マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 2019年~

マンダラlightさんのレビュー

114
名に参考にされています
2020年09月24日 03時08分

2人用の中であまり注目されていないように思いますが、私はバトルラインに並ぶくらいの悩ましくも運もある傑作だと思っています。(2人用ゲームの賞 Du Ali 大賞受賞)



初めてプレイした時は非常に独特なプレイ感だと感じました。

しかし、何回かプレイしているといくつもの駆け引きが混在していることに気づきます。


・ゲームの最初にあらかじめ最終的に得点となるカードを2枚受け取ります。このカードの得点を出来るだけ高くするようにプレイしたいがために、ここで相手の思惑が読めてきて相手が有利にならないようにしなければならない。


・2つの場があるためどちらの場のことも考えながら、プレイしないといけない。


・終了条件が2つあり、山札がなくなるか、自分が全ての色のカードを獲得するか。

この後者の条件で終わる時は非常に短時間で終わり、後者が満たされなければ山札がなくなるまで続くので長いゲームになる。この終了条件が特殊で、20点ほどで勝つ時もあれば、60点で負ける時もあります。短時間で終わらせにいくのか、自分が勝てる算段がつくまで長引かせるのかという駆け引きもあります。


また、カードは山札から引くので、そこの部分で運が混ざっており、リプレイ性が上がっているように思います。手札の引き以外はあまり運がない戦略系なので、バトルラインを少しアブストラクトに寄せた感じかなと思います。


このような痺れる駆け引きをシンプルにまとめ上げたトレバーベンジャミンには脱帽です。


ちなみに、このゲームはボードではなく布のプレイマットです。このアートが綺麗でとても気に入っています。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 藤森 あつし
lightさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 41興味あり
  • 90経験あり
  • 23お気に入り
  • 76持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルマンダラ
原題・英題表記Mandala
参加人数2人用(30分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

lightさんの投稿

会員の新しい投稿