マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

魔法にかかったみたいWie verhext! / Witch's Brew

魔女達の思惑が絡み合う!うまく出し抜いてより多くの魔法薬の作成を目指せ!!

 魔女となり、材料を獲得したり魔法を使ったりして、魔法の薬を作り得点を競います。

 ラウンドの開始時に各プレイヤーは12種類の役職カードから5枚を選んでそのラウンドに行なうアクション(材料の獲得・魔法薬の作成・金の獲得・金と材料の交換・魔法など)を選択します。スタートプレイヤーは手札の1枚を表に出し、必ず「能力を全部使う」を宣言します。後続のプレーヤーは出された役職カードが無ければパスですが、有れば必ず出し「能力を全部使う」「能力の一部だけを使う」のどちらかを選び宣言します。

 「能力の一部だけ」を宣言した場合、効果は小さくなりますがアクションを即実行できます。「能力を全部使う」の効果は大きいですが、後続のプレーヤーに「能力を全部使う」を宣言されるとその権利を奪われて何もできなくなります。手番が1周したら「能力を全部使う」権利を獲得したプレーヤーがアクションを実行し、次のスタートプレーヤーになります。

 全員のカードが無くなるまでこれを行い、その後新たに役職カード5枚を選んで次のラウンドを行います。勝利点となる魔法薬カードに印されたカラスの3羽目が誰かに獲得されたらゲームは終了し、最も高い勝利点を得た者が勝ちとなります。

 効果は大きい「能力を全部使う」は、権利を奪われる恐れがあるし、次のスタートプレーヤになるというデメリットがあります。5枚のカード選択は、自分の必要なアクションを選ぶのはもちろん他の人の選びそうなアクションを封じることも考慮する必要があります。各プレーヤーが保持している材料や金の状況をよく見て、どのアクションを選択しているかの推理が重要になります。

 「能力を全部使う」を選択した時はかなりドキドキしますし、「3種類の材料の獲得→それを組み合わせた魔法薬の作成、材料・金・勝利点の交換などの手順・リソース管理」「5枚の手札の選択」「後続プレーヤーの手札の読みや後手順の計画による2択」など戦略性が重要なカードゲームです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. PinoPino
マイボードゲーム登録者
  • 84興味あり
  • 302経験あり
  • 67お気に入り
  • 171持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力9
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ8
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトル魔法にかかったみたい
原題・英題表記Wie verhext! / Witch's Brew
参加人数3人~5人(45分前後)
対象年齢9歳から
発売時期2008年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 122
    名に参考にされています
    投稿日:2020年04月01日 22時49分

    ブルームサービスの元となったゲーム。12種類のカードから5枚選び、マストフォローのトリックテイキングを行う。後出しが勝者となるが、2種類ある効果のうち弱い効果を選択した者は無条件で実行できる。カードの効果にはリソースやアイテムを獲得したり、リソース等を勝利点に変換するなどある。相手の手札や行動を推測してバッティングを避けつつセットコレクションを完成させる、何気に玄人向けのゲームです。この、推測する、という行動を楽しめない人はこのゲームをプレイしない方がいいです。ブルームサービスカードゲームはややシンプルすぎるきらいがあるので、こちらのが遊びがいがあると思います。こっちを再販して欲しいものです。

    maroさんの「魔法にかかったみたい」のレビュー
  • 312
    名に参考にされています
    投稿日:2018年06月20日 13時48分

    2008年アラカルト・カードゲーム賞2位。2008年ドイツ年間ゲーム大賞最終ノミネート。デザイナーは『ブルームサービス』『アイルオブスカイ』のアンドレアス・ペリカン。各自が12枚の同じカードを持ち、その中から5枚を選択してちょっと変わったトリックテイキングをおこなう。<カード>1緑3枚緑、白、赤の資源をもらう。2青3枚資源を売ってvpをもらう。3黄3枚資源を売ってお金をもらう。お金を売って資源をもらう。vpをもらう。4赤2枚プレイヤーがもっているお金の1/3をもらう。プレイヤーがもっている資源  の1/4をもらう。5灰1枚ランダムにカードをめくって上記1,2,3あたりの効果をもらう。スタ...

    m1114toyさんの「魔法にかかったみたい」のレビュー
  • 234
    名に参考にされています
    投稿日:2016年11月21日 20時53分

    「魔法にかかったみたい」という邦題からくる印象に比べると、かなり濃密な戦略ゲームです。3種類の材料とそれを組み合わせた魔法薬の作成、金の獲得や材料・勝利点との交換。他プレーヤーの状況を見てバッティングを避けようとはしますが読み切れず、スタートプレーヤーになると必ず「能力を全部使う」しか選択できず潰される事が多くてツライです。後一人は持ってないと思って「能力を全部使う」を選択した時に読まれて潰されたときのしてやられた感はかなりのものです。下家が有利なので次のスタートプレーヤーが誰になるかや今最も欲しいものは何なのかによっては「能力の一部だけ」を選択する方が良いことがあります。他の人も同様な...

    Pinoさんの「魔法にかかったみたい」のレビュー

リプレイ 1件

  • 109
    名に参考にされています
    投稿日:2019年08月29日 19時49分

    アメリカ人のボードゲーム大好きな夫婦が日本にきていて1週間毎日ボードゲームしてました。シェリル、デイブ、Ryu、ななリバー、私の5人でプレイ。1回目灰色カードぬくver.Ryuが今までの経験から多彩な戦略(スタピーにならないように極力弱気でうってくる、釜の色を限定して狙う釜を明確したなど)で1位。緑カードをほとんど使わない私が他のプレイヤーの資源、お金をうばって着々とVPカードをgetしたが2位。シェリル、デイブがはまってもう1回やろうということでで2回目へ。2回目灰色カードいれるver.コツをつかんだデイブが1位。VPカードとったあとにお金は払ってVPチップをとっていたのが効果的だった...

    m1114toyさんの「魔法にかかったみたい」のリプレイ

戦略やコツ 1件

  • 124
    名に参考にされています
    投稿日:2019年08月28日 23時17分

    ①基本的に人の出さないカードを出すようにすれば、強気でカードを出すことができ大きく資源、お金をもらうことができる。②緑のカードで資源(赤、緑、白)をもらうより人の資源を奪う赤カードや黄色カードを使ってお金で資源を得る方が効果的。③自分がスタピーからみて最後でスタピーと同じカードの場合は強気でだすのが普通だが、ここをあえて次のスタピーになりたくなく、また次もラストになるために弱気でだすのも戦略の1つである。④バリアントルールの時はVPカードをもらったときにお金はをはらってVPチップをもらっておく。また、積極的に灰色カードを手に加えるようにする。

    m1114toyさんの「魔法にかかったみたい」の戦略やコツ

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿