マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ごきぶりデュエル
  • ごきぶりデュエル当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2人用
  • 15~25分
  • 8歳~
  • 2017年~

ごきぶりデュエル

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
2人用、駆け引きが楽しいボードゲーム
  • ジャック・ゼメ(Jacques Zeimet)作

 2人用の駆け引きゲームです。両プレーヤーは「だまし屋」と「予想屋」の役割を交互に交換しながらゲームを進めます。

 ゲームボード中央に4つのごきぶりコマを並べて置いてゲームスタートです。まず、だましや役のプレーヤーが正方形のタイルを取り任意の順番で、ゲームボードの自分の側の端に伏せておきます。この正方形のコマのうち3つには●1つには✘が描かれています。予想屋は1枚ずつこの正方形のタイルをめくるのですが、✘のタイルをめくってしまったら手番終了です。●をめくったらその列のごきぶりコマを自分の方に1歩進めることができます。しかし✘をめくったら、まだめくられていない列のごきぶりコマを相手側に1歩進ませなければなりません。なお、✘の列のごきぶりコマは移動しません。そして、1個でもごきぶりコマを自分のゲームボードの端まで到達させたプレーヤーの勝ちです。

 ゲーム中盤以降は、自分の側に進んでいるごきぶりコマをより進めるか、相手側に進んでいるコマを戻すようにするかの駆け引きが始まります。そして、✘の列のごきぶりコマは移動しないのがポイントです。これを利用するか、相手がこれを利用しているか、いろいろ楽しい駆け引きが始まります。

レビュー 7件

357
名が参考にしたレビュー
 by だかさん

ゴキブリの奪い合いという、何とも不思議なゲームでございます…。現実では絶対にありえませんね(笑)


2人専用で、3枚の緑タイル、1枚の赤タイルを使った心理戦。非常に簡単でルールもわかりやすいです。

予想屋とだまし屋に分かれ、緑のタイルを選べばその列のゴキブリが自分の方へ。

赤のタイルを選んでしまったら、まだ選んでいないすべての列のゴキブリが相手の方へ行ってしまいます。

交互に予想屋とだまし屋を交代し、先に自分の陣地にゴキブリが到達したら勝利です。


何もなくても25%、しかしながら相手の性格や表情など読み合いが面白いゲームだと思いました。

ババ抜きの終盤の戦いがずっと続くようなイメージをしていただくとわかりやすいかと。


最後に、個人的疑問ですが、ルールを全く逆転させて、ゴキブリを押し付け合うゲームになぜしなかったんだろうかと…。

約2年前(2018年06月30日 00時30分)
続きを読む
閉じる
255
名が参考にしたレビュー
 by Nobuaki Katou

 小4の息子と、2人でプレイした感想です。

 ごきぶりポーカーをデザインした、ジャック・ゼメによる2人専用の心理戦(?)ゲームです。

 目的は、縦7×横4マスのボードの真ん中に横一列に置かれた4枚のごきぶりタイルのうち、1枚でもプレイヤー側の一番手前に、いち早く連れて行ったプレイヤーの勝利となります。

 各プレイヤーは、自分のターンにだまし屋となり、○を意味する緑色3枚と✖️と書かれた赤色1枚、計4枚のタイルの配置を行います。

 タイルを配置する際は、状況を考慮し、相手プレイヤーの思考を読んで置く必要があります。

 タイルを置いた後は、相手プレイヤーが予想屋となり、だまし屋がどこに何を置いたか予想してタイルをめくり、緑色のタイルならごきぶりタイルを予想屋の方に一歩進めることができますが、赤色のタイルならごきぶりタイルを進めることはできません。

 なお、赤色のタイルをめくった場合に、まだめくっていない緑色のタイルがあったら、そのタイルは相手プレイヤー側に一歩進みます。

 それを交互に繰り返して、自分の一番手前にごきぶりタイルをいち早く連れて行ったプレイヤーの勝利となる訳です。

 小4の息子とプレイした感想は、息子に2敗して私は悔しかったのですが、息子からは勝ってもあまり嬉しくないと言われました。

 どうしてと聞いたら、息子からはごきぶりが自分の近くに来るのはちょっと…、と軽い嫌悪感を匂わされました。

 元々、息子からはガイスターをプレイしたい、と言われた代わりにこのゲームを出したせいなのか、ちょっとテーマが合わなかったかもしれません。

 自分としたら、負けたのも悔しいのですが、相手を変えてまだまだプレイしてみたいと思います。

約2年前(2018年08月15日 01時18分)
続きを読む
閉じる
167
名が参考にしたレビュー
 by Motoki

他の方々がルール等は記載されているのでプレイ感想を中心に。もちろん個人的な感想、評価なので悪しからず。

何度かプレイしてみての最終的な感想としては「思ったよりも物足りない(盛り上がらない)」でした。

多少盛り上がるタイミングとしては一発で「❌」を引いてしまう時かな。序盤は騙し合いにならない(騙しがいがない)し終盤はもちろん騙し合いにはなるんだけどなんだかイマイチ。特にリーチコマが2つになったりすると結構盛り上がりそうなのになぜかそこまで盛り上がらず。

なぜ物足りなかった、盛り上がらなかったのかいろいろ考えてはみたんですがまずごきぶりを自分の方に寄せていく、というのがリアリティがないというか仮に勝ってもあまり嬉しくないというか。同じくブラフゲームでしかも同じゲームデザイナーが出している「ごきぶりポーカー」はその点害虫(害獣)を押し付け合うので相手に渡れば嬉しいし自分に渡れば悔しいしってわかりやすい。まあこの点に関しては自分たちでルールを丸々逆転させて「ごきぶりを相手の陣地にまで押し付けられたら勝ち」にすればいいんですけどね。ただ、うーん。はじめからそのルールにしておけばよかったのでは?と思ってしまう。みんなが嫌いなごきぶりを取り合うというのが面白いというコンセプトなのかな、という想像はできますけど。

あともうひとつが予想屋のターンで仮に2つ「◯」を当てたとしても3つめの選択で「❌」を引くとせっかく進めた2つのコマが戻ってしまううえに残ったマスのコマは相手側に進んでしまうというのがなんとも萎えるんですよね。なんで2つも読み切ったのに3つめに「❌」引いたら結果的にマイナスになってるんだよ!っていう。これもやっぱり上述の「ごきぶりポーカー」だと一回一回の騙し合い、読み合いを制すかどうかなので単純明快なんですよね。読み勝てば(騙せれば)相手に押し付けられるし読み負ければ(騙せなければ)押し付けられる。予想する側はどうしても勝負したくなかったらカードを確認して他のプレイヤーを今度は騙しにかかる、という第三の選択肢もスパイスになっています(これに関しては3人以上でのプレイ時なので厳密には本ゲームとの比較はできませんが)。そういった点で本ゲーム「ごきぶりデュエル」はもやもやするというかすっきりしない。そして予想屋の自由度は低いと感じてしまいます。

主に上記二つの理由によって「勝ってもそこまで嬉しくない、負けてもそこまで悔しくないゲーム」という印象でした。僕はかなり負けず嫌いなんですがこのゲームは負けても「ああ、負けたわ」くらいなものでした。緊張感はありますしよくできてるとは思いますが人を選ぶかな。これはブラフゲームが好きかどうか、ということではなくこのゲームが好きかどうか、だと思います。僕自身ブラフゲームめちゃくちゃ好きなので買ったけど、、、というケースだったので。

最初にも述べましたがあくまで個人の感想、評価なのでこういった意見もあるんだな、という程度でとらえていただければと思います。

約1年前(2019年08月13日 22時06分)
続きを読む
閉じる
108
名が参考にしたルール/インスト
 by mitinotimonasuti

相手がどこにごきぶりを置いたのかを当てるだけの簡単お手軽な2人専用の心理戦ゲームです。


  1. 準備
    ボードの中央にごきぶりコマを4つ並べる

  2. だまし屋
    4枚のタイルを自陣のマスに裏向きで配置する

  3. 予想屋
    裏向きのタイルを1枚選んで表にする
    すべての○が表になるか×が出るまで、1枚ずつ表にしていく
    → ○が出た場合、その列のごきぶりコマを予想屋の方へ1マス進める
    → ×が出た場合、表になっていない列のごきぶりコマをだまし屋の方へ1マス進める
    ※ ×のタイルの列のごきぶりコマは移動しない

  4. 手番の交代
    すべての○が表になるか×が出たら、だまし屋と予想屋を交代して手番を繰り返す


ごきぶりコマ1つを先に自陣まで引き寄せたプレイヤーの勝利

約1年前(2019年09月03日 16時10分)
続きを読む
閉じる
107
名が参考にしたレビュー
 by うさこ


 ごきぶりが一進一退近づいたり遠ざかったり…。


ごきぶりを進める役、ハテナタイルを配置する役を交互にやるのですが、今回遊んだ相手とは数ラリーで完全にお互いの手の内が読めてしまって全く進展しなくなり20分ほど遊んで打ち止めとしました。


1年以上前(2019年03月20日 17時57分)
続きを読む
閉じる
69
名が参考にしたレビュー
 by まり

4体の内1体のごきぶりを自陣の予想タイルを置く場所まで進められたら勝ち、というゲーム。

面白いです。が、予想よりは盛り上がらなかったかな~という感想です。


だまし屋のターン、序盤は深く考えずにタイルを置いて良いです。強いていうなら相手の利き手側に置いておくと、手が届きやすいので×を引いてくれる確率が上がりそう。

×タイルを選ぶと手番終了、まだ選ばれていないタイルがある場合は相手の方へ進んでしまう、というルールを逆手に取り、相手が安全そうと考える列に×タイルを配置して選ばせ、その他を進めるのも手ですし、二択の状況に持ち込んで悩ませるのもありです。

予想屋のターンでは相手の陣に一番近いごきぶりと、その他のごきぶりを見たときに、相手の性格と、×タイルをどこに置いたら相手が有利か?を考えると良いと思います。この辺の駆け引きは相手によって違ってきますが…思考が単純な人と遊ぶとつまらないゲームになってしまいそう。人を選びますね。また、考え方が似ていると一進一退の長丁場になります。


どなたかも書かれていましたが、何故ごきぶりを押し付け合うゲームにしなかったんだろうと疑問です。んー、でもごきぶりポーカーと似たようなゲームになると差別化は出来ないよな。

約1年前(2019年08月04日 10時45分)
続きを読む
閉じる
45
名が参考にしたレビュー
 by オレンジ

相手との心理戦が楽しめるいいゲームだと思います。

相手の顔色やコマを置く順番、悩む時間やブラフの言動全てが判断材料になります。

自分ならどこにバツマークを置くか、相手はどこに置きそうかと考え抜いた末、裏の裏をかかれたなんてこともしょっちゅうあります。

1回のプレイがそこまで長くないのでもう1回が続いて気がつけば長時間遊んでしまう、そんなゲームです。

4ヶ月前(2020年06月02日 15時05分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,400(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 50興味あり
  • 291経験あり
  • 25お気に入り
  • 112持ってる

チェックした商品