マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ヴィニョスVinhos

近年、リスボア、オンマーズ、アートギャラリーなどでBGG高得点を叩き出しているラセルダ氏の2010年の作品。

前2者と比較するとプレイし易く、また、2016年にはDXエディションも発売されてさらに間口が拡がり、重量級ゲームの経験が少ない方にもアピールできるようになりました。

個人的にはテーマとゲーム性の関係が秀逸で、非常に楽しくプレイできる作品に仕上がっていると思います。


内容は、ブドウ農場を経営してワインの生産、売却、コンテスト出品などを行うもので、

基本的なメカニクスはワーカープレースメント、拡大生産と経営要素となります。


感想的特徴をかきます。


〇基本的には、ブドウ農園を購入しワインを生産。そのワインを売却(収入)、輸出(勝利点)、 コンテストに出品(勝利点)する流れです。
 様々な方法でワインの品質を高めたり、付加価値をつけて経営を行っていきます。

〇ワーカープレースはロケーションムーブで行われ、基本的にやりたい行動をとることができます。
 ここはやや緩めです。理不尽にアクションが制限されることなく、精神衛生上好ましいです。

〇アクションには現金が必要となるものが多く、この現金がかつかつです。
 現金の他に、預金の概念があり、収入は預金に入るのにこれを降ろすには1アクション要します。

〇手番は2手番×6ラウンドのみです。足りないです。ボーナスアクションもありますが、計画的に効率よく行動することが求められます。

〇いくつかの要素では他人の行動を先取りすることで優位を得ることができます。
 直接的な妨害もわずかに存在します。軽~中程度のインタラクションがあります(個人的感想です)。

〇タイルの並びに軽いランダム要素がありますが、情報は大部分が公開されており、運要素は低めです。

〇プレイ人数は少ないと緩くなります。


全体的に奇をてらった要素はなく、非常にオーソドックスなワーカープレースメント+経営ゲームといえます。BGGでは4.2くらいの重さとなっていますが、個人的にはもっと軽く感じます。
確かに要素は少し多めですが、テーマがわかりやすく、その内容もイメージ通りです。
そのため比較的スムースなプレイ感を生んでいると思われます。

冒頭で紹介したヴィニョスDXの方は、ルールをやや簡略化した2016ルールと、この版のものを調整した2010ルールの両方でプレイできます。システム的にブドウ園の種類が1つ増えていたり、農家の概念が追加されていたりという違いもあります。

DX2016ルールをプレイした感想としては、若干冗長だった要素をそぎおとしながら良い部分は失われておらず、うまくチューニングしてあると思いました。特に現金問題は緩和されており、よりワイン作りに集中できます。やや複雑だった品評会周りの見通しも良くなっています。

DX2010については、ブドウ園、農家以外にも(本版に対し)若干ルール の変更がありますが、プレイ感はそれほど変わらないかな、という感じです(ブドウ園が追加されたのはどうにもなりませんが、それ以外の相違については本版でもハウスルールとして対応可能な範囲内です)。

まあ、自分的には2010年ルールの方が好みですが、いずれにしても現在購入するのであればDX版ということになるでしょう。国内流通はほぼありませんが、ゲーム自体に言語依存はなく、chaos氏の素晴らしい和訳も公開されているため、問題なく楽しむことができます。


総括ですが、個人的にはかなり好きな作品です。素直に、面白い!といえます。テーマに対してここまでイメージ通りなのはまさにツボにはいってますし、ランダム性が少なく相手の行動を読みながら自分の計画をたてる必要があるのも好印象です。それでいて、過度に複雑化することなく各要素がうまく結びついています。

ゲーマーズゲームであることに変わりはありませんが、2016年ルールであればより多くの人に訴えるられる内容になっています。ラセルダ氏の入門として、また、経営ワーカープレースメントの名作として、いろいろな方にプレイしていただきたいと思います。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:maro
マイボードゲーム登録者
  • 34興味あり
  • 43経験あり
  • 6お気に入り
  • 32持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルヴィニョス
原題・英題表記Vinhos
参加人数2人~4人(60分~135分)
対象年齢12歳から
発売時期2010年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 164
    名に参考にされています
    投稿日:2020年02月04日 19時48分

    近年、リスボア、オンマーズ、アートギャラリーなどでBGG高得点を叩き出しているラセルダ氏の2010年の作品。前2者と比較するとプレイし易く、また、2016年にはDXエディションも発売されてさらに間口が拡がり、重量級ゲームの経験が少ない方にもアピールできるようになりました。個人的にはテーマとゲーム性の関係が秀逸で、非常に楽しくプレイできる作品に仕上がっていると思います。内容は、ブドウ農場を経営してワインの生産、売却、コンテスト出品などを行うもので、基本的なメカニクスはワーカープレースメント、拡大生産と経営要素となります。感想的特徴をかきます。〇基本的には、ブドウ農園を購入しワインを生産。そ...

    maroさんの「ヴィニョス」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿