マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
キャプテンダイス
  • キャプテンダイス当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 20~30分
  • 10歳~
  • 2016年~

キャプテンダイス / CAPTAIN DICE の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
ダイス振って、ベル鳴らしまくれ
  • 大門聖史(Satochika Daimon)作

 ゲームマーケット2016秋で来場者投票による新作ゲーム評価ランキングにて、約350作品中"第3位"を獲得! 大人から子どもまで誰でも楽しめる、SNSでも話題のアナログボードゲームです。

 4つの海賊が財宝の島で大暴れ! ダイスの早置きで上陸する宝島を仮確保したら、部下の攻撃船を島に送り込む......。

 全員の船が揃ったらバトル開始だ! 人質作戦に白兵戦! 大砲攻撃かと思ったら、今度は大王イカ!?

 内容物:財宝カード42枚、攻撃カード36体、サイコロ24個、ベル1個、説明書1冊

キャプテンダイスに7件の書き込みがあります

168
名に参考にされているレビュー
2017年03月28日 08時03分

本ゲームは、各プレイヤーが一斉に6つのダイスを振り、ダイスの目2つに対応した土地カードにダイスを置いて陣地を確保し、その陣地に攻撃カードを置いて、敵の確保した土地から敵軍を排除しつつ、自軍は排除されないようにし、財宝を獲得する海賊をテーマにしたゲームです。

ゲームは、サイコロタイム、ポジショニングタイム、バトルタイム、トレジャータイムと4つのパートに分かれています。

サイコロタイムでは、開始のベルを親プレイヤーが鳴らしたタイミングで一斉にサイコロを振ってスタート、全体で3つ以上の島にダイスが置かれた時点で、各プレイヤー好きなタイミングでベルを鳴らして、止めることが出来ます。タテ、ヨコ、ナナメで確保した島を結ぶ線に敵がいなかった場合には、線上の島から得られる財宝が全て得点になるため、どこにダイスを配置できるか?というのがゲームの一つの肝になります。

その後、ポジショニングタイムでは、攻撃カードを確保した島に配置することが出来るのですが、攻撃カードには、カードの種類毎に処理する順番が設定されており、ベルを鳴らしたプレイヤー(その時点から親プレイヤーになります)から、攻撃が解決されるため、親プレイヤーになるのが非常に有利になります。
そのため、有利な陣地を選んだり、複数の陣地を確保しようと、置く場所に迷ったり、サイコロの振り直しをしたりしていると、他のプレイヤーに先にベルを鳴らされて不利になるため、瞬時に判断しなければなりません。その慌ただしいゲーム性は、スポーツの様に楽しめます

また、配置後は、各プレイヤーの持っている攻撃カードから何を使ってくるか推理しつつ、自らの攻撃カードを置いていくのですが、前半強いカードを使いすぎると後半つらくなるというジレンマがあります。そのため、他のプレイヤーの動向を伺い、推理しながら使用していく必要があります。

ゲームの様子は、下記の動画を参照してみて下さい。


では、プレイヤーとして面白い所をまとめます。

・ベルを鳴らして、一斉にサイコロを振り、出目を見て慌ただしく配置していくのがとても盛り上がる。

・ベルを先に押されて、全然置けていない時のうわーっ、というやられた感。先に押して、うわーっ、とされるしてやった感が楽しい。

・本当は、線でつながるカードに置きたいが、上手く出目が出ないので、とりあえず目についた所から置かざるを得ないことが多いが、上手く置けたときに嬉しい。

・確保した島に攻撃カードを配置する際の駆け引きが悩ましい。先行手番からの処理で有利になるため、ブラフかましてカードを温存したりといったことが出来る。

・前半に良い攻撃カードを使いすぎると、後半苦しくなるため、攻撃カードの配置にジレンマがあり、悩ましい。

・最後、攻撃カードの結果を開けていき、やっぱりそう来たか!うわっ、騙された!といった結果確認で盛り上がる。

と、り上がり、静かに考え、そして盛り上がるという感情の起伏を複合的に楽しめる一粒でいくつもの味を楽しめるゲームになっています。

次にデザイナーとして感心した所をまとめます。
・私が取り上げるゲームで褒めないことがないポイントではあるが、本作品も、アートワークカッコいい。海賊って漢のロマンでしょ?

・反射神経を使ってスポーティに遊べるアナログゲームというのは、ほとんどないので、オリジナリティが高い。

・前作のイーウォーズと同じゲーム性だが、テーマとして海賊を選び、陣取り、宝を獲得するという、得点獲得とより整合性が取れている。

・わーっとサイコロを振り、チーンという音とやられたリアクションで、外から見ていてとても面白そうに見える。やってみたいと思わせる仕掛けづくり。

・デジタルゲームでは、絶対に味わえない、目と手を物理的に駆使するゲーム性がある。

・1ゲーム15分とそれほど時間がかからず、負けた時にスポーツ的な悔しさがあり、もう一回!と思えるリプレイ性がある。

反射神経を競い、身体を動かすので、ダウンタイムの多い重ゲーでちょっと眠くなってしまったが、もうちょっと遊ぶためにテンション上げたい時、目がばっちり覚めるゲームとして重宝します!

ということで、一度是非ともお試し下さい!

他おススメゲームは、なおぶのインディーズゲームレビューと称して下記ブログでまとめていますので、ご興味がありましたら!

http://ahcahc.com/category/blog/なおぶのインディーズゲームレビュー/


続きを読む
閉じる
153
名に参考にされているレビュー
2017年08月14日 15時42分

友達が言ってました。このゲームはチェスボクシングですwとても楽しいですよ!

ダイスを各自6個一斉に振り、場にあるカードの出目の組み合わせがあればそこに置く・・・んですけど、自分が置いた場所で挟まれたカードがあるとオセロの要領でそこも取れるので、それに悩んでるうちにベルを押されておけなくなる。

でもサイコロを振る、ベルを鳴らす、ダイスを置けたカード上に自分の攻撃カード置くという、アクションゲームのいいとこどりとカードをどのように置くかの戦略性という、ボードゲームのいいところをふんだんに使ってそれらが生かされている素晴らしいゲームです。私はゲーム会に必ずと言っていいほど持ち込んで盛り上がるゲームとなってます。

続きを読む
閉じる
125
名に参考にされているレビュー
2018年09月17日 03時18分

確保したカードの位置から相手の動きを読み切って攻撃を放つ洞察力と知力、

カードを確保するために要所に素早くダイスを置いて行く瞬発力と判断力。

そしてダイスを置ける目を出す時の運。


この全てをバランスよく必要とするゲーム。

何が苦手でも勝てませんが、全部が得意な人は意外といないので、チャンスはあります。

続きを読む
閉じる
124
名に参考にされているレビュー
2017年03月20日 22時38分

ベルを鳴らし主導権を握るか、ダイスを並べ宝を獲るか、

その両方をかっさらうか…!?

リアルタイム海賊戦、勃発!!


場に並べられた16枚の宝島カード、これ1枚が勝ち点1ポイント。沢山お宝を集めたプレイヤーが最強の海賊です。


宝島カードの隅にはダイスの目が2つ描かれており、スタートプレイヤーがベルを鳴らすと全プレイヤー一斉に手持ちのダイスを振る宝島カードとダイスの出目が合致したらダイスをカードに乗せて宝島へ上陸、1つの宝島には1プレイヤーしか上陸できないので早いもの勝ちです。


一定数の宝島にダイスが置かれたら、全プレイヤーがいつでもベルを鳴らしてダイスタイムを終わらせることができ、このベルを鳴らしたプレイヤーは次の戦闘タイムで主導権を握ることができます。


ダイスを配置した後は、自分のダイスを置いた宝島に手札のカードを配置していきます。手札は各プレイヤー共通で、手の内はお互いにわかっています。手札には周囲の海賊を攻撃し宝島から追い払うもの、攻撃をガードするものなどがあり、そのいずれもが大砲を撃つ、白兵戦を仕掛ける、人質を取って攻撃を無効化するなど海賊らしいものばかり。攻撃によって射程範囲などが変わるため駆け引きが楽しめます。

戦闘時、同じ強さの攻撃がぶつかりあったとき、先ほどベルを鳴らしたプレイヤーが勝つようになっており有利です。


颯爽とベルを鳴らして主導権を握り戦闘を有利に進めるか、1つでも多くの宝島にダイスを乗せて勝利点を稼ぐか悩みますが、悩んでる間もないほど慌ただしく、盛り上がります。ときどき他のプレイヤーと手がぶつかってタイムロスが生まれリアルバトルが勃発しそうになるのはご愛敬。


海賊になって宝を奪い合う!ダイスをじゃらじゃら降る!ベルを鳴らす!手札を使った駆け引きやブラフがある!

盛り上がる要素を集めて作った、ボードゲーム界のスーパーバンドのような作品です。

時間も20分~30分程で手頃。当然、音が鳴るので迷惑にならない時間と場所で楽しんでください。


ちなみに、2人用のヴァリアントルールが作家さんのサイトで公開されていますよ。




続きを読む
閉じる
107
名に参考にされている戦略やコツ
2017年08月21日 00時15分

とりあえずダイスを振れ。振るのだ。パッと見て組み合わせが無かったらダイスを振るのだ。

そしてカードを見て1列3か所に置かれそうだなと思ったらベルを鳴らす準備に入っていいんです(*´ω`*)

続きを読む
閉じる
96
名に参考にされている戦略やコツ
2018年08月31日 23時28分

なんだかんだ言って角のカードにいち早くダイスを置けば戦局を支配できます。真ん中のカードに比べて攻撃しづらい場所でもあります。

全体を見回そうとすると角は盲点になりがちなので、いっそのこと他は二の次!とばかりに角の目をしっかり把握して振る即置くを目指すと、

残りのプレイヤーはいかにして角を潰すか?にカードを置く際のテーマにせざるを得ない。それだけ両角からの一列丸ごとは大きいです。

続きを読む
閉じる
90
名に参考にされているリプレイ
2017年06月24日 23時51分

bepのみ初回。

チーン


ネクロスによるお手付きが2回あったので気を付ければ勝ててたか。

親は譲らない。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,780(税込)日本語マニュアル付き残り2点
会員のマイボードゲーム情報
  • 39興味あり
  • 180経験あり
  • 28お気に入り
  • 99持ってる

チェックした商品