マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~5人
  • 90分~120分
  • 12歳~
  • 2016年~

テラフォーミングマーズ一斗さんのレビュー

184
名に参考にされています
2018年09月20日 13時53分

 各プレイヤーは火星を地球化する事業に参画する企業となって最も地球化に貢献することを目指すゲームです。


 ゲームは全員が共通して開発していく火星表面をヘックスで区切った火星ボードと、自分の企業の資金(クレジット)や生産力などを表すプレイヤーボード、イベントや施設などのプロジェクトカードの大きく3種類のコンポーネントがあり、プレイヤーボード上の各資源や資金、生産力でプロジェクトカードを入手、プレイして、火星の開拓を行うというゲームの流れになります。


 酸素濃度、気温、海洋面積(水タイル)の3つのグローバルポイントがあり、基本的にはこれを上昇させることでTR(地球化レート)が得られて、最終的にこの3つが最大値になった時にゲームが終了してボーナスを含めて最も高いTRを得ているプレイヤーの勝利となります。


 一つのラウンドは4枚のプロジェクトカードを引いてうち欲しいものを3MCで買って、7種類のアクションから人手番2アクションまで行って全員がパスするまで繰り返し、残った電力を熱に変換して、生産力でクレジットや資源を産出するという流れになります。


 アクションの例としては手札のプロジェクトカードをコストを支払ってプレイして様々な効果を得たり、持続効果を使ったり、標準プロジェクトを実行したりなどになります。重要なのはグローバルポイントを上げることですが、自身の生産力を上げたり他の企業を邪魔したりとやれることは様々です。


 非常に多様なプロジェクトカードが有り初プレイだとどうしたらいいのかわからなくなることもありますが、酸素濃度と気温と海洋面積を増やすということが得点(地球化レート)に直結しているので、今できる最大得点行動にならってプロジェクトを進めていくことが得点を伸ばす秘訣なのは他のゲームとも変わらないと思います。


 とっつきにくさを超えた先には火星を開拓するロマンを感じられる良作ゲームだと思います。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
一斗さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 290興味あり
  • 510経験あり
  • 240お気に入り
  • 368持ってる

一斗さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク