニチー先生の競りゲー。貴金属、馬、城、泥棒など我々庶民とは縁のないおハイソな品々を競り合い落札したり押し付け合ったりする。特徴は金額が飛び飛びな競り札。お釣りは入らず、飛び飛びな数字ゆえに想定外の大金になってしまうこともしばしば。ゲーム終了時に残金が1番少ないプレーヤーはハイソから転落してゲームから脱落するのもミソ。王道の競りゲーかつ短時間で終わるの競りゲー好きにはオススメ。

    kanamatanさんのレビューを読む
  • 70
    名に参考にされています
    投稿日:2016年12月28日 00時57分

    『ハイソサエティ』は、ハイソな人と言われるお金もちになって、財産を買いあつめるゲームです。所持金が決まっているので、その範囲でやりくりしつつ買うセリゲームになっています。『ハイソサエティ』の特徴は高額な買い物ができるところでしょう。お城や絵画などにお金を出して買う感覚は面白いです。また、災害なども保険としてお金をはらう必要があるので、ただ点数を求めればいいというものでないところも特徴です。問題点は物価がわかりづらいところでしょうか。最低金額が決まっていませんので、イメージで買うにしてもわかりづらいところが多いです。意外なものが意外な値段で買えるのは面白いですね。<おすすめできる人>・買い...

    鉄狼(てつろー)さんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿