マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 60分~135分
  • 14歳~
  • 2016年~
297
名に参考にされています
2020年08月03日 14時30分

ラセルダ氏の最初期の作品であるヴィニョスの2016年のリメイク。BGGでは4.1という重量級である。ただ、氏の代表的な作品のなかでは非常にオーソドックスな作りというか、見通しの良さが印象的である。

内容は、ポルトガル語でワインを表すヴィニョスの名の通り、同国のブドウ農場を経営してワインの生産、売却、コンテスト出品などを行うもので、基本的なメカニクスはワーカープレースメント、拡大生産と経営要素となる。

いまではワイナリーの四季がブドウ農場経営ゲームでは有名である。ワイナリーがカードドラフトを主体としたワカプレで、ワインの生産過程の描写がメインであるのに対し、ヴィニョスは需要と価値のあるワインを如何に売り捌くかという経営にも重点が置かれている。インタラクションはそこそこであるが、運の絡む割合は低い。

ヴィニョスDXは、ルールをやや簡略化した2016ルールと、オリジナルヴィニョスを調整した2010ルールの両方でプレイできる。

2016ルールでは、きつめだったリソース管理や、品評会周りの要素がうまく調整され、かなりプレイしやすくなっている。勿論、なかには少し複雑なオリジナルルールの方を推すプレイヤーもいるわけだが、本作品では状況や気分によりどちらも選べることが嬉しい。

近年のラセルダゲームと異なり、各アクションの目的が一目瞭然であり、ワイン造り、品評、売却というテーマがよくシステムとマッチしている。テーマ性の強さはラセルダ氏の特徴であるが、ヴィニョスのストレートさはこの作品ならではといえる。BGGでの4強という重さに見合った要素の多さはあるが、一般的に我々が想像するワイン生産経営の概念の範疇でゲームが進行するため、それ程苦にはならないのである。


最近ではエスケーププランの日本語訳付きに続き、オンマーズ、ギャラリストの日本語版、そしてこのヴィニョスDXも日本語訳付きが日本の代理店から発売予定となっている。基本的にこれらの作品はアイコン化により言語依存はほぼなく、かつBGGでは有志の方の訳が公開されていた。現在でも海外のショップから入手しやすいものもあれば、入手難(割高)のものもあるが、ユーザーが納得出来る形でリリースされ、多くの方にプレイされる機会が訪れることを望みたい。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • めぐり逡巡
  • 山本 右近
maroさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 56興味あり
  • 35経験あり
  • 13お気に入り
  • 28持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルヴィニョス:デラックス・エディション
原題・英題表記Vinhos Deluxe Edition
参加人数1人~4人(60分~135分)
対象年齢14歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

maroさんの投稿

会員の新しい投稿