マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~18人
  • 10分~30分
  • 13歳~
  • 2015年~
127
名に参考にされています
2018年04月25日 08時12分

6/10

人によってプレイ感が大きく変わる推理ゲームとパーティゲームの融合体のような作品。

ルールはとってもシンプルで、1人が親、他の人が子となって、犯人を絞っていくというもの。

容疑者カードは12枚あってこれにはそれぞれいろんな人の顔が描かれており、この中から探すのだが、犯人を選別していく方法が面白い。

親は毎回、質問に答えて、その回答から子は推理していくのだが、質問が「え?なにそれ?」というものが多い。

例えば「犯人は銃を持っていますか?」「犯人はスポーツが好きですか?」「犯人はご近所さんに挨拶しますか?」「犯人は小説を読みますか?」などなど、会ったこともないから知らんがな!と突っ込まざるをえない質問ばかり。なぜ、服の色は赤ですか?とか聞かないんだ・・・笑

まぁ、そんなユニークな質問に対して、親はなんとなく直感でYESかNOで答えていく。

ちなみにこのYESとNOもカードで答えるので、親はほとんどしゃべりません笑

とはいってもすぐにゲームは終わるので、ミステリウムとかスコットランドヤードみたいにずっと1人みたいな感覚はあまりない。

初めてプレイしたときは「なんじゃ!このゲームは!」と感動したのを覚えているが、こういう直感タイプのゲームが多くなった今をみると、ちょっと印象は薄れてしまうかなぁという感じ。

でも普通に面白いし、人数あまり関係ないし、気軽に途中参加や外れることもできるし、1回が短いからイベントとかの時間調整にはかなり優秀なゲームだと思う。

一時期、流通があまりなかったが、日本語版も出たので、直感系のゲームが嫌いでなければ、ある程度の人は楽しめる間合いの広いゲーム。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 42興味あり
  • 208経験あり
  • 15お気に入り
  • 97持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力5
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルアンユージュアル・サスペクツ
原題・英題表記Unusual Suspects
参加人数3人~18人(10分~30分)
対象年齢13歳から
発売時期2015年~
参考価格3,600円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク