マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 1996年~

ダブルアカツキさんのレビュー

49
名に参考にされています
2020年01月12日 23時19分

マストフォロー・切り札有りのトリックテイキングゲームです。

マストフォローはスタートプレイヤーが出したカードのマークを持っているとそれを必ずださなきゃいけないというトリテ特有のルールですね。

ゲームの目標は各ラウンドの初めに自分はこの手札で何回勝てるのか?を予想し、チップをかけます。

予想が当たると成功ボーナスの5点+取れると予想したトリック(勝ち数)の分がもらえます。

外してしまうと、かけたチップが没収されてしまいます。

この流れを10ラウンド行い、一番点数の高いプレイヤーの勝利です

さて、このゲームのカード構成は普通のトランプと同じマークが1~13までと、一番強い道化師、二番目に強いローマ教皇からの54枚のデッキからなります。なんといっても特徴は

一枚のカードに2つのマークが書かれている。 これに尽きます。

「ハートの2とダイヤのジャック」とか

そのため自分の手札で、一番強い道化師を出そう!と思っていても、スタートのプレイヤーが道化師とくっついているマークのカードを出してくるとマストフォローのルールによってそちら側で出さなければならない場合があって、結果自分の予想していた側ではだせず、思うようにならないときがあります。

しかしこの時のあぁ~~~!くそ!などの感じがこのゲームの醍醐味の1つでしょう。

盛り上がりながら、かつ手札に翻弄されながら適度に考え悩みつつプレイすることのできる素晴らしいゲームだと思います

注意することとしては、トランプがドイツ仕様になっていて我々で言う

JはBに QはD という表記になっています。そこの説明は必要でしょうね「KとAはそのままです」

あと通常ルールでは、手札の枚数は

1,2,3,4,5,5,4,3,2,1 という配り方になっていて、中盤が一番大切というちょっと変な感じになってます。そのためあまりに差がつくと最後の方での逆転が厳しくなるので

1,2,3,4,5,1,2,3,4,5 という順番で自分は遊んでいます。

1枚のカードにある2枚の手札に翻弄されながら行うゲームのため、予想がうまくいったときは本当に嬉しいです

一番の問題は絶版になっているのでなかなか手に入る機会や遊ぶ機会が無いところですが...

このゲームでしか体験できない感覚あるので機会があれば是非トリテが好きな方には遊んでもらいたい1作です!

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
アカツキさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 0興味あり
  • 5経験あり
  • 0お気に入り
  • 4持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルダブル
原題・英題表記Double
参加人数2人~6人(30分前後)
対象年齢10歳から
発売時期1996年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインウォルター・ジョンソン(Walter Johnson)
アートワーク未登録
関連企業/団体F.X. シュミット(F.X. Schmid)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

アカツキさんの投稿

会員の新しい投稿