• 2人~6人
  • 20分前後
  • 10歳~
  • 2016年~

ゴッズ ギャンビット G鬼島彪さんのレビュー

123
名に参考にされています
投稿日:2017年01月03日 22時05分

トランプのページワン系のルールのゲームですが、各カードに特殊効果が設定されていて、それを自分の前の場に表示することで有利に手札を減らしたり、他のプレイヤーを攻撃するのですが、ゲーム終了時にマイナス点に。

効果の強いものほど高いマイナス点になるのですが、トップで上がればどんなにあってもマイナス点がゼロに。

上手く効果が重なれば、一気に手札をゼロにできたりと、コンボが決まると気持ちいいです。が、上がれないと減点が…怖いですがね。



  • 23興味あり
  • 95経験あり
  • 12お気に入り
  • 84持ってる
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力2
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見2
作品データ
タイトルゴッズ ギャンビット G
原題・英題表記GODS' GAMBIT G
参加人数2人~6人(20分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格2,500円
クレジット
ゲームデザインカナイセイジ(Seiji Kanai)
アートワーク未登録
関連企業/団体アークライト(Arclight)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ゴッズ ギャンビット Gのレビュー

  • 135
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月30日 17時33分

    UNOをしながら、かつ「オレのターン!」的カードゲームのような攻防も味わえる!1度で2度美味しい優良ゲームだと思います(*^^*)ウノと同じく最初に手札がゼロになった人が勝ち。手札のカードは、そのまま場札に出すとただのカードですが、「○○カード発動!」的に自分の前に出すと、そのカードに書かれた効果を発揮し、相手を邪魔したりすることが出来ます。ただし、相手を邪魔したりすることは罪(カルマ)となりますので、負けた時、そのカードに書かれている数字は自分のペナルティポイントとして跳ね返ってくるので考えどころです…。。アナログゲーム初心者の方から見ると「○○カード発動!」的にプレイしている様子は一...

    続きを読む
  • 141
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月27日 00時26分

    身内で遊んだ中では一番人気なこのゲーム。やはり基本がUNOというのがこのゲームの遊びやすさの要因になっていると思う。各カードの効果の種類はかなり多いがそこまで難しい処理をするカードもないので基本ルールと1~9の効果を説明しておけばなんとかなる感じ。そこで完全に理解できなくとも一戦やれば覚えられる程度の難易度ではある。しかしルールは簡単だが単調なゲームというわけではなく手札の組み合わせ次第で幾通りもの戦術が見い出せたりもする。相手に大量のドローをさせるも良し、保身に走って失点を抑えようとするも良し、手札次第では一気に4,5枚手札を減らすことだってできたりもする。その為何戦やっても飽きにくい...

    続きを読む
  • 154
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月23日 02時47分

    【「UNOやった事ある?」で始められる機動性の高さ】最初に「このゲームやろうぜ!」と声をかける時の一瞬のハードルの高さはゲーマーならば誰もが経験する瞬間だと思います。たとえ業界の中で、他のゲームを引き合いに出してゲームの紹介をするのが横紙破りだと言われようが、これはこのゲームの長所なので書いておく。「UNOができればすぐに理解できるよ。」この台詞が一発目で言えるアドバンテージ素晴らしい。実際それは嘘でも何でもなく、プレイヤーの真ん中で行われているのはかなりUNOっぽいものであるのは確かだし。では、大まかなプレイ風景を見ていこう。まず、真ん中にたくさんのカードが捨てられている。カードには色...

    続きを読む

鬼島彪さんのレビュー

会員の新しい投稿