マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 15分~25分
  • 8歳~
  • 2017年~

ごきぶりデュエルNobuaki Katouさんのレビュー

255
名に参考にされています
2018年08月15日 01時18分

 小4の息子と、2人でプレイした感想です。

 ごきぶりポーカーをデザインした、ジャック・ゼメによる2人専用の心理戦(?)ゲームです。

 目的は、縦7×横4マスのボードの真ん中に横一列に置かれた4枚のごきぶりタイルのうち、1枚でもプレイヤー側の一番手前に、いち早く連れて行ったプレイヤーの勝利となります。

 各プレイヤーは、自分のターンにだまし屋となり、○を意味する緑色3枚と✖️と書かれた赤色1枚、計4枚のタイルの配置を行います。

 タイルを配置する際は、状況を考慮し、相手プレイヤーの思考を読んで置く必要があります。

 タイルを置いた後は、相手プレイヤーが予想屋となり、だまし屋がどこに何を置いたか予想してタイルをめくり、緑色のタイルならごきぶりタイルを予想屋の方に一歩進めることができますが、赤色のタイルならごきぶりタイルを進めることはできません。

 なお、赤色のタイルをめくった場合に、まだめくっていない緑色のタイルがあったら、そのタイルは相手プレイヤー側に一歩進みます。

 それを交互に繰り返して、自分の一番手前にごきぶりタイルをいち早く連れて行ったプレイヤーの勝利となる訳です。

 小4の息子とプレイした感想は、息子に2敗して私は悔しかったのですが、息子からは勝ってもあまり嬉しくないと言われました。

 どうしてと聞いたら、息子からはごきぶりが自分の近くに来るのはちょっと…、と軽い嫌悪感を匂わされました。

 元々、息子からはガイスターをプレイしたい、と言われた代わりにこのゲームを出したせいなのか、ちょっとテーマが合わなかったかもしれません。

 自分としたら、負けたのも悔しいのですが、相手を変えてまだまだプレイしてみたいと思います。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Nobuaki Katouさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 49興味あり
  • 290経験あり
  • 25お気に入り
  • 111持ってる
テーマ/フレーバー
メカニクス
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ9
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルごきぶりデュエル
原題・英題表記Kakerlaken-Duell
参加人数2人用(15分~25分)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Nobuaki Katouさんの投稿

会員の新しい投稿