マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 4人~6人
  • 60分前後
  • 10歳~
  • 1999年~

知略悪略アカツキさんのレビュー

230名 が参考
0名 がナイス
2年以上前

メイフォローのトリックテイキングゲームでスートは4スートからなります。

このゲームの特徴として点数計算の方法が独特です。

1スートオンリーの場合は0点 

2スートの場合はそれぞれのスートの取った枚数の掛け算 (3x4=12)など

3スート目からは多い2スートの掛け算をしたのち、少ないスートの枚数で割る・・・という方法になっています

なのでベストなのは2スートのみを集めてラウンドを終えることなのですがこれがそんなにうまくいきません。

このゲームではカードを獲得するのは

  • リードスートで1番大きな数字を出したプレイヤー(親分)
  • リードスート以外の色で1番小さな数字を出したプレイヤー(子分)

の2名です。そしてカードの配当権利は親分にあるため、子分のプレイヤーは親分の獲得しなかったカードが渡されるので、何が渡されるかわからないかつ次のトリックのスタートプレイヤーとなるため、常にここで勝つべきか・・・?という思考が大切になります。

更にゲームルールとして、3スートが場に出た場合、残りの1スートはプレイすることができません。もしカードをプレイできなくなったプレイヤーがいた場合、ラウンドはそこで終了します。

しかも、このゲームでは4スートを集めてしまった場合、その場でどの2スートを得点源にして、どの2スートを使わないスートにするのかも宣言しなければならないのです。悩ましい。


そんなこんなでプレイ中は終始ここを勝っていいのか・・・?という思考が働きとても悩ましいゲームになっています。トリテになれてきて、悩ましさを感じたい方にはオススメのゲームだと思います。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
国王
アカツキ
アカツキ
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 90興味あり
  • 469経験あり
  • 97お気に入り
  • 241持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力10
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトル知略悪略
原題・英題表記Mit List und Tücke
参加人数4人~6人(60分前後)
対象年齢10歳から
発売時期1999年~
参考価格2,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

アカツキさんの投稿

会員の新しい投稿