マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 180分~240分
  • 14歳~
  • 2006年~
1813
名に参考にされています
2017年03月23日 22時44分

 通算6回のフルゲームを終えてのコツをお伝えしたいと思います。

 軍事力で後れを取らないことが勝利のための絶対条件であると感じました。中盤まで優位を築いていても一回の戦争で順位が入れ替わることが多々あります。それ以外は一つの戦略をとるというよりは出てきたカードによって柔軟に文明を発展させていくことが出来るゲームだと思います。そのため、以下軍事力で差をつけられないためのポイントを挙げます。

・平和主義者こそ軍事力強化

 ついつい内政で効率よく生産ができるようになるのを楽しんでしまいがちですが、自文明の安全を守るためには軍事力は絶対必要です。自ら攻撃を仕掛けるつもりがなかったとしてもイベントでは高い軍事力がプラスになることはなってもマイナスになることはありません、軍事力で一位を常にとる心構えでゲームに臨みましょう。

・軍事力を上げる方法は3つある

 大まかに分類すると①戦術カードによるボーナス②指導者によるボーナス③軍事技術や驚異などによる方法があります。それぞれメリットデメリットありますし、これらの組み合わせで軍事力を上げていくことになるので、バランスよく組み立てていきましょう。

 ①戦術カードによるボーナスは最も軍事力を上げることが出来る方法ですが、ユニットを一つ欠けてしまうと大幅に軍事力が下がってしまうことがあるので注意しましょう。②指導者によるボーナスは簡単に軍事力が上がりますが居なくなるとその効果がなくなるので注意しましょう。③軍事技術や驚異などによる方法は滅多に減らず、黄色駒を消費しないという点が優れていますが手間がかかることと大幅に軍事力が上がるわけではないということに注意しましょう。

 基本的にをベースにをうまく利用しながら軍事力を上げていくイメージですね。そうでない戦略も考えられますが、非常に不安定だと思います。

・序盤は軍事ボーナスカードを溜め込む

 序盤は文明の生産力が低いためわずかな戦力差で軍事力の順位が変わります。軍事ユニット一つ分、特殊技術一つ分で侵略をみすみす許してはいけません。軍事力ボードで常に相手との戦力差を埋められるだけの軍事ボーナスカードを溜め込んでいきましょう。なかなかボーナスカードが引けなくてもブラフで侵略をうけないように注意しましょう。

・ジャンヌとチンギスは死ぬが、ナポレオンは死なない

 ジャンヌダルクとチンギスハンはうまく利用すると軍事力が大幅に上昇してかつ文化点を稼ぐことが出来る優秀な指導者ですがどちらもⅠ時代の指導者であるためⅢ時代になるとゲームから取り除かれてしまい自文明の軍事力が急激に下がる場合があります。これらの指導者は強力で是非とも文明に迎え入れたいですが、彼らがいなくなった後のことを考えて山札とにらめっこしましょう。反対にナポレオンはⅡ時代の指導者であるため最後まで文明を導いてくれます。ナポレオンは軍事についてしか影響を及ぼしませんが強力なカードのためナポレオンが指導者の文明の動向には常に注意しておきましょう。

・植民には最大の緊張感が必要

 植民は軍事ユニットを必ず一つ投入しなければいけないというルールがあるので、植民を行った文明は軍事力が下がります。そして植民直後が一番攻撃を受けやすいです。自文明の軍事力が戦術カードボーナスによって維持されている場合の植民では戦術カードの組み合わせを崩さないように注意して植民に参加するようにしましょう。反対にアポロの巨像等植民ボーナスを受けている文明は積極的に植民していきましょう。また軍事ボーナスカードを持っているブラフを仕掛けるチャンスなので相手が下りないように競り値をぎりぎりまで上げるようにするといった戦術もリスキーですが十分考えられると思います。軍事力最下位だからといって植民に参加しないことはもったいないです。

・Ⅲ時代の主役はガンジー

 ガンジーが場に出された場合はまず取ることから考えます。自文明が軍事力でぶっちぎりの一位であるとか、軍事力が一位の文明の軍事アクション数が6を超えているといった場合を除き原則取るべき強力な指導者カードです。ガンジーを取ったらひとまず内政に専念し文化点を稼ぎましょう(油断は禁物ですが)。ガンジーを取れなかったらガンジー文明が油断していたら攻撃を常にうかがいつつ文化点を稼いでいきましょう。ガンジーがなかなか出ない場合もあるのでガンジー頼みというのは危険ですが、勝負の勝敗を決めるⅢ時代においてその存在感はまさにマハトマ(偉大な魂)といえます。

 ここまで軍事力という点においてのみ書いてきましたが最低限押さえておくべきポイントは触れられたのかなと思います。内政については他の拡大再生産ゲームと同じく生産力をまず上げるということがポイントになると思います。

長文乱文失礼しました。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • GO
スルー・ジ・エイジズ
スルー・ジ・エイジズの通販
エージェントから出てくる言葉のヒントで「正解のタイル」を見つけよう
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 8,800(税込)
じーふいさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 252興味あり
  • 211経験あり
  • 97お気に入り
  • 228持ってる
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力15
交渉・立ち回り7
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘10
アート・外見3
作品データ
タイトルスルー・ジ・エイジズ - 新たなる文明の物語
原題・英題表記Through the Ages: A New Story of Civilization
参加人数2人~4人(180分~240分)
対象年齢14歳から
発売時期2006年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

じーふいさんの投稿

会員の新しい投稿