マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 45分前後
  • 9歳~
  • 2010年~

アサラ荏原町将棋センターさんのレビュー

158名 が参考
3名 がナイス
4ヶ月前

本当に、お買い物するだけです。

お金がなくなったら、銀行でお金を貰えばいいです。各ラウンド頭にサラリー20金も貰えます。

手札からカードを1枚出して、4つのパーツ市場のどれかに置き、お金を払います。この時、すでにそのパーツ市場にカードが置いてあった場合、それと同じ色のカードを置かなければなりません。

この、マストフォローというルールを守っていきます。もし同じ色のカードがなければ、任意のカードを2枚出して買うことができます。このジレンマが効いています。(後発のリワールドも同じシステム)

↑ 塔の先端パーツ。黄色のカードが置かれているが、あいにく黄色がない。そこで任意のカードを裏にして2枚出し、お金を払って、先端パーツを一つ取る。右にあるのが銀行エリア。今、緑のカードで12金を貰おうとしている。この後、この銀行エリアも、緑のカードしか置けなくなる。+5金貰える銀行は、唯一、マストフォロー関係なく任意のカードを誰でも重ねて出していける。

スパイの家というスペースがあります(写真左側)。特殊そうに見えますが、こちらも市場と同じです。3金を払って、好きなパーツエリアの、公開されていない山札の中を見て、好きな1枚を取ることができます。そしてそのパーツの代金を払います。


買ったパーツ達を塔にするには、建築現場アクションをします。

↑ 建築現場ももちろんマストフォロー。7のところに置けば、7金払って7つのパーツを組み立てることができる。組み立てのルールとして、塔の先端と土台をセットで出すこと。また、中間部分の2種類のパーツは、すでに建築済みの塔に挿入することもできる。


もうおしまいです。

得点の入り方は、全4ラウンド終了後に、

・5色の塔それぞれ高さ1位(茶4VP、緑6VP、赤8VP、黒10VP、白12VP)、2位はその半分。

・全ての塔の中で一番高い塔8VP、2位4VP

・塔の数。一番多いプレイヤー12VP、2位6VP

この3つです。

これに基づいて、戦略も主に3つ。バランスよく買うか、茶などの弱いVPを捨て白や黒で(高さを)勝ちに行くか、低層をガンガン大量に建てていくか。

あと、各ラウンド終了時に、完成している塔の数と、パーツに付いている「金の紋章」の数だけ1VPずつ貰えます。


何を買えばいいか分からなくなったら…

■ラウンド初手は、金の紋章付きの土台を狙う。(2枚目写真上。初手は、この緑の土台を買いたい)

■そのあとは、色に関係なく、金の紋章の中間部分をとりあえず買っておくか、あるいは、さっさと同色の先端と土台をセットにしておくか、他プレイヤーが買いたがっているパーツをカットするか、方針が分かれる。

■建築現場は普通みんなラウンド最後の方に入る。最悪マストフォローできないことを考えて、最低手札2枚までに建築に取り掛かりたい。

■買ったパーツも少なく、塔を建てても1〜2VPしか貰えない序盤ラウンドは、無理して建築しない手もある。銀行アクションを占領し、大金をキープして、爆買いを狙う。

■スパイの家は、金の紋章付きパーツも取れる。完成させたい先端や土台が場にない時だけでなく、マストフォローできない時に贅沢に使うのも効果的。

■先着1名様の、スタピーをとるスペースもある。次ラウンドのスタピーになるのは、お買い物ゲームでは重要。しかもラウンド終了時に1VP貰える。

■4種パーツとも各色の単価は、茶3金、緑4金、赤5金、黒6金、白8金。白がちょっと高級なのは、塔のVPが高いのと、先端パーツの金の紋章が白しか付いていないから。

■逆に、茶色は序盤、安いので資金ショートになりにくい。全塔中最高層の8VPを狙うのも茶色がオススメ。ただ、1位ボーナスは、白の12VPに比べ4VPしかない。

■任意の2枚のカードでパーツを買うのなら、スパイの家から手に入れた方がよい。理由は、その色が無いことがバレにくい(金の紋章狙いだと誤解する)のと、カード1枚で済むから。(例えばもう1枚で銀行に行けば、スパイ代の3金や5金は取り返せる)


上級ルールとして、手札を買えるスペースと、輝く窓(中間パーツ)市場というスペースが増やせますが、私は採用しないで遊んでいます。手札は増やすと長引いてしまうし、輝く窓は上書きパーツなので階層が増えないため戦略の足しにならないからです。それよりも、「新しいスペースを増やしてしまうと、せっかくのマストフォローというジレンマが弱くなってしまう」というのが重要です。

また、これはヴァリアントですが、公開のパーツを取っていくわけですから、暗記力を試す必要がなければ、ついたては不要です。そうすれば、何も考えず自分の欲しい物だけを買うのではなく、他プレイヤーの欲しい物を買うというインタラクションが増えます。計画的にスパイアクションもできるので楽しくなります。

この投稿に3名がナイス!しました
ナイス!
つっちー
栗坂こなべ
Nobuaki Katou
荏原町将棋センター
荏原町将棋センター
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 119興味あり
  • 237経験あり
  • 36お気に入り
  • 159持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力9
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見5
作品データ
タイトルアサラ
原題・英題表記Asara
参加人数2人~4人(45分前後)
対象年齢9歳から
発売時期2010年~
参考価格8,441円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

荏原町将棋センターさんの投稿

会員の新しい投稿