キャプテンダイスみゃみゃさんのレビュー

73
名に参考にされています
投稿日:2017年03月20日 22時38分

ベルを鳴らし主導権を握るか、ダイスを並べ宝を獲るか、

その両方をかっさらうか…!?

リアルタイム海賊戦、勃発!!


場に並べられた16枚の宝島カード、これ1枚が勝ち点1ポイント。沢山お宝を集めたプレイヤーが最強の海賊です。


宝島カードの隅にはダイスの目が2つ描かれており、スタートプレイヤーがベルを鳴らすと全プレイヤー一斉に手持ちのダイスを振る宝島カードとダイスの出目が合致したらダイスをカードに乗せて宝島へ上陸、1つの宝島には1プレイヤーしか上陸できないので早いもの勝ちです。


一定数の宝島にダイスが置かれたら、全プレイヤーがいつでもベルを鳴らしてダイスタイムを終わらせることができ、このベルを鳴らしたプレイヤーは次の戦闘タイムで主導権を握ることができます。


ダイスを配置した後は、自分のダイスを置いた宝島に手札のカードを配置していきます。手札は各プレイヤー共通で、手の内はお互いにわかっています。手札には周囲の海賊を攻撃し宝島から追い払うもの、攻撃をガードするものなどがあり、そのいずれもが大砲を撃つ、白兵戦を仕掛ける、人質を取って攻撃を無効化するなど海賊らしいものばかり。攻撃によって射程範囲などが変わるため駆け引きが楽しめます。

戦闘時、同じ強さの攻撃がぶつかりあったとき、先ほどベルを鳴らしたプレイヤーが勝つようになっており有利です。


颯爽とベルを鳴らして主導権を握り戦闘を有利に進めるか、1つでも多くの宝島にダイスを乗せて勝利点を稼ぐか悩みますが、悩んでる間もないほど慌ただしく、盛り上がります。ときどき他のプレイヤーと手がぶつかってタイムロスが生まれリアルバトルが勃発しそうになるのはご愛敬。


海賊になって宝を奪い合う!ダイスをじゃらじゃら降る!ベルを鳴らす!手札を使った駆け引きやブラフがある!

盛り上がる要素を集めて作った、ボードゲーム界のスーパーバンドのような作品です。

時間も20分~30分程で手頃。当然、音が鳴るので迷惑にならない時間と場所で楽しんでください。


ちなみに、2人用のヴァリアントルールが作家さんのサイトで公開されていますよ。




  • 興味ある(7人)
  • 経験あり(20人)
  • お気に入り(7人)
  • 持ってる(15人)
投稿イメージ
画像クリックで拡大します
作品データ
タイトルキャプテンダイス
原題・英題表記CAPTAIN DICE
参加人数2人~4人(20分~30分)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格3,800円
ゲーム属性の評価ログインで評価可能
運・確率1
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ4
攻防・戦闘4
アート・外見0
クレジット
生まれた国日本のボードゲーム
ゲームデザインSatochika Daimon
アーティストLiQuid Design Works
メーカー/販売グランドアゲームズ(GRANDDOOR GAMES)

会員の新しい投稿