マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1986年~

リターン・トゥ・ヨーロッパ境界線さんのレビュー

38
名に参考にされています
2020年07月07日 19時08分

「リターン・トゥ・ヨーロッパ」は「レッドサン・ブラッククロス」の続編なのです。

ストーリーは、1950年ヒトラー死亡に伴い、第三次世界大戦が停戦。ロンメル大統領による

大ドイツ連邦が成立。それに呼応するように、亡命イギリス政権首相チャーチルが、

中立国アメリカにヨーロッパ奪還計画を提案。その後パットンがアメリカ大統領になり、

ドイツに強硬な態度を取っていましたが、イラン周辺の紛争から第四次世界大戦が開始。

米英軍のヨーロッパ上陸を経て、イギリス本土、フランスの大半を奪還した後、

核兵器の使用が発生し、被害の大きさのあまり停戦に至ると言うものです。

 続編、とは言うものの、マップこそ同スケールの1ヘクス/100kmですが、1ターンも前作より

5日長い15日。補給ルールも随分優しくなっていて、移動の際の戦力減退とかはなくなりました。

補給システムも補給拠点から補給範囲内に存在するかだけで、前作の拠点からの距離による

補給能力の違いなども無いです。

ストーリー的には続編でしたが、システム的にはちょっと違います。

とりあえず、前作の電撃的な機甲部隊の攻撃等は鳴りを潜めました。

戦力的には、大体イーブンな感じなので、中盤から膠着して、いわゆる、

マーケットガーデン的な作戦を行うしか、大きく戦線移動させる方法がなくなるのですが、

第二次大戦の教訓どおりになるのが明白で、なかなか睨めっこから脱却できない、

なんか現実的なゲームです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
境界線さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 2経験あり
  • 1お気に入り
  • 2持ってる
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルリターン・トゥ・ヨーロッパ
原題・英題表記Return to Europe
参加人数人数未登録(時間未登録)
対象年齢未登録
発売時期1986年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン佐藤 ダイスケ(Daisuke Sato)
アートワーク未登録
関連企業/団体アドテクノス(AD TECHNOS)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

境界線さんの投稿

会員の新しい投稿