マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~8人
  • 15分前後
  • 14歳~
  • 2016年~

コードネーム◇◆モモ◆◇さんのレビュー

173
名に参考にされています
2017年08月13日 14時14分

6人で夫婦が2組居たので意思疎通度合を図る為、夫婦+1人でチームに分かれて行いました。

専用アプリで進行速度を選んで時間を測定したので、割とスムーズに進める事が出来ました。

ヒントを出す側としては、暗殺者はもちろん敵チームのカードを避けつつ、多くの見方カードを結びつける単語を思いつけるかどうか。でも、だいたいの人はだいたい3~2枚ぐらい。後半は1枚なんてことも。

逆に多くのカードを結びつける人も居ますが、その突飛な発想にどこまでついていけるかは、周りの人がどこまで相手の考えを読んで絞り込む能力が必要です。

考える側はヒントとなるワードと枚数を記録して、『まだこのヒントが2枚あるはず…え!?2枚!?』なんて盛り上がる事も。

記録して残り枚数を記入すると思わぬカードがヒントに結びつけられていて、既に取っているのに更に探してしまったり…

終了して種明かしで『このヒントはこれとこれとこれだった』とか『これのヒントは違うでしょ』とか盛り上がります。


後攻の方が選ぶカードが少ないのと相手のヒントを参考に出来るので有利かも…

でも、一応先攻の方が手番が多いのでヒントの出し方が上手ければ先に勝つことが出来ると思います。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
◇◆モモ◆◇さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 660興味あり
  • 2934経験あり
  • 733お気に入り
  • 1455持ってる
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力51
交渉・立ち回り8
心理戦・ブラフ28
攻防・戦闘1
アート・外見3
作品データ
タイトルコードネーム
原題・英題表記Codenames
参加人数2人~8人(15分前後)
対象年齢14歳から
発売時期2016年~
参考価格3,240円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

◇◆モモ◆◇さんの投稿

会員の新しい投稿