マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 10分~15分
  • 8歳~
  • 2019年~

ニックネームMasayuki Kunimitsuさんのレビュー

396名
3名
2年以上前

ドイツの一般的なカードゲームの「カルテット」をベースにして、遊びやすくしたカードゲーム。

ベースのルールは全く「カルテット」と同じ。1グループに4枚のカードをがありますので、その同一グループの4枚のカードを集めていき、集めたグループの総数が多いプレイヤーが勝利。

ドイツのカルテットでは同一グループのカードがa1、a2・・・などと数値化されており味気ないものですが、このニックネームではキャラクターの持ち物に変更されており非常にわかりやすくなっています。

カードが欲しいときに持ち物を指定して、そのカードを持っていそうなプレイヤーを指定するのですが、「プレイヤーの名前」+「そのキャラっぽい役職」で呼びかけをしなければならないのがミソ。

例えば、山本さんに社長の持ち物である高級外車を持っていないか尋ねるときは、「山本社長、高級外車を持っていませんか?」と尋ねることになります。

その役職による呼びかけが思いのほか楽しく、気が付けば「なりきりごっこ」始まります。

ゲーム会では初対面の方がおられるときは、自己紹介を兼ねたスターターとして使いやすく、気心の知れたプレイヤーでのプレイでは「なりきりごっこ」が加速されて、笑顔があふれるテーブルとなるでしょう。

実際のゲームはゴリゴリの記憶ゲームですので、真剣に考えないと勝利はおぼつかないゲームですが、そんなことはどうでもよくなる楽しいゲームです。

この投稿に3名がナイス!しました
ナイス!
KIMKUN
のんはるパパ
みなと minato@麻雀,ボドゲ,音楽
大賢者
Masayuki Kunimitsu
Masayuki Kunimitsu
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 61興味あり
  • 218経験あり
  • 42お気に入り
  • 170持ってる

Masayuki Kunimitsuさんの投稿

会員の新しい投稿