• 2人~4人
  • 30分前後
  • 12歳~
  • 2007年~

交易王Merchants

需要と供給をコントロールして富を築け!交易王に、俺はなる!

このゲームは、手札と場札(相場)、そして商品をコントロールしてお金を稼ぐ、シンプルなカードゲームです。

時代は16世紀、大航海時代。プレイヤーは二隻の船を持ち、貿易商として成り上がっていかなければなりません。
市場には相場があります。あなたは市場の需要を操作しながら、交易船の商品を扱い、決算を繰り返していくことでお金を増やしていきます。最終的に、最もお金を稼いだプレイヤーが勝者となります。

交易でもっとも重要なのは相場のコントロールと、それにあわせた商品を供給することです。
相場に最も多い商品が、自分の扱っている商品になるときに決算が行われるようにしましょう。

そして、気をつけなければいけないのは、決算では他のプレイヤーも収入を得ることができる点です。
他プレイヤーが狙いそうな商品を扱ったり、相場を一気に塗り替えて瞬間的に利益を増やしたりし、他プレイヤーに差をつけていきましょう。

また、プレイヤーは途中、稼いだお金を使って、交易船や交易所、労働者を増やすこともできます。
これによって色々な戦略を取ることができます。

果たしてあなたは、歴史に名を残す交易王となることはできるでしょうか?

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. R@
  • 97興味あり
  • 368経験あり
  • 111お気に入り
  • 332持ってる
販売中の商品
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力12
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル交易王
原題・英題表記Merchants
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2007年~
参考価格2,500円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 6件

  • 97
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月10日 08時03分

    プレイヤーは中世の商人となり、船に搭載した積荷を商品相場を操りながら交易を行うことで、山札が無くなるまでに一番お金を稼いだ人が勝ちという、シンプルだけどジレンマに悩まされるライナー・クニツィアによるゲームです。2人〜4人を対象にしていますが、この範囲の人数ならばとても面白くゲームがプレイできるはずです。カードを極力貯めて一気に相場を操作し大儲けするもよし、コツコツお金を稼ぐのもよし、また船を新たに購入するなどオプションカードを買うもよし、やり方はプレイヤーに任されています。あのときこうしておけば良かったとか、積荷を売り抜けてしてやったりなど、このゲームではそうした体験を味わえると思います。

    続きを読む
  • 93
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月10日 21時17分

    ライナークニツィアの商品貿易でお金を得ることを目的としたハンドマネジメントゲーム。プレイヤーは2つの船カードを持ちます。最初のプレイヤーはその船カードの上に山にある集めたい商品キューブをひとつ置きます。これを次の人もやり、皆2つの船に2つの商品キューブがのったらゲームスタート。商品カードは6種類10枚の計60枚。特殊カードは4種類あり、どれも効果はシンプル【商館8金】商品カードを補充するときの枚数が+1される【船10金】手持ちの船が一隻増える。商品キューブを即座に載せて手元にやって来る。【協定11金】商品を売ってお金を獲得する際に、毎回+2金される【荷役12金】商品キューブ1個入れ替える...

    続きを読む
  • 80
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月28日 18時41分

    市場という共通の場に1~6枚まで1種類の交易品カードを手札から出し、自分の船の積み荷の交易品コマの数に応じてお金を得る。箱はコンパクトなんだけど、程よいプレイ感がありリプレイしたくなる今まで何回かやったけど一回も買った事が無いのにも関わらず、またやりたいと思わせるゲームです。ただ欠点は、お金トークンが小さく、裏面の印刷が無いので扱いづらいとこかな。私はポーカーチップでお金の代用してます。

    続きを読む
  • 158
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月30日 21時05分

    貿易商となって自分の船の積み荷と市場で需要の高い商品を操作し、お金を稼ぐゲームです。【おすすめポイント】このゲームは手番が2フェイズに分かれており、前半は「積み荷を1つ交換」「特殊カードの購入」もしくはパス、後半は「決算(市場を手札で塗り替えてお金を得る)」「手札を2枚補充」のいずれかを選択して行動します。面白いのは誰のターンの決算であっても対象の積み荷を持っているプレイヤー全員にお金が入ることで、「決算したいけどあっちにもお金が入ってしまう・・・」というジレンマが生まれ、逆に言えば決算しなくても自分の積み荷を操作することで「その商品で決算してもいいよ、こっちも儲かるけどね」と牽制するこ...

    続きを読む
  • 185
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月26日 20時48分

    16世紀大航海時代。今までの世界は一気に広がり、地球の裏側との交易がスタートしました。香辛料を求める欧州の船は東西を行き来し、品物と共に文化を伝えていったのです。 ---交易王---ルールを覚えるのに必要な時間:10分1ゲームの時間:20-30分評価:☆☆☆☆☆(☆5で満点)硬い感じのタイトルに、渋いパッケージ。これで大箱だったら2時間級か!?2時間級の重厚な経済ゲームだな!?と構えてしまうこと間違い無しだけど、小箱だしプレイ時間も30分。そしてプレイ感は軽いけれどクニツィア・ジレンマが効いていて面白い名作です。セットアップは各々船カードを二隻持ち、互いに3枚ずつの手札を配ります。で、場...

    続きを読む
  • 165
    名に参考にされています
    投稿日:2016年08月23日 02時59分

    交易というと航路を開拓して、船を動かして、、と想像してしまいますがこのゲームそのような要素はありません。手札を使って市場の需要を変化させることがメインのゲームです。得点が入る場合には自分の船の積み荷だけではなく相手の船の積み荷にも得点が支払われるのでお互いの手札、船の積み荷をどう変えてくるかの読みあいを楽しめます。この価格でじりじりとしたジレンマを味わえるゲームは他には珍しく、コンパクトなのでなにかと出番が多いゲームです。機会があれば是非お楽しみください。

    続きを読む

リプレイ 1件

戦略やコツ 1件

  • 149
    名に参考にされています
    投稿日:2017年03月31日 09時52分

    このゲームは4人までプレイできますが、人数が多いほどゲームが早く終わります。特殊カードはその効果は強いですが、手に入れるのに勝利点である金を減らすため、効果を使える期間が短い4人プレイでは2枚まで、2、3人プレイでは3枚手に入れるのがよいと思います。4人プレイではどの特殊カード2枚がいいか。自分的には、港湾労働者と船です。港湾労働者は商品マーカーの交換が追加で行えます。購入価格が一番高いですが、買ったその手番でも交換が行えます。そして船購入で商品マーカーを増やして、他プレイヤーが決算しそうな商品と色を合わせて、他人の決算でしっかり稼いで、タイミングを見て商品マーカーを3個一気に1色に揃え...

    続きを読む

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿