マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

北城百画帖Cafe Hyaggado

昭和時代の台北城に謎なカフェーオナーを探して

1935年の台北城は、夜であっても、眩しく奇異な輝きを放つ、夢のように美しい場所だった。そんな台北城の一角に、百畫堂という名のカフェーがひっそりと建っていた。
一階と二階には、甘いデザートに、氤氳な香り、その中を忙しく往来する女給たち。三階は、関係者以外立ち入り禁止となっている、店主の書斎。ここには、豊富な蔵書、多様な収蔵品のほかに、一般の人には見えない幽霊と妖精が潜んていて……
『北城百畫帖』は史実にファンタジー要素を注ぎ、奇妙で懐かしい台湾を再現した作品。さぁ、あなたも当時の台湾に思いを馳せ、台湾の「昭和浪漫」に浸ってください。

ゲーム紹介

ある日、百畫堂のオーナーは姿を消しました、百畫堂の客であるあなたは、頭を悩ませた女給さんに協力する為に、台北城の街を奔走し、手掛りを探さなければなりません。神秘な力の助けとあなたの推理で、サボってるオーナーを見つけ出しましょう!
ゲームの目標は答えとなる三枚の手掛りカードの番号を一番早く全部推理出来たプレイヤーが勝利です!

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
  2. fxchoufxchou
ゲームマーケット
Autumn 2019
北城百画帖(カフェー ヒャッガドウ)

昭和時代の台北城

推理と移動制限

一人ルールがあります

この作品は、出展者によってゲームマーケット公式サイトと相互リンクされています。

http://gamemarket.jp/?post_type=game&p=155916
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 1経験あり
  • 0お気に入り
  • 0持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトル北城百画帖
原題・英題表記Cafe Hyaggado
参加人数1人~5人(30分~40分)
対象年齢12歳から
発売時期2019年~
参考価格3,300円
クレジット
ゲームデザイン高竹嵐(Chu-Lan Kao)
アートワークAKRU
関連企業/団体鹿言工作室(Antler Studio)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿