マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 2014年~

宝石の煌きAnnoさんのレビュー

541
名に参考にされています
2017年04月02日 17時50分

宝石トークンを得て宝石カードを獲得し、次は宝石カードも駆使してさらにハイレベルのカードを獲得します。貴族カードに書かれているカードの種類と枚数が合えば(赤4枚、白4枚など)貴族カードがやってきて威信点になります。プレイヤーの誰かが15点獲得し、手番が一回りすればゲーム終了です。

自分の手番でできることは3種類です。このうちの一つを行います。

1.宝石トークンを3種類1枚ずつか同じ種類2枚を得る。ただし、同じ種類2枚を得ることができるのは、その宝石トークンが4枚以上残っている場合のみ。

2.手元の宝石トークンや宝石カードを使って、場に出ている宝石カードを買う。

3.場に出ているカードを手札にして黄金トークンを得る。手札は3枚までで、後で必ず購入しなければならない。

まず、夫婦で対戦しているところを子どもたちに見せ、一緒にどのカードが買えるか考えさせました。そうすると、どうすればカードを獲得できるのかルールを理解できたようです。6歳の子どもでも、どのカードが買えるかなどをアドバイスしてあげれば一緒に遊べました。手元のトークンとカードでどの宝石カードを買えるか、簡単な足し算、引き算、両替の勉強にもなりそうです。

カードの絵もきれいですし、ルールも少ないので、また子どもたちと遊ぼうと思いました。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Annoさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 299興味あり
  • 1187経験あり
  • 543お気に入り
  • 859持ってる
プレイ感の評価
運・確率18
戦略・判断力60
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ5
攻防・戦闘0
アート・外見29
作品データ
タイトル宝石の煌き
原題・英題表記Splendor
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2014年~
参考価格5,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Annoさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク