マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ロンドン(第二版)London (second edition)

前の版よりロンドンシティーのボードがなくなり、

カードだけになってます。

その分すっきりしてプレイ感は向上いますが、

街区(テムズ川の北か南か、テムズ河沿いかどうでないか)

で得点が出るカードはちょっとわかりにくくなっています。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:異人館
マイボードゲーム登録者
  • 29興味あり
  • 45経験あり
  • 15お気に入り
  • 34持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見4
作品データ
タイトルロンドン(第二版)
原題・英題表記London (second edition)
参加人数2人~4人(60分~90分)
対象年齢14歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインマーティン・ワレス(Martin Wallace)
アートワーク未登録
関連企業/団体オスプレイゲームズ(Osprey Games)
拡張/関連元ロンドン(London)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 210
    名に参考にされています
    投稿日:2018年03月24日 07時51分

    さすが、重鎮ワレス。決して重すぎる訳ではないが、何をするにも苦しいゲーム。お約束の借金もオカワリ自由。プレイヤーは「俺ら金持ち、大火事のロンドンの街を復興したる。どうせなら貧乏人は排除したいよね…」ってイメージ。手番でまず、山札か捨札から1枚ドロー。その後、1)手札からカードを建設する。建設(自分の場に出す)するには、同じ色のカードを同数捨てる+カードに書かれたコストを払う。2)カードを稼働させる。上記の建設したカードを稼働させる。お金だったり勝利点だったり貰えるけど、稼働したカード+手札枚数分(若干意味合い違うけど割愛)、貧困キューブが降りかかります。3)場所カードを買う。お金を払って...

    kaya-hatさんのレビューを読む
  • 464
    名に参考にされています
    投稿日:2017年10月31日 21時49分

    前の版よりロンドンシティーのボードがなくなり、カードだけになってます。その分すっきりしてプレイ感は向上いますが、街区(テムズ川の北か南か、テムズ河沿いかどうでないか)で得点が出るカードはちょっとわかりにくくなっています。

    異人館さんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク