老師敬服Rohshi Keifuku

ここで奥義を伝授なさるとは!流石は高名な老師、敬服させて頂きます

「老師敬服」は、たくさんの弟子たちに武術を教える老師たちが、他の流派の人たちからも敬服されつつ、一番を目指すというタイルを使ったゲームです。

各プレイヤーはゲーム開始時には3人の弟子を持つ武術の先生です。
手番には、手持ちのタイルを弟子たちと組み合わせて行動させる事で「お金」と「酒」ふたつの資産を増やしていきます。
それらを使って、新たに弟子を増やしたり、奥義を習得(行動タイルが増える)したり、弟子を鍛錬(能力上昇+勝利点獲得)したりしていく拡大再生産なシステムのゲームとなっています。

加えてこの作品のタイトルにもある「敬服」というのがとても重要です。
他の人がした行動を「敬服」すると、便乗して自分もその効果・恩恵を受ける事ができちゃうのです。
敬服チップを意図的に増やして、他人の手番に敬服して便乗していく事で有利に資産を運用していく事が大切ですが、敬服された老師には勝利点が入る為、誰のどの行動に対していつ敬服するのが有効なのか?というのが悩みどころです。

全5ラウンドでの総得点で決着がつくので酷く長考しない限り1時間以内には終わり、他人への直接攻撃などがなくむしろ「敬服」してしまうくらい平和なゲームなので、気軽に遊べる点もおススメです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 夏木なつき夏木なつき
マイボードゲーム登録者
  • 13興味あり
  • 57経験あり
  • 12お気に入り
  • 37持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトル老師敬服
原題・英題表記Rohshi Keifuku
参加人数3人~5人(45分~60分)
対象年齢12歳から
発売時期2016年~
参考価格3,500円
クレジット
ゲームデザイン矢沢 賢太郎(Kentaro Yazawa)
アートワーク山内 貴司(Takashi Yamauchi)
関連企業/団体ホイゲームズ(HOY GAMES)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 100
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月10日 14時15分

    道場の老師となって弟子を勧誘し、勧誘した弟子を育てたり、奥義を習得したりして勝利点を競うゲーム。初期弟子カードに、初期アクションタイルをそれぞれ裏向きでプロットし、手番が来たらアクションタイルを左から一つ公開して効果を得る。効果には、リソース(お金、酒、敬服チップ)を獲得したり、リソースを変換したり、新たなアクションタイルを獲得したり、新たな弟子を勧誘したり、がある。リソースをうまく変換して獲得した新たなアクションタイルや弟子で、さらに沢山のリソースが得ていく拡大再生産ゲーム。特徴は、『敬服システム』。他のプレイヤーが実行したアクションタイルの効果を、敬服チップ(勝利点になる)を渡すこと...

    sugar_ray1956さんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿