マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

アルゴCoda / Da Vinci Code / algo

順番に並んだ数字当てゲーム!当たれば有利、外れればピンチ!シビアな情報戦を制することができるか

このボードゲームは、色々な遊び方のできる対戦用ゲームです。1人でも遊べます。黒と白の0から11までの数字が書かれたカードがあり、これをルールに従って並べて遊びます。小さい数を左に、大きい数字を右側にくるようにするのがルールです。但し、黒と白の同じ数字がある場合は、黒のほうを小さい数字として扱います。この基本ルールに則り、ゲームを進めていきます。

1人用ゲームでは、シャッフルした山札から8枚を表にして場に出した状態からスタートします。1枚山札から裏のまま引いて、その色から引いた数字を予想します。そして、場に出した8枚のうちのどれかの右または左に置きます。その後表にして、基本ルールに則っていなければゲーム終了となります。最初に場に出した8枚の列にはそれぞれ3枚ずつしか置けないので、それを考慮して置いていく必要があります。

2人用ゲームでは、最初に山札から4枚ずつ引いて、裏にしたままルールに則って並べておきます。そこからスタートです。まずは先手が山札から1枚引き、自分の前の札と合わせて、相手の裏向きの札1枚を指定して数字を当てます。もし数字が当たったら表にして、引き続き相手の数字を当てるかどうかを選択します。もしそれ以上当てないのであれば、引いたカードをステイして、自分の場に裏向きで置きます。この時も基本ルールに則って置いてください。逆に、数字が当たらなかった場合は、自分の引いたカードを表にして基本ルールに則って場に置きます。これで相手にヒントを与えることになります。そして先手のターンが終了します。後手も先手と同様にプレイし、これを繰り返して場のカードが全部表になったプレーヤーの負けとなります。

他にも3人用、4人用や2対2のペアプレイというのもあります。それぞれルールは簡単なので、小さいお子様からでもプレイすることはできるでしょう。

このボードゲームは、有名な数学者達によって作成されました。知育ゲームとしても、とても良いボードゲームだと思いますので、家族や友人達と楽しく遊べることでしょう。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
マイボードゲーム登録者
  • 44興味あり
  • 485経験あり
  • 90お気に入り
  • 369持ってる
テーマ/フレーバー
メカニクス
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力15
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ8
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルアルゴ
原題・英題表記Coda / Da Vinci Code / algo
参加人数2人~4人(15分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2002年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 9件

  • 62
    名に参考にされています
    投稿日:2018年03月04日 02時13分

    言わずと知れた神ゲーッ。推理ゲームです。頭が良くなります。お子さんなどにもオススメです。大人4人でもめちゃ盛り上がります。友達と一度やってみると良いですね。ぎくしゃくするよ(*˙꒳˙*)‧⁺✧︎*

    みやのさんのレビューを読む
  • 149
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月15日 08時00分

    二男がお昼寝中に、1人でプレイできるゲームを探していたら、このゲームを発掘してプレイしました。1人〜4人用で、0〜11までの数字が記載されている白札と黒札のカードを各1枚ずつの合計24枚を使用してプレイするゲームです。ソロプレイでは、コインを使用せずに、カードのみを使用します。全てのカードをよくシャフルした後、縦に8枚並べて、残りのカードは山札として置いたら、ゲームの準備は完了です。内容は、山札から1枚取り縦に8枚並べたカードの左右に、数字が左から右へ昇順へ全て並べればプレイヤーの勝利となります。しかし、これが結構いや相当難しい難易度です。私は、何十回かプレイしていて、勝ったのは1回だけ...

    Nobuaki Katouさんのレビューを読む
  • 146
    名に参考にされています
    投稿日:2017年11月11日 23時06分

    数字を推理する類のゲームが好きなのですが、ゲーム慣れしている方は是非4人でのペアマッチをおすすめします。カードが配り切りになって運の要素がぐっと低下し、カウンティングの要素も増えてかなりガチな遊び方ができます。知恵熱出そうになるくらい悩んでみませんか?

    naduna_mさんのレビューを読む
  • 33
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月09日 23時52分

    カードが剥がれやすいのがこのコンポーネントの難点。

    kentuckytarr2さんのレビューを読む
  • 121
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月07日 01時24分

    記憶と確率の無機質なゲームですが、楽しめます個人的にはドメモより好きですね。頭が良くなるという触れ込みで売られているため、大人の人はなかなか遊びづらいとは思いますが、機会があったら、ぜひお楽しみください。

    じーふいさんのレビューを読む
  • 96
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月29日 00時47分

    中学生の頃に初めてやり、高校の時に店で見つけて購入し大学の頃にかなりやった。最初は運と推理力のゲームだと思っていたが、実際は確率と記憶力と推理力とブラフのゲーム。確率に気づき、全ての発言を記憶し、相手の思考を推理する(相手がこのカードを当てられた理由は?相手がわからないということは?)まさに頭の良くなるゲームだと思う。

    フォントルロイさんのレビューを読む
  • 50
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月20日 22時42分

    ●お手軽ロジックゲームサクッと始められ、すぐ終われるお手軽ゲームルールは簡単で、最後あたりになってくるとロジックで当てていきます。連続で相手のカードを当てていくのが凄く気持ちいいゲームです。

    キマリさんのレビューを読む
  • 119
    名に参考にされています
    投稿日:2016年10月10日 23時42分

    アナログゲームにハマるキッカケとなったゲームです。元々は奥様と軽くお酒でも飲みながらゲームでも出来ないかな、と思ったのが始まりでした。将棋やチェス等では実力差が出てしまい、平等に出来るものを探してアルゴに行き着きました。結果は大正解。五分でゲームが苦手な奥様もルールを把握。読み合い等の要素も絡まり、実力伯仲の勝負が楽しめます。ただ、カードがハッキリ白と黒なので、汚れなどでマーキングされないかだけがちょっと心配です。

    Sho-bigriverさんのレビューを読む
  • 131
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月01日 15時05分

    白と黒、どちらも0~11までの計24枚のカードを、場の情報だけで当てるという推理力が試されるゲームです。ルールはとても簡単なのでインストもすぐに終わりますし、変な世界観がない分ボドゲに馴染みのない人でも気軽に誘えるとても良いゲームだと思います。ゲーム展開としては1手のミスが致命傷になる可能性が常にある為、気を抜けない戦いが出来ます。子供と一緒に遊んで頭の体操もできますし、とても重宝してます。まぁなにより、長考して答えを導き出し、どや顔でアタック(番号の宣言)をしたら外れた時の、あの恥ずかしさが癖になります!

    あきらさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 799
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月17日 07時56分

    ネクさんのボドゲ戦略1。アルゴの対戦戦略。※点数式の戦略はまた少し違ってきますが、今回は複数人プレイ時のラウンド勝者を目標とした戦略です。☆基本的な考え方☆カードに重複はなく、ならび順は一意なので自分の手札にあるカードが相手にあるわけがないです。中盤になると推理材料が増えるので、「これはあり得ない」としてカードの可能性を削っていくのが基本戦略です。相手の場札が⬜黒11・・・であれば最左が白11しかないのはわかってもらえると思います。同時に、他プレーヤーに11を持っている人がいないことも。☆相手の場札がノーヒントの時☆端のカードにたいして0か11を宣言しておきましょう。応用編でミスリードの...

    ネクロスさんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 1件

  • 141
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月17日 07時27分

    ネクさんのボドゲインスト2。アルゴの一番簡単な対戦ルールの解説です。1ラウンドで利用するもの0~11のカード(白黒合計24枚)。このカードは背面からも色識別は可能なようになっています。ラウンド開始の用意24枚のカードをすべて混ぜてシャッフルし、プレーヤーに下記の枚数配布します。配布枚数は2人プレイ:4枚3人プレイ:3枚4人プレイ:2枚です。残りは山札として中央に配置してください。各プレーヤーは配布されたカードを見て、「自分から見て左に小さい数、右に大きい数」が来るよう並べ替えて机に伏せてください。「白と黒が同じ数字ならば黒が(自分から見て)左」です。ラウンドの開始スタートプレーヤー(じゃ...

    ネクロスさんのルール/インストを読む

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク