マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~18人
  • 10分~30分
  • 13歳~
  • 2015年~

アンユージュアル・サスペクツRyantaiさんのレビュー

145名
1名
0
約2年前

質問の回答をヒントに犯人を当てる、とてもシンプルな推理ゲームです。

刑事役となったメンバーは、唯一犯人を知っている目撃者役のメンバーに対して、カードに書かれたランダムな質問を毎ラウンド行い、目撃者は「YES」か「NO」のみで回答していきます。
刑事たちは目撃者の回答をヒントに、犯人以外の容疑者を順番に除外していきます。
ラウンドを繰り返して見事最後の1人まで犯人を絞り込むことができれば勝利、というシンプルな協力ゲームです。

本作の肝となるのが、目撃者が持っている情報は犯人の容姿のみなのに、カードに書かれた質問はその人の「性格」「ライフスタイル」「人間性」など、容姿以外のバックグラウンドを問う質問しかないということ。
(「メールの返信はマメですか?」や「家に花を飾っていますか?」といった、知らんがな的な質問ばかり)

つまり、目撃者は容姿だけを頼りに犯人のバックグラウンドを想像し、妄想で質問に回答していくことになり、
刑事もまた妄想で犯人を推理していきます(笑)

3人〜4人で何度かプレイしましたが、見事に目撃者と刑事の価値観のズレが生まれ、犯人を取り逃すことが多発します(笑)

ゲーム終了後に誰が犯人だったのかなど、意見交換するのですが「あーそういう見方でYESだったのね(笑)」「そんなの想像できるか!(笑)」といったやり取りが毎度発生するため結構盛り上がります(笑)

とにかくシンプルな内容なので、同日に何度も繰り返し遊べる深みはないですが、あまりボードゲームに慣れていない人にはルールがシンプルかつ全員がわいわいコミュニケーションできるため、導入やお口直しとして楽しめる良いゲームだと思います。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
びーている / btail
勇者
Ryantai
Ryantai
シェアする
  • 137興味あり
  • 586経験あり
  • 56お気に入り
  • 263持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

会員の新しい投稿