マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2021年~

ジキルvsハイドlightさんのレビュー

301名
1名
0
3年弱前

2人用トリックテイキング

トリックテイキングが好きな方、2人でボードゲームをすることが多い方は是非遊んで頂きたい作品です。

3スートマストフォロー切り札ありが基本的なルールですが、非対称のゲームとなっています。

10トリック中、均等に勝ちたいジキル側と大勝ちor大負けしたいハイド側に分かれて3ラウンド行います。

点数は取ったトリックの差分になり、3ラウンドの中で、ハイドは10点取れば勝ち、ジキルは10点未満に抑えれば勝ちになります。


このゲームの特徴的なところについて

ラウンドのはじめに1ラウンド目は1枚、2ラウンド目は2枚、3ラウンド目は3枚を交換します。ここで相手の思惑を予想して手札を切っていかなくてはなりません。

切り札は、場に出た色から順番に強くなるよう固定されます。

またこのゲームにおいて最重要なものが、秘薬です。1〜7までのカード以外に秘薬という特殊なカードがあり、2枚のカード交換や切り札の強さリセット、相手のトリックを奪うものがあります。これがスパイスとなり番狂わせが起きます。


トリックテイキングの醍醐味である、場をコントロールしたいが、簡単にはそうさせてくれないという駆け引きが2人用でありながら非常に上手く作られています。

しかし、少しハイド側がプレイしやすいように思うので、交代してどちらの陣営もプレイして、得失点差で勝敗を決めるのがおすすめです。


2人用トリックテイキングは、the fox in the forestをプレイしたことがありアートワークが綺麗で良い作品なのですが、個人的にはジキルvsハイドを推します。テーマは暗いかもしれませんが、小さな得点トラックのボードがあったり、マーカーが重厚感あるつくりであったりとよくできていると思います。

頭を悩ます場面が度々ある割に、30分以内で終わるのでとても気に入っています。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
Strategy Lover
大賢者
light
light
シェアする
  • 117興味あり
  • 480経験あり
  • 87お気に入り
  • 276持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

lightさんの投稿

会員の新しい投稿