マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 60分~90分
  • 10歳~
  • 2017年~

プラネトリコ夏木なつきさんのレビュー

289名 が参考
1名 がナイス
約4年前

惑星に人を探索に向かわせると、毎ターン各惑星から1人アイテムを拾って帰って来てくれます。これを繰り返して3種類の資源とお金を貯めて、新しい惑星を発見(惑星カードの購入)したり、ガジェットという特殊効果を持つ装置を開発したりして、ひたすらに勝利点を稼いでいくワーカープレイスメントなゲームです。

ダイスとか一切使わなくて、複数人で遊ぶけれど選べる行動にも特に制限はありません。

ただし惑星カードの購入やガジェットだけは早い者勝ち。ガジェットには同じカードが2枚あるけれど、青色のガジェット2種の効果が異常に他者と差をつける程のバランスなのでコレを運よく先に手にした人が圧倒的に有利になりがち。そして半分くらいのガジェットは、その青色よりも入手し難いわりに効果が微妙なので、バランスは悪いのカモしれません。せめて効果の弱いガジェットの勝利点が高ければまだ選択の余地はあるような…。

最初から全てのガジェットが全員に見えていて効果も確認でき、どれから開発してもOKなので、次回遊ぶときはアレを使ってみたいな、今度はソレと組み合わせたら効率よく点を稼げそうだな、という感じで「もう一度やったらもっと上手くできそう」と誰もが思える感じは凄く良い印象でした。

人コマがとても小さくて黒いので惑星カード上に配置したときの視認性の問題とか、外箱だけでは一体どんなゲームなのか全くワカラナイとか、その辺はゲームマーケット作品という事でバランス調整や追加カードも含めた今後に期待したいところです。

内容物:カード63mm×88mmが78枚、資源とコインと名声点のチップたくさん、ワーカー駒80個

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
タカオ/タカあゆゲームチャンネル
仙人
夏木なつき
夏木なつき
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 36興味あり
  • 106経験あり
  • 28お気に入り
  • 49持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルプラネトリコ
原題・英題表記Planetarica
参加人数3人~5人(60分~90分)
対象年齢10歳から
発売時期2017年~
参考価格3,000円
クレジット
ゲームデザインりかち(Rikachi)
アートワークモリ(mor!)
関連企業/団体四等星(Yontosei)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

夏木なつきさんの投稿

会員の新しい投稿