マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 30分~60分
  • 10歳~
  • 2020年~

トレッキング・ザ・ワールドマクベス大佐さんのレビュー

109名 が参考
2名 がナイス
約2ヶ月前

バックパッカーになって世界を巡るツアーに出かけよう!お土産いっぱい抱えて、世界一周!


【ざっくり解説】

 プレイヤーは旅行者にとなって、世界中の観光地を巡ります。各地には初到達の人のみが手に入れられるお土産がほぼ用意されており、それを集めるセットコレクション(同じの集め)ゲームです。

 移動はカードを使って行います。このカードを特定箇所で決まった組み合わせで使うと、高得点になる観光地カードが貰えます。得点源としては他に各地域(6分割されてます)の最後のお土産を取ると点数が貰えたりします。要は効率よくお土産と観光を行った人が勝つ。そういうゲームです。


【長所】

 勝敗を気にしなければ、程よい引き運。初期配置とスーパーアクションのランダム要素。競争を中心としたプレイヤー間の駆け引きと、良質なファミリゲームとしての要素を多分に備えたゲームです。

 内容物が豪華で映えるゲームなのですが、中でも観光地をテーマに描かれた大きな美しいイラストの観光地カードは本作の目玉でしょう。実物を手に取ってみて欲しいです。


【短所】

 特定の組み合わせを支払うと貰える観光地カードや、同色2枚使うと行えるスーパーアクションの存在があります。これらのアクションは手札の補充を犠牲に行うので、色の管理や手札の枚数の管理の難易度は低くはありません。

 多様な得点方法があるので、勝つこと目線で行けば何で稼げばよいのか指針がやや掴みづらいです。一見強そうな観光地を狙いすぎると手札が枯渇しやすいのも、ゲームの難易度を上げています。


【個人的な感想】

 元々がキックスターターという金銭面での支持者を一般の方から募る企画で作られたゲームです。この方式で発売されたゲームというのは見栄えの良い内容物であることが多く、本作もまたその例に外れません。

 ゲーム性としては、大雑把に言えば、手札・お土産ともに同じ種類のものを集めていくセットコレクションゲームです。お土産は同種の数、種類面の2つの角度からのコレクション要素があり、どちらを狙うか悩ましいです。

 多様なボーナスがあり、どれかに注力することで勝つのは難しい印象です。バランスよく様々な要素を効率的に狙うが良策ではないでしょうか?なので、勝つこと目線でプレイするとなかなか難しいゲームかなと思います。

 

 推定プレイ回数は5回ほど。実物で一度遊ばせてもらいましたが、目的地カードの大きさには驚かされました。これは実物を一度見てもらいたいです。それぐらいのインパクトがあります。

 ゲームとしては勝つこと目線で見るとやや苦手ですね。とはいえ、程よい引き運。競争を中心とした駆け引き、効率の良い得点方法の模索。手札をどう使うかなどなど。個々の要素、その組みわせともに絶妙です。

 わかりやすさは若干欠くものの、悩ましいゲームに仕上がっていると思います。悪くないです。基本的に誘われたら断らないぐらいには良いゲームだと思います。

この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
びーている / btail
Bluebear
マクベス大佐
マクベス大佐
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 21興味あり
  • 67経験あり
  • 17お気に入り
  • 20持ってる
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力5
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘2
アート・外見5
作品データ
タイトルトレッキング・ザ・ワールド
原題・英題表記Trekking the World
参加人数2人~5人(30分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期2020年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

マクベス大佐さんの投稿

会員の新しい投稿