マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 30分前後
  • 9歳~
  • 2010年~

インシディアス 7アカツキさんのレビュー

85
名に参考にされています
2019年05月23日 19時49分

このゲームはマストフォロー、5スート、切り札有り、カード幅は0~7の各八枚です。

トリック数は毎ラウンド固定で7トリック行います。

このゲームの特徴として予想は手札のカードで行う、フォローは数字かスートで行うということが特徴です

もし同じ数字が出た場合は、色ごとに強さが決まっていて、そちらで勝敗が決まります

なので手札に予想したい数字がない場合は他の選択をするしかありません

ここがこのゲームの醍醐味で、2があればうまくいきそうなのに、、、!という場面で2がないときじゃあどうするか・・・と悩みながらプレイすることになります

更にカードも配りきりではなく、あまりがでるので、実力差はそんなにでないんではないかという気がします

ここまで聞くと思うようにコントロールできないのでは、と思うかと思います(現に自分もそう思っていました)

ところが実際にプレイした感想としては、結構自由にコントロールができます。そのため予想したい数字がないからどうしようもない、、、という事はそんなに起こりにくいと体感では思いました

さらにオプションルールで全員のビッドを足して7になると、その予想は流れてもう1度手札からカードを使って予想を行うというルールがあります。

これを採用すると7でかぶったときにここでうまくいけばよかったのに!!!となり、更に展開は複雑になります。

個人的には採用した方が楽しくなると思うのでオススメです。

注意としては各ラウンドごとに手札を隣に渡す場合があるのですが、それがラウンドごとに向きも枚数も変わるのでそこで少し混乱が起きやすいことでしょうか

全プレイヤーで声をかけながらやればそこまで間違えたりもないと思うので、たいした問題ではないのですが。

トリックテイキングゲームでもマストフォローやビッドに捻りが加わっていて、個人的にとてもオススメのゲームです。なかなか入手しづらくなっていますが、機会があれば是非プレイしてみてください!

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
アカツキさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 4興味あり
  • 30経験あり
  • 2お気に入り
  • 19持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力4
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルインシディアス 7
原題・英題表記Insidious Sevens
参加人数2人~5人(30分前後)
対象年齢9歳から
発売時期2010年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク