• 2人~5人
  • 30分~45分
  • 8歳~
  • 2017年~

センチュリー:スパイスロードなつさんの戦略やコツ

529
名に参考にされています
2017年07月22日 13時33分

スパイスロード6戦全勝。

割とガチ目な考察と戦略です。


・商人カードの強さを知る

→生産カード(茶色1個、緑色1個+黄色1個、赤色2個etc)などは見るからに強いカードです。

しかし、手番内で連続交換しやすい交換カード(黄色2個→赤色2個、赤色2個→緑色2個etc)もかなり強い部類のカードです。

これらのカードは多少スパイスのコストを払ってでも確保しましょう。

また、交換前の必要スパイス数が多く、交換後のスパイスの数が減る交換カード(黄色4個→緑色1個+茶色1個、黄色5個→茶色2個 etc)は前述の強い生産カードが無い限り基本的には弱いです。

弱い理由は、起動に必要なスパイス数が多く連続交換しづらい(後述)、交換してからの勝利点獲得後にスパイスが空になりやすい(後述)からです。


・不要な商人カードは取らない

→不要な商人カードを取ると1手番損します。

基本的にセンチュリースパイスロードは、先にスパイスを揃えたほうが有利ですし、勝利点カードを5枚取れば勝つゲームです。

カードのプレイを優先しておこないましょう。


・スパイスが2個以上乗っている商人カードは不要でも取る

→スパイスが2個以上乗っている商人カードは、実質初期の生産カード(黄色2個)以上の効果です。可能であれば取っていきましょう。


・交換カードは連続交換で使用し、つぎの交換カードへと繋がるようにする

手持ちのスパイスが黄色4個。手札には黄色2個→赤2個、赤3個→緑3個の交換カード2枚があったとします。

この場合、黄色2個→赤2個をすぐにプレイせず休息してください。


そうすることにより、

本来なら、黄色4個→赤4個(黄色2個→赤2個の交換カード)→赤1個、緑3個(赤3個→緑3個の交換カード)→休息→赤1個、緑3個、黄色2個(黄色2個の生産カード)となりますが、

黄色4個→休息→黄色6個(黄色2個の生産カード)→赤6個(黄色2個→赤2個の交換カード)→緑6個(赤3個→緑3個の交換カード)となります。

最終的な捨て札は後者が多いですが、赤3個→緑3個の交換カードが連続交換できることによりスパイスの質が圧倒的に高くなり、次の緑からの交換カードへとまた繋がりやすくなります。

ほとんどの交換カードは同じスパイス元からの交換(黄色2個→?、赤3個→?、緑2個→?etc)を求められる場合が多いので、スパイスの種類を揃える事は重要です。


・金貨が乗っている勝利点カードを優先して取る

→金貨は有限です。3点誰かにあげるなら自分で取っていきましょう。勝利点カードの点数が低くても、次の勝利点カード獲得へのリスタートが早くなるので問題ありません。


・スパイスを空にしない

→勝利点カードを取ることによって、手持ちのスパイスが空になることはできれば避けましょう。生産カードか商人カードにのっているスパイスの獲得でしかカバーできなくなります。他のプレイヤーが自分の狙っている勝利点カードを取れないようなら、商人カードの使用や休息をおこない、勝利点カードの獲得を遅らせてもかまいません。

なつさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 90興味あり
  • 302経験あり
  • 116お気に入り
  • 168持ってる
プレイ感の評価
運・確率10
戦略・判断力20
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見10
作品データ
タイトルセンチュリー:スパイスロード
原題・英題表記Century: Spice Road
参加人数2人~5人(30分~45分)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

なつさんの投稿

会員の新しい投稿