マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~4人
  • 60分~90分
  • 12歳~
  • 2019年~

幻影探偵団:新装改訂版鳴屋さんのレビュー

137名
2名
0
5ヶ月前

率直に遊んだ感想を言う!

推理パズルのゲーム。 本作のシステムは、裏向きに抜き取られたカードを、それ以外のカードから導き出すというもの。推理モノでは良くある仕組みですが、本作は独自色があり、比較的難易度が高い作品となってます🤔

容疑者カードから1枚抜き取り犯人とします。それ以外を各プレイヤーに配り、それらに団長、団員1、団員2の役割を振ります(3人プレイだと団員3も)

犯人を見つけるのはモチロンだが、ライバルのメンバー全員を特定する必要がある。それも「δさんの団長は〇〇、団員1は△△…」のようにピンポイントで❗😳


ゲームの進行はターン制です。手番では3つから行動を選択します。
○尋問;時間1。マップ上にいる容疑者のうち、線で区切った範囲に指定した人物がいるか?いないか?を尋ねる。
○手札を使う;時間0〜2(カードによる)。カードの効果を解決する。尋問以外のトリッキーな質問ができるほか、自分にのみ回答をもらう秘密の質問もある。手番パスやライバルからの質問回避カードも!
○真相解明;ゲームが終了します。

ここで言う時間とは、アクションをする度に進む時間の量を示している。ゲーム自体にタイムリミットがあるだけではなく、5時間毎に入手できる宝石なる特典を誰が入手するかにも関わってくる(笑)。


まず尋問だが、舞台となる館のマップがあり、容疑者全員がそこに点在している。マップに一線を引き、その中に該当する人物がいるかどうかを質問するわけだが、質問の仕方は「ζさんの団員2はこの中にいますか?」という具合である。
非常にピンポイントであるため、例えばメンバーはいるが団員2ではない場合はNOと答えるので、なかなか情報が集まらない😅 これを打開するために手札カードの使用があるわけですな😁

次は宝石。これは時間を5に進めたプレイヤーが手に入れる。時計はこれで一周するため毎回5時に進めたプレイヤーに渡されるのだが、嬉しいことにこの宝石はゲーム終了時に1点の価値になる😈…しかし、集めすぎてはいけない🙅
宝石が2つ貯まると、団員1か2のどちらかが殺害(公開)される😨4つ貯まれば団長が殺害(公開)される😱そして5つ貯まると宝石得点が0点になる😇
ただし、宝石を一定数持っていないと使えないカードがあるため、1点の他にもご利益はあるわけです。


これを繰り返して、タイムアップを迎えるか、その前に誰かが真相解明宣言をしたらゲーム終了となります。 いずれの場合も、全プレイヤーは一旦解答します。途中であっても取り敢えず…ね😅
解答するのは、犯人と全ライバルそれぞれのメンバー全員です。 答案が出揃ったら答え合わせをし、点数をつけます。
犯人⇒4点、団長⇒各2点、団員⇒各1点。これに宝石やら特殊ボーナスが加減点され、総合点が最も高いプレイヤーの優勝です🎊 逆に言えば、全部を当てる必要は無いということ。要は点数が高ければOK。

一見シンプルに見える本作ですが、”影男”というスパイスがあります。
いずれかの団長に紛れており、容疑者の誰かに変装してます。通常ではいかなる質問も正直に答えなければいけませんが、影男(の団長)に対する質問は、そもそもマップ上にいないので、好きなように答えて良いことになります😁 その代わり、影男を団長に据えるプレイヤーは情報が1つ分足りない状態でスタートしてますので少し不利ですが、場を乱す快感を独占することができます(笑)

大抵の推理ゲームは、誰かが分かったらお終いなのに対し、本作では取り敢えず答えを出す事ができる。加えて、部分点も貰えるのでクリアできなかった時の失望感は殆ど無いという良いデザインになっている。しかし、各自が持つ情報(メンバー)が役割で区切られているため、当てる難易度は高い。ゲーム慣れしていない場合は、団員を区別しないで「団長と団員たち」にしたら良いと思う🤔

オススメは…どっちでも良いか😁 拡張だったか?特典だったか?で、容疑者各人に特殊能力を付ける遊び方もあります。 これは未プレイですが、ゲーム性が増すようですね!


まとめると…

Good👍
兎にも角にも、ゲーム終了時の処理が素晴らしい❗解答を先に越されてしまうと、やるせない気持ちになる事が多い推理モノだが、本作は自分なりの答案を採点してくれるのだ。まぁ先に越されると十分な解答はできないけど、それでも今までの頑張りが点数という形で報われるのは非常に良き😁 部分点で勝てる場合もあるから、勝敗が最後までわかない所もイイね!!
目隠しにもなるファインダーや、使いやすい専用メモ用紙など、コンポーネントも良くできている…チップを除いてな😅
影男の存在、マップ上の容疑者の配置、手札のカード、追加ルール。リプレイ性が高めのデザインなので、持っていて満足な推理パズルゲームでした。

Bad👎
1人を集中して宝石ハメする事が可能。前述した通り、宝石を多く集めると大変な事になる。3人プレイでは回避できるかもしれないが、4人プレイだと他3人に共謀されると毎回宝石を受け取る事になる。4周もすればメンバー3人中2人が公開されてしまうわけだ🤮
カード効果の文章が簡潔過ぎて、若干分かり辛いものがある。説明書にも使い方の補足が無いため、解釈に困った。
あと、チップ類は両面印刷だとセットアップが楽になったかな…

この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
gongon
HappyGames_RYO
鳴屋
鳴屋
シェアする
  • 98興味あり
  • 93経験あり
  • 32お気に入り
  • 88持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

鳴屋さんの投稿

会員の新しい投稿