マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 20分~30分
  • 10歳~
  • 2018年~

アフィニティーTacticalGamesJPさんの戦略やコツ

138
名に参考にされています
2018年09月18日 21時22分

『アフィニティー』は裏切り者(マイナス勝利点の部隊)を引き取らないこと、少ないコストで部隊を取得することが重要となる。そのために必要となるのが他のプレイヤーとの駆け引きだ。

競りの対象となる部隊を確認できるのは、基本的には親だけなので、親は最初に金額を設定するため不利な立場にいるが、親の行動によっては裏切り者を押し付けたり、欲しい部隊を安いコストで手に入れたりできる。 (子プレイヤーは特定の状況で指定されない限りゲーム終了時の得点計算まで、その部隊の勝利点を見る事ができません。) 


競の対象をなる部隊をどう見せるか、振るまいが重要なゲームだが嘘をつく必要はない。ただ、部隊にいくらかの値をつけるだけで良いのだ。他のプレイヤーはその値をもとに部隊が価値のある物かを予測する事になる。しかし、部隊の数は限られる為に、ゲームが進むうちにだんだんとその部隊が価値のあるものか予測する事が出来るようになるだろう。すこしずつ予測できる状況と部隊の情報を持っているプレイヤーの数が限定されている歪な状況の中で、如何に価値の有る部隊を見抜くかが重要になって行くだろう。



そして競りに華を添えるのが「勅令」だ。親はこの勅令に従い条件を達成することで勝利点を獲得する。子はどんな勅令が出されているかも予想する必要がある。


以上を踏まえ、より強力な軍隊を編成しゲームを進めることで、ゲーム終了時にはあなただけの軍隊が出来上がる。どんな軍隊になるのかそれは君の戦略と、裏切り者を見極める力にかかっている。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
TacticalGamesJPさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 11興味あり
  • 10経験あり
  • 3お気に入り
  • 7持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルアフィニティー
原題・英題表記AFFINITY
参加人数3人~5人(20分~30分)
対象年齢10歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

TacticalGamesJPさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク