マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ロンドン(第二版)London (second edition)

  • ロンドン(第二版)の画像
  • ロンドン(第二版)の画像
  • ロンドン(第二版)の画像
  • ロンドン(第二版)の画像
  • ロンドン(第二版)の画像

大火に見舞われたロンドンを復興しよう!ただし蔓延する貧困にご注意を。

1666年、ロンドンを襲った大火災。
灰と化したロンドンを新たな都市として復興するためプレイヤー達は立ち上がります。様々な建物が建ち急速にかつて以上の輝きを取り戻す街。
しかし気をつけて下さい。光があれば影が生まれるもの。復興の事業を立ち上げれば立ち上げるほど影のように貧困が蔓延していきます。
貴方は忍び寄る貧困を十分にコントロールし,ライバルよりも偉大な都市を復興する事が出来るでしょうか?

本作は「ブラス」「蒸気の時代」「ストラグルオブエンパイア」「数エーカーの雪」などで有名なマーティン・ワレスの中量級ボードゲームです。

ゲームの主な展開はカードによって進められます。プレイヤーは開発を行う事で手元に豪華な建物を建て、人々の住処を作り、事業に乗り出します。またロンドン内に20ある自治区の土地を購入していきます。
開発で建てた建物や人々の暮らし,そして買い占めた土地はプレイヤーが「運営」に乗り出す事で効果を発揮し,あるものは富を,あるものは名声を生み出してくれるでしょう。
しかし同時に,同時並行して進む開発の数が多ければ多いほど貧困は生み出されていきます。更にはいまだ実行もされていない、あなたの手元の開発計画すらも貧困を呼び寄せてしまいます。
最後の勝者を決める時、もしあなたがそれまでにあまりにも多くの貧困を生み出してしまっていたら。せっかく街の再建で得た名声も地に落ちてしまうかもしれません。

貴方は他のプレイヤーに負けないよう,ある時は大胆に。しかしある時は慎重に。貧困を十分にコントロールしながらロンドンの再建を進めていかなければならないのです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 18toya18toya
マイボードゲーム登録者
  • 125興味あり
  • 298経験あり
  • 68お気に入り
  • 251持ってる
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力14
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見12
作品データ
タイトルロンドン(第二版)
原題・英題表記London (second edition)
参加人数2人~4人(60分~90分)
対象年齢14歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインマーティン・ワレス(Martin Wallace)
アートワーク未登録
関連企業/団体オスプレイゲームズ(Osprey Games)
拡張/関連元ロンドン(London)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 5件

233名が参考
(2021年08月04日 21時31分)
★★Nice!プレイの仕方はイノベーションとよく似ていますが、ロンドンは流れも軽快でカードの効果も覚えやすく、とても楽しくプレイできました!お金、名声点、貧困トークンの3要素しかありませんし、できるアクションも4つしかないにも関わらず、選択の幅が広く、考えられることが多いで...
続きを読む(大吉さんさんの「ロンドン(第二版)」のレビュー)
大吉さん
大吉さん
594名が参考
(2021年06月07日 22時05分)
そこそこ言語依存のあるワレスの中量級。2021年6月に日本語版が発売となる。例にもれず既に有志の方の和訳セットはあるのであるが、カードゲームなのでリーズナブルな価格設定となっているのはありがたい。システムはそのままハンドマネージメント/タブロービルドの経済ゲームである。プレ...
続きを読む(maroさんの「ロンドン(第二版)」のレビュー)
maro
maro
845名が参考
(2019年01月27日 21時48分)
ゲーム名称:London(secondedition)2017年→BGG7.7デザイナー:マーティン・ワレス(MartinWallace)推しポイント:ハンドマネジメントと、貧困という要素ロンドンの新版です。ボードが無くなったようですが、要素はそこまで変わらない?らしいです...
続きを読む(ひめくりさんの「ロンドン(第二版)」のレビュー)
仙人
ひめくり
ひめくり
938名が参考
(2018年03月24日 07時51分)
さすが、重鎮ワレス。決して重すぎる訳ではないが、何をするにも苦しいゲーム。お約束の借金もオカワリ自由。プレイヤーは「俺ら金持ち、大火事のロンドンの街を復興したる。どうせなら貧乏人は排除したいよね…」ってイメージ。手番でまず、山札か捨札から1枚ドロー。その後、1)手札からカー...
続きを読む(kaya-hatさんの「ロンドン(第二版)」のレビュー)
仙人
kaya-hat
kaya-hat
950名が参考
(2017年10月31日 21時49分)
前の版よりロンドンシティーのボードがなくなり、カードだけになってます。その分すっきりしてプレイ感は向上いますが、街区(テムズ川の北か南か、テムズ河沿いかどうでないか)で得点が出るカードはちょっとわかりにくくなっています。
続きを読む(異人館さんの「ロンドン(第二版)」のレビュー)
仙人
異人館
異人館

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿