マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
120名
1名
16日前
0
レーティングが非公開に設定されたユーザー

原作忠実再現の理不尽な脱落があなたを襲う

名作「ラブレター」をベースに、カードの職業をアドベンチャーゲーム「ダンガンロンパ」の登場キャラに差し替え、オリジナルのルールとカードを追加したのが本作である。「ラブクラフト・レター」を思い出してもらえれば早いかもしれない。
ベースとなるルールは「ラブレター」と同等なので割愛。追加ルールについて簡単に説明する。

「ラブレター」との相違点

  • 各種カードには希望・絶望の2種の属性効果と、カード自身の属性が書かれている
  • どちらの効果が発動するかは、直前に自分がプレイしたカードの属性を参照する
  • 「希望」は「ラブレター」準拠、「絶望」は本作オリジナルの効果が発動する
  • 「運命判定」というダイスロールに近いランダム判定があり、カードの効果が変わる場合がある
  • ゲーム開始時の属性も「運命判定」によって決まる

ここまではバリエーションの一つとしてはアリかもしれないと考えたが…さっとカードの効果に目を通したところで、一抹以上の不安を覚えた。

参考:カード効果一例

キャラ名 絶望効果
朝日奈 葵 

捨て札に大神さくらがない場合脱落 あれば希望効果を適用

石丸 清多夏 捨て札に大和田がある場合脱落
桑田 玲恩 他プレイヤー1人のカードの強さを当てる 外れた場合自分が脱落
山田 一二三 運命判定を行い、絶望カードが出た場合脱落
江ノ島 盾子 プレイもしくは捨て札となった場合脱落(姫と同等)

実際にやってみた

絶望時の効果がリスキーというよりは純粋に出し損となるものが多く、全体的に窮屈でストレスが強い。それを活かしたプレイ・推理も考えられるし、絶望効果は原作に即していると言える内容だが…。
条件付き脱落カードは余り笑えないタイプの理不尽さがある。

想像して欲しい。4人戦ゲーム2戦目開始時、属性は絶望。初期手札は朝日奈、江ノ島…詰みである。他にも何通りかの詰みが存在し、忘れたころに顔を覗かせる。以後2分程はゲームの趨勢を見守るか、スマホを眺めるか、手元の漫画を読むか菓子を食べるぐらいしかできることが無い。この時、一瞬意識がゲームから離れ、そしてゲーム終了まで戻らない。とりもなおさず「飽き」である。そうなる確率は恐らく、運命判定で絶望が出る確率よりも高い。

原作「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」の作中ではカードに登場したキャラの多くが理不尽な死を遂げる。容赦なくキャラが減っていく様はシリーズの大きな特色であり、ある種の魅力でもある。しかしそれがプレイヤー自身に降りかかった時にどう感じるか。「問題ない」と答えられる人は、この作品を遊ぶ素養があるのかもしれない。
実際のところ推理や読み合いの果ての脱落ではない、ほぼ100パーセントの運で「何か知らんけど負けてた」を楽しめるプレイヤーはどれほど存在するのか。役回りとして苗木誠でありたい、霧切響子でありたい人はいても、序盤で犯人に雑に殺されるキャラでありたい人は余りいないのではないか。プレイ時間5分以下が普通の最軽量級ゲームとは言え、これで良いのだろうか。ある意味原作に忠実と言えるが。

何より本作では、このストレスの代償に得た新要素は特にない。希望・絶望によるカード効果変更とランダム効果が追加要素の全てだ。本来であればストレスの見返りに何らかカタルシスが合ってしかるべきだろう。再び襲い来る理不尽。頭の中にはモノクマの嘲笑が響きわたるばかりである。

さよなら絶望学園

「ラブクラフト・レター」は要素を盛り込み、ある意味で「ラブレター」をぶち壊した。本作はその様な振り切った面白さを見せることもなく「ダンガンロンパ」の世界観だけを継ぎはぎして作った様な中途半端さが印象に残る。
ゲームの面白さに資することが出来なければ、カードの効果を「ダンガンロンパ」のストーリー全編から忠実に摘まんでくる必要はないし、理由があって摘まんだのであればもっと要素を盛るべきだ。パーティージョイなら許されたかもしれないが、本作発売時点で2020年である。 

追加ルールを放り投げて「ラブレター」を遊ぶことも出来るので、最低限「二次創作ラブレター」としての評価は出来るが、追加要素についての評価は極めて厳しいものにならざるを得ない。
このため「ファンなら」という、古のキャラゲーにありがちな、虚ろな評価で締めくくることにする。
両原作に敬意を表し、今後この「グッズ」で遊ぶことは無いだろう。

「引きに絶望しろッ!判定に絶望しろッ!ゲームの出来に絶望しろーッ!!!」というお寒い見出しを思いついたが、ボドゲーマはテレビゲームのレビューサイトではないので控えることにする。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
Nun Nori
ダンガンロンパ 絶望のラブレター
ダンガンロンパ 絶望のラブレターの通販
『ラブレター』をベースとし、カナイセイジ氏協力の元、『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』の世界観をモチーフに再構築
残り2点
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 2,750(税込)
大賢者
krm
krm
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 14興味あり
  • 30経験あり
  • 6お気に入り
  • 61持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

krmさんの投稿

会員の新しい投稿