マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 1999年~

ロストシティEGG代表 田中紅白さんのレビュー

169
名に参考にされています
2018年06月21日 18時35分

ロストシティ

★★★★☆


クニツィア(有名なボードゲーム作家)の大名作の一つ。シンプルなルールに奥深い戦略の2人用対戦ゲーム。


ルールは簡単。

カードに勝ち点が書かれており、それをたくさん稼いだ人の勝ち


カードには場所ごとに5色の色があり、自分の色ごとの場所にカードを置いていきます。

カードの置き方は、賭けカード⇒昇順で数字(2⇒3⇒4・・・)でしか置けません。数字は各色2~10まで1枚ずつ。


自分の番でカードを1枚、場に出すか色ごとに捨てる。次に山札か捨て札の1番上からカードを引く。

これを繰り返し山札がなくなったら終了。得点計算して高い方が勝ち。


この得点計算の仕方が戦略を決める大事なポイント。

まずカードを置いた色の場所が得点計算される。置かれていなければ0点。

1枚でも置かれていると、カードの数字の合計にマイナス20点された数。

例①7,8,9,10が置かれたとき⇒7+8+9+10-20=14点

例②2,3,4が置かれたとき⇒2+3+4-20=-11点

さらに賭けカード1枚で2倍、2枚で3倍、4枚で4倍になります。

例①でさらに賭けカードが1枚⇒14×2=28点

例②でさらに賭けカードが3枚⇒-11×4=-44点


このため、カードを色々な色に置くとマイナスが増える可能性がある。

賭けカードは強いがリスクもその分上がる。

いらないから捨てると相手に拾われる(そのため手札に貯めるので動きが鈍くなる)

後で置こうとカードを取っておいても出す前に山札が尽きる可能性がある。


このジレンマがうまく表現されています。うちのボードゲーム会でも定期的にまたやりたいと評判の良いゲーム。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
EGG代表 田中紅白さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 84興味あり
  • 428経験あり
  • 102お気に入り
  • 248持ってる
プレイ感の評価
運・確率8
戦略・判断力10
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルロストシティ
原題・英題表記Lost Cities
参加人数2人用(30分前後)
対象年齢10歳から
発売時期1999年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク