マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 2016年~

ハコオンナままさんのレビュー

746
名に参考にされています
2016年11月14日 01時20分

ホラー要素満載の探索型ボードゲームです。

プレイヤーはハコオンナ役と訪問者側に分かれて遊びます。今回は3人で訪問者サイドでプレイしたので、訪問者側のレビューです。

まず訪問者側は手番を行う前に物音チップを置きます。

この物音チップは形が歪になっている土台の上に円形のチップを重ね、崩さずに乗せる事が出来たら手番を行う事が出来るというもの。

ただ順番にアクションするのではなく、トークンを崩してしまったら手番はハコオンナになってしまう…!

この緊張感がホラー要素をより引き立ててくれる、よく考えられているシステムだと思いました。

無事物音チップを置く事にが成功したら、屋敷内を移動したり、タイルをめくったり、アイテムを使用するなどのアクションを行います。

ハコオンナの場所にだけ気を付けて、序盤はどんどんタイルをめくっていきます。取得可能なチップが集まってきたら、最終的にどの勝利条件を目指すかを後で決めていくといいと思います。

しかし、タイルをめくった時にハコオンナの能力が開放されてしまうというリスクもあり、凶悪な能力が開放されてゲームが進む度に難易度も上がっていきます。この追い詰められていく感じもホラー映画のようでドキドキします。

数回プレイしてみましたが、ハコオンナ役の人は仲間と相談している内容を聞いた上で、様々な能力を使用してくるので、推理要素も然ることながら心理戦の要素もかなり多いです。

ハコオンナ役の人がとても楽しそうにプレイしていたので、次回はハコオンナ役としても遊んでみたいなと思いました。

テーマがホラーなので好き嫌いが分かれそうですが、ゲームの内容、コンポーネントも非常に完成度が高いボードゲームです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
ままさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 242興味あり
  • 616経験あり
  • 139お気に入り
  • 520持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率15
戦略・判断力23
交渉・立ち回り9
心理戦・ブラフ22
攻防・戦闘1
アート・外見14
作品データ
タイトルハコオンナ
原題・英題表記hakoonna
参加人数3人~5人(45分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格3,000円
クレジット
ゲームデザイン江神号 (EJIN)
アートワークGENk(ゲンキ)
関連企業/団体EJIN研究所
拡張/関連元ハコオンナ:舞台用拡張「灰色ノ男」(2017年)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ままさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク