マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 4人~6人
  • 10分前後
  • 10歳~
  • 2019年~

赤い扉と殺人鬼の鍵レモネードさんのレビュー

178名
5名
0
5ヶ月前
レーティングが非公開に設定されたユーザー

お手軽に、しかも短時間に殺人鬼が次々人を殺す

スラッシャー映画のような世界観を味わえるホラーゲーム。

友人たちと5人でプレイしました。


全員が気がついたら、赤い扉が沢山ある迷宮にいて、

協力して、ここからの脱出を目指すとゆう、

ちょっと映画「キューブ」に似た設定


ルールは簡単で

自分の番に、場に適当に配置された数枚の赤い扉のカードから1枚引いて、

そのカードの内容を自分だけが密かに確認して

記載された効果を実行するだけ。

つまり赤い扉をあけて何かが起こるってイメージです


カードには何も無い部屋カードがあり

これは、「何もない部屋だった」と言って、そのまま伏せて元に戻す効果。

あと、銀の鍵カードあり

これは、「鍵だった」と言って自分の前に伏せて置く効果。

このカードは3枚あり、3枚全てを集めるのが、

プレイヤー達の当初の目的であります。


でも、銀の鍵を3つ集めるだけじゃ、まだ脱出はできません。

脱出するにはもう1段階必要で、脱出口のカードが必要になります。

これを引いて、もし、何人かの前に鍵カードが3枚伏せられていたら

脱出に挑戦できます(やらなくてもいい)。


脱出に挑戦するなら、各自の前に伏せてる鍵カードを1枚ずつオープンし

3枚全てが、銀の鍵なら、無事脱出成功になります。


ところが、鍵はもう1つあり、それが「殺人鬼の鍵」です。

これをめくった者は、即、殺人鬼になります。しかも密かにコッソリ。

とりあえず、涼しい顔で「鍵だった」と言って

この鍵を自分の前に伏せて置きます。


なので、誰かの前に鍵があっても

それが銀の鍵なのか殺人鬼の鍵なのかわからず、

みんな、疑心暗鬼に陥ります。


当然、殺人鬼になったら、もう目的は脱出することではなくなり、

全員の皆殺しに変貌します。

そして殺人鬼になったら特殊能力を発揮します。

それは、いいカードであれ、悪いカードであれ

どんなカードでも「何もない部屋だった」と言って

伏せて元に戻すことができちゃいます。

(効果を使用することも可能)


あと、もし3枚の鍵が皆んなの前に伏せられていて

先ほどの脱出の挑戦で、めくった1枚が殺人鬼の鍵なら

そこでゲーム終了し、殺人鬼の勝ちになります。


ちなみに、4枚鍵が何人かの前に伏せられた状態になると

(つまり銀の鍵3つと殺人鬼の鍵1つ)

鍵を伏せたまま集めて、シャッフルし誰が殺人鬼かわからなくして

殺人鬼の鍵だけをゲームから排除し、

再び銀の鍵だけを場に伏せて戻します。

(この時、場のカードも全て再配置しなおします)

つまり、もう1回だけ、銀の鍵を集めなおさなくてはならないのです。


で、カードには殺人鬼の罠ってゆう凶悪な即死カードが1枚だけあります。

これを引いたら、殺人鬼以外は即ゲーム脱落です。

例え、殺人鬼がいない序盤でも即死です。

しかも、このカードはなくならず、場に戻って再配置されます。

つまり、いつでも常に死の恐怖がつきまとっているのです。


友人の1人は、初プレイで、

「なんかドキドキするけど面白いぞウヒョー」とテンションあげあげで

いきなりこのカードを引いて即死してしまい、


次のプレイで銃のアイテムを手に入れて、

「やりー、うほほーい」なんて喜んでたら、

次にこのカードを引いて即死でした。


その友人曰く

「このゲームは、はしゃいだら死ぬわ」

なんか名言、納得。


カードには他にも、銃、防弾チョッキなどの装備できるアイテムや

手に入れたカードを全て場に戻し、場も再配置されちゃう「催眠ガス」

「違和感の看破」や「小さな手がかり」などの

伏せたカードが見れるお助けカードなどもあり


さらに、それらに加え、上級ルールとして

もっといろんな効果のカードを好きな枚数入れて遊ぶこともでき

短時間ゲームなのに、色んなドラマが再現されます。


3回目のプレイでは、上級ルールのFBI手帳のカードも混ぜて遊んだところ

FBIが実は殺人鬼だったとゆう、なんか映画にありそうな展開で

盛り上がりました。


いったん殺人鬼になった者は、なんらかの効果で、

たとえ自分の前の殺人鬼の鍵がなくなっても殺人鬼のままなので、

今回のプレイではなかったですが、複数の殺人鬼同士の戦いなんかも起こりえます。

(殺人鬼同士は仲間じゃない)

あと、1人生き残った者が最後に殺人鬼の鍵を引いてしまい

オレが殺人鬼だったのかエンドとか


ホラーBGMなんかをかけながらプレイすれば雰囲気が出ますって

ルールに書いてあったので、

YouTubeのホラーBGM流して遊びましたが、

たしかに雰囲気バッチリでした。


とゆーことで、ホラーゲームでワイワイ遊びながら

ハロウィンの夜を過ごしたりするのもいいかもー

そんな時は、このゲームを候補に入れてみてもいいかもー

この投稿に5名がナイス!しました
ナイス!
おぐりん
18toya
すなー
びーている / btail
Bluebear
たまご
レモネード
レモネード
シェアする
  • 219興味あり
  • 516経験あり
  • 104お気に入り
  • 333持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

レモネードさんの投稿

会員の新しい投稿