マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 40分~80分
  • 13歳~
  • 2018年~

エバーデール11件のレビュー

  • 191
    名に参考にされています
    投稿日:2020年07月06日 16時58分
    カードゲーム要素の強いワーカープレイスメント。「カードは8枚までしかもてず、8枚あると新たにドローすることが出来ない」という点が厄介かつ面白い。「施設を建てていると対応するどうぶつがタダで誘致できる」という基本的なコンボをどこまで上手に展開出来るかがポイント。また、冬からはじまるので初手で「生産」のカードが出せると資源面で有利になりやすい(が、案外来ないし、目当ての資材を他のプレイヤーのワーカーに抑えられたりする)基本的には自分の場に15種類のカードしか出せない上に、カードを取り除く効果のあるものが貴重なので考え無しに置くと大変なことになるかも。一応勝利点を競うゲームではあるけど、自分で...汐月かなみさんの「エバーデール」のレビュー
  • 213
    名に参考にされています
    投稿日:2020年07月01日 23時33分
    なんと言っても可愛さが際立つワーカープレイスメントゲームです。リス・ネズミ・カメ・ハリネズミの4種類の労働者コマ、小枝・樹液・小石・果実トークンはもちろん、カードに書かれている動物たちもかわいいです。箱、ゲームボードに加え、永遠の樹と呼ばれるコンポーネントはこのゲームの品の良さを際立てています。ゲーム内容についても、4つの季節をプレイヤーごとに各自の戦略に合わせて進めることができ、ゲームが進むにつれてプレイした(自分の場に出した)様々なカードの効果をうまく使い、どんどんカードをプレイできるようになっていくことに快感を得られます。何度やっても飽きずに楽しく遊ぶことができ、勝っても負けても次...なゆさんの「エバーデール」のレビュー
  • 760
    名に参考にされています
    投稿日:2020年04月27日 23時14分
    ありきたりなワーカープレースメント、という認識でいたため、手を出さずにいました。プレイする機会もなく。だったのですが、特価品を衝動買いしてしまったため、レビューします。2018年に発売されてから、BGGでもかなり評価が高く、日本語版の発売が待たれていましたが2020年の頭にめでたく日本語版がでたのは記憶に新しいところです。その頃はかなり話題となっており、多くのレビューをネット上にみることができましたが、レビューを見たり話を聴くたび、冒頭で述べた思いを強固にしていました。システムはカードプレイを主体とした中量級ワーカープレースメントで、まあ目新しくもなんともないものです。アートワークはこの...maroさんの「エバーデール」のレビュー
  • 514
    名に参考にされています
    投稿日:2020年04月12日 10時25分
    ひときわ目立つ立体的なボードと、カードが次々に連鎖していくコンボが楽しいワーカープレースメントでした。プレイヤーは動物たちの住む谷「エバーデール」で資源を集めて街を作っていきます。なんと言っても、この木はインパクト大。これはデッキホルダー特殊条件カード置き場増員ワーカー設置場所と、伊達や酔狂だけではないことに気付かされます。手前側にある8枚のカードの並びは共通の手札といったところ。これにより、前述したカードの連鎖が次々に生まれていくのです。ゲームの流れは大きく2つ。ワーカーを配置して資源の獲得や条件を満たす勝利点を手に入れる資源に沿って手札または広場(共通の手札)からカードを展開するこの...手動人形さんの「エバーデール」のレビュー
  • 156
    名に参考にされています
    投稿日:2020年03月29日 11時33分
    未経験4人で説明書を読みながらプレイしました。かかった時間は2時間程度キャラクターカードと建物カードを見間違う事が多いので注意が必要でした。また、継続効果のあるカードも忘れがちで、最初ということもあり、後からカードや資材を取ったりもしました。勝ち点を取ろうと思うと運より戦略がかなり必要になり、未経験と経験者ではかなり差が開く様に感じます。カードやコマ等コンポーネントが可愛らしく、楽しくプレイできました。煌めきのアメジストさんの「エバーデール」のレビュー
  • 311
    名に参考にされています
    投稿日:2020年03月13日 12時20分
    基本としてはTCG的なカードによるコンボゲーム。引き運ゲーとの批判もありますが、カードゲーム的にはその引き運を込みで期待値やアクションを計算したりワーカーの配置、順番を考えていくゲームといえるでしょう。とはいえ得点や順位にそれなりに運が絡むのも間違いないので、プレイ時間やコンポーネントで見てもガチガチの戦略ゲーよりどうぶつたちのカードやフレーバー、ボードの雰囲気を楽しめる方に向いたゲームです。説明とプレイの時間は中量、初心者的には重量級ゲームに感じる部類に入るので、どうぶつの〇もとい動物の谷ってだけで興味を引かれた方は是非!犬さんの「エバーデール」のレビュー
  • 623
    名に参考にされています
    投稿日:2020年03月01日 20時12分
    3人で遊んだ感想です。すごくバランスが良いワーカープレイスメントゲームです。プレイする前は「駒2個とカードで進めれるのかな?大丈夫かな?」と思いましたが杞憂でした。建物を建てると付随する動物をコストなしで場に出せるので中盤から後半にかけてゲームが加速していきます。カードを15枚しか置けないので最終的にはどのカードを置くか迷うくらいになってきます。2回遊びましたがカードをランダムに引きますので同じ展開はありませんでした。手持ちカード以外にボードの中央にある広場に置かれた8枚のカードもプレイできるので手詰まり感はありません。アグリコラとドミニオンに似ていると他のレビューで言ってらっしゃる方も...サイパン太郎さんの「エバーデール」のレビュー
  • 485
    名に参考にされています
    投稿日:2020年02月11日 14時43分
    木が壊れやすくしまうのが大変ということなので私は一度組み立て、満足してからしまってそのまま木無しでプレイしてます。※邪道木はあくまで置き場所ですからね。見た目のアドが下がりますが..。オススメです。カードをスリーブに入れると根本のスペースがぎりぎりになります。それもあり、木を切り株にして遊びます。ソロプレイもできますが、かなり運によります。イベントタイル、イベントカードをとれるかどうかがツモによるのと相手はコスト無しでランダム1枚とっていくので狙っていた、もしくは後半にしか要らない紫カードは容赦なく拐われていきます。対人のが良いですね。ただ少人数のほうが面白いと思います。カードコンボゲー...ボドゲを楽しむ会さんの「エバーデール」のレビュー
  • 1170
    名に参考にされています
    投稿日:2019年11月05日 12時58分
    豪華なコンポーネントが目を引くお洒落ボードゲーム。実態はカードコンボゲーです。根本はワーカープレイスメントなのですが、かなり変則的なルールでして、プレイヤーによって今いる季節(ラウンド)が違います。ラウンドを進めると収入、ワーカーが貰えますがそのタイミングが各自任意。やることが無くなったらラウンドを進める。その為最後は延々と1人でプレイしているのを眺めているといったことも...カードの効果がかなりハチャメチャで場合によっては無限にゲームが出来てしまうため空気を読みながらプレイしてください。ここが合う合わないで評価が分かれると思います。アートワークは非常に美しく、日本語版の発売日も決まった...ゆうのんさんの「エバーデール」のレビュー
  • 1918
    名に参考にされています
    投稿日:2019年01月27日 21時38分
    ゲーム名称:エバーデル(Everdell)2018年BGG8.1デザイナー:ジェームスA.ウィルソン(JamesA.Wilson)キャッチーな見た目とカードイラストで女性受けがいい重げーランキングナンバーワン!(たぶん)ゲーム自体はよくあるワーカープレイスメントで資源を獲得するなどして、建物やどうぶつカードをプレイして、村を発展させていく形。しかし、エバーデルが他のゲームと大きく違うのはラウンドという概念が無く、プレイヤーがワーカーを使い切るなどして、やれることも無くなったら春に行くことができ、ワーカーを回収する。これが他のゲームで言う、いわゆるラウンドの終了だがそれをするのが個人個人の...ひめくりさんの「エバーデール」のレビュー
  • 1531
    名に参考にされています
    投稿日:2019年01月24日 18時18分
    自分の手札と、木の上に乗せられている8枚のカードを使って5×3、計15枚の自分の町を作っていくゲームです。カードはそれぞれ役職を持った動物と、建物があります。基本的には資源を使って建物を建てたり、動物を自分の町に呼び寄せたりしますが、建物に適した動物だと、ノーコストで動物を呼び寄せることができます。(例:学校を建てた場合、先生が職業の動物は資源がなくても呼べる)建物や動物に特定の能力があるので、それを駆使しながら手札を増やしたり、資源を得たりしてカードをプレイ、出来た村の得点が一番高い人が勝者です。(その他イベントボーナスなどもあります)私がこのゲームで1番いいなと思ったところはそれぞれ...ねこまさんの「エバーデール」のレビュー

会員の新しい投稿